FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

鉢の植え替え
今日は、鉢の植え替えの日・・・・・
とはいっても、拙者が一人でやるわけではない。
だいたい、どうやればいいのかわからないのである。
で・・・・庭師の“エバトさん”に手伝ってくれるように頼んでおいた。
明日、成田へ行かねばならないので、ちょっと忙しいのだが・・・・
今日しか空いている日がないので今日やることにした。

植え替えするのはシンビジウム・・・・
鉢一杯に根っこが廻りギュウギュウ詰め状態。
昨年やろうと思っているうち1年が経ってしまっていた。
それがいけなかったのだろうか・・・・
今年はなぜか1輪も花を咲かせなかったのである。

母が育てていた思い出の花である。
母が亡くなって、早々にダメにしてしまうわけにはいかない。
一つの鉢から3つほどの鉢に分けて、妹にもあげようと思うが・・・・
しかし・・・どうして今年は花が咲かなかったのか?

“エバトさん”の話では「ちょっと早目に家の中へ入れてしまったんじゃないですか?」とのこと。
そういえば、そうかもしれない・・・・
昨年は、冬近くまで外に置きっぱなし。
亡くなる前、母からは寒くなったら家の中へ入れるように言われていたのを忘れていたのである。
それで、今年は忘れる前に早々と家の中に入れたのだが・・・・
これがいけなかったのかもしれない。
それに・・・栄養もそんなに与えていなかったしなぁ~

「植え替えを教えてください」などと頼んでいながら、結局、“エバトさん”に全部やってもらっちゃった。
あらら・・・である。
母もあの世から見ていて呆れているだろう。

さて・・・これからが問題だ・・・
うまく育ってくれるか・・・・

花とは不思議なものだ・・・
母が亡くなる前・・・
家中のいろいろな花の鉢が花を咲かせ続け、いつまでたっても終わらない。
もうそろそろ花が終わる季節だ・・・と思っていたのに次から次へと咲き続けたのである。
これには母もビックリ。
「なんでまだ咲いてるの?」
二人で大笑いしたことを思い出す。
が・・・母が亡くなってからは・・・鉢も元気がない。
まぁ、母の手入れが良くて、拙者の手入れが悪い・・・ということもあろうが・・・・
でも、あの時は何であんなにいつまでも咲き続けていたのだろうか?
母の死を予感して最後にいい思いをさせようと咲き続けていたような気がしてならない。
花は花で、母へ最後のお別れをしていたのかも・・・・

たのむぞ・・・今度は拙者のために花を咲かせてくれよ・・・・
スポンサーサイト





日記 | 21:11:25 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する