FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

那珂通辰の墓
DSC02897_convert_20090721161937.jpg

那珂通辰の墓
(南北朝北常陸義軍の主将)
昭和42年8月31日 市指定

那珂通辰は現在常北町にある那珂西域の城主といわれている。
建武2年(1335)12月後醍醐天皇にそむいた足利尊氏追討の命を受けた義良親王と北畠顕家は陸奥の国府を発って、多賀の甕の原で足利方の佐竹貞義と激戦した際、那珂通辰は背後より奇襲をかけ佐竹勢を敗走させたという。
その後、通辰は北畠顕家に従って上洛し後醍醐天皇から菊桐紋章を賜わった。
延元元年(1336)瓜連城に楠木正家が入城し通辰が帰国するに及んで西金砂山に籠城していた佐竹勢としばしば戦った。
同年12月11日瓜連城は攻め落とされた。
このとき佐竹貞義を西金砂城に迎撃して失敗した通辰の軍は敗走して増井の勝楽寺裏で一族34人と共に自害したとも捕らわれて斬られたとも伝えられている。
通辰一族の節に殉じた一本松の峰には、これを顕した碑が建てられている。

常陸太田市教育委員会

(説明板より)

那珂通辰の墓
スポンサーサイト





史跡 | 13:15:33 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する