FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

まさか、死んじゃった?
さて、次に向かったのは・・・・・
何やらよくわからない施設・・・・・(笑)
これまたレジャーランドみたいな感じのところである。
日本軍の洞窟をそのままレジャーランド化しているらしい。
で・・・名前もそのまま「ジャパニーズ・トンネル」
「ファミリーリゾート&レストラン」と書いてある。
ファミリーリゾートなのか?
話によると、大きな日本軍のトンネルがあり、その中に人形とか色々な物が展示されているという。
で・・・そのトンネルの脇にレストランがある。
いわゆる商業施設だ。
現地の子供にとっては「お化け屋敷」のようなもので、結構怖くて面白いんだとか・・・
「どうします?」
“フジイさん”は一言・・・・「見なくていい・・・・」
敷地内でUターンして次に向かう。

DSC_0253_convert_20090619194504.jpg(車の中からパチリ!)

どんな内容なのか気にならないでもないが・・・・
仕方がない・・・・いつか一人で来た時にでも見てみるかぁ~

南へ30分ほど走る。
向かった先は「ダリアオ」という場所。
ここには終戦時、捕虜収容所があり、降伏した日本兵達が収容された場所である。
当然、“フジイさん”もここに収容されたはずなので、お連れすることにしたが・・・・
さて・・・どのあたりが収容所跡だったのかわからない。
ドライバーもガイドの“ステラさん”もわからないという。
とにかく近くの町で適当に尋ね歩く。

DSC_0254_convert_20090619202354.jpg(近所の人に聞き取り調査中!)

偶然会った地元のおじさんが案内してくれると言ってバイクで先導してくれた。
このあたりが収容所跡です・・・というところに到着。
ウトウトとしていた“フジイさん”に「着きましたよ!」と声をかけたら・・・・
「う~ん・・・眠くて仕方がない・・・ちょっと横にならせてくれ・・・・」と言ってバタンと横になり寝てしまった。
あらら・・・・
折角、思い出の地に来たのになぁ~
仕方がない・・・近くを散策してみるか・・・
こういう場合は自動車ではなく徒歩で歩き回った方が何か見つけることができる可能性が高い。
“フジイさん”を“ステラさん”に任せて、一人で周辺を歩く。

DSC_0263_convert_20090619211626.jpg(収容所跡)
DSC_0258_convert_20090619211846.jpg(収容所跡)

今回の旅行にも一眼レフを持ってきた・・・・(重いけど・・・)
首からぶら下げてウロウロ、キョロキョロしながら、あちこちをパチパチと撮影する。
と・・・地元の、ちょっとゴツイ・・・ちょっと恐そうな・・・お兄ちゃんたちから声をかけられた!(笑)
ゲゲッ!マズイ!
彼らが何を言っているのかわからない。
多分、ビサヤ語かなにかなんだろう・・・・
まぁ、彼らからしたら見知らぬ男がやたらと写真を撮りまくって歩いているんだから「不審者」と思ってもおかしくはない。
片言英語で、ここが収容所跡なのか、何か当時のものが残っていないかを尋ねたが・・・
この周辺が収容所跡だったらしいという話は聞いたことはあるが、正確にどこがそうだったのかはわからないと言う。
まぁ~仕方がないか・・・・
当時は広大な土地を鉄条網で囲ってテントを建てていたらしいから・・・
戦後60年以上も経てば、その痕跡は何も残っていないのが普通かもしれない。
事後承諾となったが、写真撮影の許可を得て・・・車に戻る。

で・・・“フジイさん”・・・・
ぐっすり眠っている・・・・無理に起こしたのではかわいそうだ。
「じゃぁ、ホテルに向かいますかぁ~」ということで、ダバオの中心へ向うことにした。

帰り道は交通渋滞・・・・
時刻は5時を過ぎた・・・・退勤時間とぶつかったか?
ドライバーの話では、道路はこれ1本しかなく、迂回する道はないと言う。
あらら・・・
周囲は開けているんだから片側2車線か3車線の広い道路を造りゃいいのにねぇ~

ふと、“フジイさん”の様子を見たら・・・・あれ!
ピクリとも動かない・・・・
収容所跡を出発した時の姿勢のまま・・・・ピクリとも動いていない!
うそ!
まさか・・・死んじゃった?
ゾォ~ッ・・・・思わず背筋が冷たくなる。
普段、大らかな“ステラさん”ですら「大丈夫でしょうか?」と不安げな顔で拙者を見る。
おい、おい、冗談じゃねぇぞ・・・・まさか・・・そんな・・・・
脳梗塞再発か?
でも、いびきをかいているわけじゃないから脳に問題があるわけではないだろう。
かすかに、お腹が動いているから呼吸はしているようだ・・・・
ということは・・・心臓は動いているよな?
起こすべきかどうか・・・迷うところである。
寝返りも打たず・・・ピクリともしない場合は、一度声をかけて起こすべきだろうか?
こういう場合の対処の仕方がわからない。
とにかく外の景色を見ているどころじゃない!
横になっている“フジイさん”の姿をずっと見続けて、万が一変化があったら・・・と監視する。
とにかくこのまま、そっとしておいたほうがよかろう。
下手に起こしても良くないだろう。
血圧が急に上がるとか、驚いて心臓に負担がかかるとか・・・なにかあったら大変だ。

1時間半後・・・・ようやくホテルに到着する。
と・・・ガバッと“フジイさん”が起きあがった!
こっちの心臓が止まる思いである!(笑)
「いやぁ~寝ちゃったよ~・・・・あ・・・ホテルに着いたの?」
意外にもケロッとしている。
あ~良かったぁ~
「ピクリともしないので、死んだかと思いましたよ~」と言ったら、“フジイさん”は大笑い。
「いやぁ~すまん、すまん、どうしても眠くて我慢できなかったんだ」

本人はかなり緊張していたのかも。
疲れがドッと出てしまったのだろう。
いや~笑いごとで済んで良かったが・・・
こっちの寿命が10年は縮まった・・・・(笑)

DSC_0270_convert_20090619215326.jpg(今日の宿泊先のホテル)
スポンサーサイト





旅行 | 11:04:51 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する