FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

訃報を聞いたが・・・・
叔母さんから電話・・・・・
今は亡き母方の祖母の弟が亡くなったという。
さて・・・・困った・・・・

母の葬儀ではお香典は頂いていないので、こう言っては変な話だが、こちらが香典を包む義理はないということになる。
が・・・・母の叔父ということだし・・・・
母がもし生きていたら、たぶん葬式に行くだろうなぁ~
拙者からすると大叔父ということになるのだろうが、会ったことはない。
祖母の兄弟の家族に会う機会など無かったのだから・・・・知らない・・・・
義理があるのか無いのか・・・・
あ~なんとも困ったものだ。

自分としては香典をもらったから行く、香典をもらってないから行かないというのは、なんともしっくりしないのである。
今は亡き母の気持ちを考えたら、行くべきなのだろうか・・・・
いや、まてよ・・・
全く親戚づきあいも何もないのに香典をもらったら先方も迷惑なのではなかろうか?(笑)
母の時がそうだったのだが・・・・
一体・・・この人って・・・誰?
・・・・という人から香典を頂いているのである。
これには今でも正直言って困っている。
どういう関係なんだろう・・・肩書も何もない人の場合は全く分からない。
もし、この人の家族に不幸があっても、本人が新聞の「お悔やみ」欄に載らない限り拙者が気付くことはない。
何年も、毎日、新聞の「お悔やみ」欄を見続けるというのは不可能に近い。
関係が近いのであれば、何かあれば訃報が届くからいいのだが・・・・
あまり遠い関係となると・・・・ねぇ~

参ったなぁ~
判断が難しいんだよなぁ~
「お父さんに相談して判断を仰いだら?」と叔母さんに言われたが・・・・
う~ん・・・親父は拙者よりかなり判断力が低いんですけど・・・・(笑)
参ったぁ~

結局、他の親戚からどうしても行くべきだという声が上がるようだったら行くということにする。
別に行かなくてもいいんじゃないかという声があれば、行くのはやめるということにする。
下駄を親戚に預けたような感じになってしまうが仕方がない。
スポンサーサイト





日記 | 23:48:03 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する