FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ついに取り壊された。
昨日と、今日の2日間で、我が工場の一部が完全に取り壊された。
多分、拙者が生まれる頃に建てられた木造の建物だったので、築50年ぐらいになるだろう。
子供の頃は、この工場内でよく遊んだものだ。
今でも、時々夢に見る。
ただし、現在の工場ではない。
子供の頃にあった工場なのである。
不思議なことになぜか工場内の細かいところまでハッキリと夢に出てくる。
今から30年も前に取り外された階段などがリアルに目に浮かぶし、その階段を駆け降りる夢を見る。
その思い出深い今なお残る建物の一部が遂に消滅した。

工場内の写真に撮って記録を残そうかとも思ったのだが・・・
今更記録を残しても誰も見る人はいないだろう。
そのうち親父も死に、拙者もこの世を去ることになる。
この思い出の建物を懐かしむ人間は誰も残らない・・・・
写真を残しても仕方があるまい。
それに・・・いつかまた夢に出てくるんだろうし・・・・
というわけで、写真を撮るのはやめた。

取り壊された跡地を見てみると、やけに敷地が広い。
こんなに大きかったっけ?(笑)
普通は、跡地を見ると狭く感じるのである。
よくもまぁ、こんなに狭い土地に建物が建っていたものだ・・・などと思うのだが・・・
どういうわけか、やたらと広く感じる・・・・何でだろう?

いずれにせよ、一つ思い出が消えた・・・感無量である。



昭和15年の今日は・・・・日独伊三国同盟が調印された日である。
もし、この調印がなされなければ、もしかしたら少しは日本の運命が変わったのかもしれないが・・・・

スポンサーサイト





日記 | 19:20:19 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する