FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

原敬生家
DSC02969_convert_20091219235557.jpg

保存建造物指定
原敬生家

指定番号 第13号
昭和52年12月20日指定

この建物は、宰相原敬の生家で、祖父直記が嘉永3年に建てたもので、現在5分の1程度しか残っていないが、歴史的に貴重な建造物である。

盛岡市

(説明板より)

原敬生家
盛岡市指定有形文化財(建造物)
平成7年4月26日指定

この武家屋敷は平民宰相原敬の生家です。
原家第7代当主盛岡藩家老原直記芳隆が嘉永3年(1850)に大改築を行いました。
200坪もある大きな屋敷であり藩主を迎えるために「御成座敷」も特別に作られました。
この家の造りは幕末の嘉永3年の工法や用材を現在に伝え屋敷の茅葺きとともに貴重です。
原敬は安政3年(1856)この家で生まれ明治4年15歳で上京するまで生活し少年期を形成しました。
その後原家第9代当主原恭(原敬の兄)は明治6年に御成座敷等不要となった部屋を廃却しましたので、現在は居間の直記の間、次の間、隅の間、女中部屋など当時の5分の1が残っています。

(説明板より)


より大きな地図で 原敬生家 を表示
スポンサーサイト





史跡 | 13:52:34 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する