FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ここで会ったが百年目
今日は、午後から隣の会社の会長の告別式・・・・
参列者の多くは拙者より歳上の人ばかりである。
御本人が95歳で亡くなったのだから、昔からのお付き合いというと、そういう方々が多くなるのは無理もないかもしれない。
で・・・・
雨が降っていることもあって、拙者はかなり早目に行ったのだが、式場内は満員状態。
第2会場にも席が設けてあるが、こちらはモニターで式の様子を見るという状態。
やっぱりモニターを見るより、本会場の方がいい・・・・
で・・・
本会場に戻って、どこか空いてる席はないかとキョロキョロしていたら、係員から「こちらの席が空いてますからどうぞ!」と大声で呼ばれた・・・・
いやぁ~恥ずかしい・・・・
で・・・
着席して、周りの人の会話を聞いていたら・・・・
あれ?
ここは・・・親類の席ではあるまいか?(笑)
参ったなぁ~
一般参列者の最前列に座る羽目となる。
当然、一般焼香の時は先頭である。
いやはや目立つ・・・・

閉式の時にバッタリと、その昔、さんざん我が社をいじめてくれた男に会う。
相手は視線をそらせたが・・・・
この野郎!
ここで会ったが百年目・・・・
殴りつけたい衝動に駆られたが・・・・我慢、我慢。
この男・・・・
3年近くネチネチと我が社をいじめた張本人。
理屈の通ることなら拙者も腹は立てないが・・・・
理屈が通らぬ卑劣なことをし続けていた男である。
八つ裂きにせねば腹の虫はおさまらない。
が・・・まさか、葬式の場で喧嘩したのではマズイ・・・・

相変わらずケロケロとして生きているのか・・・・・
相変わらず下請けいじめを続けているのか?
拙者の余命が3か月・・・ということならば、ぶっ殺してやろうかと思う相手である。
この男をぶっ殺して逮捕されても、裁判中に拙者は死んじゃうもんね。(笑)
が・・・将来がある身(?)では、そういうわけにはいかぬ。

この男に会って胸くそ悪い思いをしたが・・・・
多分、相手も驚いたことだろう。
まさか、拙者が健在だとは思ってもいなかっただろう。
視線を避けたのはその証拠である。

今に見ていろ・・・・
いつか、この恨みを晴らさねば・・・・と思いながら式場を後にする。(笑)
スポンサーサイト





日記 | 19:07:00 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する