FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

塾を作りたいって?
今晩は、久しぶりに水戸藩士の“シミズくん”と食事に出かける。
で・・・いつものように・・・・あ~でもねぇこ~でもねぇの雑談。(笑)
その中で、“シミズくん”が「塾を作りたい」というような話をし出した。
ん?
どこかで聞いたような???
学習塾ではないらしい・・・・
あれ?
そういえば、この間“オノさん”と“ヒロミさん”と話していた時に塾の話が出たよなぁ~(笑)
それと同じような趣旨の話である。
「いいんじゃないか?」

問題は・・・・口先だけで終わるか本当に実行するかである。
こういうことは、ある意味「気違い」にならねばできない。(笑)
その覚悟があるかないかで決まるものである。
拙者が戦友会に関わっていることも同様である。
友人たちからは「気持ちは分からないでもないが理解ができない」とハッキリ言われた。
ある意味、拙者は「気違い」になっているから出来るのだろう。
これを友人たちに強制はできない。
「一緒にやろう」と誘っても無理だ。(笑)
拙者と同じように「気違い」になれる人間でなければ・・・・(笑)

“シミズくん”の言う「塾」も同様である。
いかに同じ価値観の人間を集めるか・・・・
「同志を募る」というのは、簡単なようで難しい。

彼は「野山獄における吉田松陰の勉強会」を例に挙げた。
これはわかる人にはわかるという適切な喩である。(笑)
が・・・あれは牢獄という隔絶された世界での勉強会である。
同じようなものに戦後のフィリピンにおける捕虜収容所の「PW大学」がある。
無為に捕虜として過ごすより何か勉強をしたいということで、それぞれが講師となって得意分野を教えあった日本人捕虜たちの中に出来た勉強会である。
これも捕虜収容所という隔絶した世界の事。

現況は、そういう隔絶された世界に身を置いてはいない。
その中で向学心、向上心がある「同志」を集めるというのは難しいだろう。
が・・・それをやるのが「気違い」である。(笑)
まずは、勉強会を立ち上げることが大切である。
2人や3人の勉強会でもいい。
行動を起こさねば次の展開はない。
スポンサーサイト





日記 | 18:35:55 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する