FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

塙町を走る
続いて向かったのが・・・・「向ヶ岡公園」
小さな公園である。
ここは寛政5年(1793年)に名代官といわれた寺西重次郎が造った庶民の公園なのだそうだ。
やっぱり・・・「重」という字が名前につく人は偉い人が多いんだよなぁ~(笑)
ここにある石碑などを見て歩く。
その中に、今は亡き伯父の名を発見!
顕彰碑の発起人に名を連ねていた。
久しぶりに伯父の名を見て、伯父を思い出す。
やっぱりこうやって名が残っているというのはいいことだよなぁ~

続いて向かったのが・・・・「安楽寺」
まぁ~なんと素晴らしい名前のお寺だろうか!
成仏出来そうな名前である。
で・・・・ここの墓所に田中愿蔵の墓があるという。
ちょいとわかりづらい細い道を車で登ってお寺に向かう。
こういう時は一人より二人の方が便利である。
こっちは運転するので必死!(笑)
看板や目印までは気が回らない。(笑)

このお寺・・・・
天文23年(1554年)に佐竹義重がが創らせたお寺らしい。
そもそもここにお寺ができた理由は・・・・
むかし、ここは古戦場だったらしく、夜な夜な亡霊が現れ合戦をする音が聞こえ、これに村人たちが怖れてお役所に訴えたらしい。
で・・・領主の佐竹義重が空誉上人というお坊さんを遣わせて回向したところ妖怪が消えたという。
お~怖ろしやぁ~
このあたりに妖怪が出たのかい!
ギョェ~である。(笑)
それで「安楽寺」?
すごい名前を付けたものである。

お墓をお参りして、さて・・・本命の棚倉城跡に向かう。

DSC03004_convert_20090919224418.jpg(田中愿蔵の墓)


より大きな地図で 安楽寺 を表示
スポンサーサイト





日記 | 11:21:53 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する