FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

グアム旅行(2)
グアム島は20数年ぶりである。
その時は、海外旅行をしたことがない弟を、海外旅行を経験したほうがいいと連れて来たのだが・・・
う~ん・・・・当時の記憶が全然蘇らない。
空港って、こんなに綺麗だったかな?
建物も、もっと小さかったような気もするのだが・・・・
どうも記憶力が悪いので20数年前のことが全く思い出せない。

春休みのせいだろうか・・・
続々と日本人ツアー客がやってくる。
みんなH.I.Sなどの格安ツアーの連中らしい・・・・
流暢な日本語を話す現地添乗員に率いられバスに向かう。
いやぁ~すごい数である。
正直言って驚いた!

DSC02183_convert_20090430203704.jpg(グアム空港)

さて、空港では数名のアメリカ人が迎えに出てくれていたのだが・・・・
さて・・・この人たちは誰?(笑)
IDカード代わりの名札を渡される。
どうもこれが「参加証」らしい。
「ミリタリーヒストリカルツアー」と書いてある。
ん?・・・・・何だろ・・・・これ??(笑)

数名の方がトイレに行っていたが・・・
相変わらずリーダーは「さぁ!行きますよ!」と先に行ってしまう。
人数確認も何もない。
「あのぉ~4人ほどがまだトイレに行っていますけど・・・」と言っても、相変わらず無視された。(笑)
おや、おや・・・・・である。

迎えの大型バスに乗り込んだが発車はしない。
大阪からも別グループがやってくるので、それを待っているのだそうだ。
で・・・ようやく「大阪組」がバスに乗り込んできたが・・・・
何人のグループなのか、自己紹介もないのでわからない。
そのままホテルに向かい出発!(笑)
「戦友会」のツアーならば「仲間」のはずなのだが・・・・
初日から「烏合の衆」なのである。
こういうツアーも珍しい。(笑)

旅行社が関わったのは航空券の販売のみ。
ホテルの方はアメリカ側が用意してくれるという話だった。
で・・・・チェックイン・・・・
「各自でお願いします!」とリーダー。
拙者は同室が“ハシモトさん”だということを事前に知っていたので気が楽だったが・・・
他の方々は大変である。
なにせ皆さん御高齢・・・・
片言日本語を話すフロントの女の子を相手に四苦八苦でチェックインの手続き。
誰かが代表でやればスムーズなのになぁ~
で・・・誰が何号室なのかもわからない。
まぁ、参加者名簿自体がないんだから、そんなことを知っても仕方がないのであるが・・・(笑)

ロビーでミーティング・・・・・
日程表を渡され、そこに書いてある大雑把なことのみ説明。
あらら・・・・細かいことはさっぱりわからない。(笑)
「毎日、打ち合わせをするんですよね?」と質問したら・・・・
「いいえ、この打ち合わせだけです」
「毎日やった方がいいのでは・・・」
「そなんこと必要ないです」と却下・・・・(笑)
通常なら、朝か夕方のどちらかに日程の確認と変更事項の報告をする時間を用意しておいたほうがいいと思うのだが・・・・
まぁ~拙者は最年少者だし・・・新参者だし・・・・
あまり言っても仕方がないと思いやめる。

今晩の夕食は各自でとってくれとのこと。
同室の“ハシモトさん”と“マスダさん”という一人で参加された80過ぎのおばあさんを誘ってホテルの外へ食事に出かけることにした。
他の人はどうなのか・・・その行動は全く分からない。
一人で参加されている方がいたら夕食を一人で食べるというのは心細かろうが・・・・
全然コミュニケーションを取る機会がないのだからどうしようもない。
かろうじて“マスダさん”をお誘いできたのみ。

さて・・・何を食べようか・・・・
行き当たりバッタリで・・・・初日の夕食は拙者の我儘でステーキということにした!(笑)

DSC02186_convert_20090430204016.jpg

他の二人は安いほうを選んだが・・・・
拙者は根っからの我儘息子である。(笑)
誘惑には勝てず・・・・ロブスターの乗っている高い方のステーキを頼む。
年長者のお二人を差し置いて・・・・ロブスターを食べる・・・・申し訳なし!(笑)

食後、コーヒーショップへ立ち寄ってコーヒーを飲みながら一服。
このツアーに親父と同期の甲飛14期の方がおられたので、携帯で親父に電話する。
ほぉ~ちゃんとつながった!(笑)
「親父と同期の人がいるんだけど・・・・親父は第何班にいたの?」
「覚えていない・・・・」
「同じ偵察課程の人らしいんだけど・・・」
「ほぉ~そうなのか?」
同期といっても操縦と偵察ではクラスが違うし、人数が多いので第何班かわからないと話にならないのだが・・・・
まぁ~仕方がないよなぁ~
覚えていないんじゃ仕方がない・・・・
どうも拙者の記憶力の悪さは親父譲りなのかもしれない・・・とこの時思った・・・・(笑)

食事の帰りに「射撃場」へ立ち寄る。
“ハシモトさん”は射撃をしたことはないというのでお誘いした。
“マスダさん”にはその間待っていてもらうしかなかったが・・・・
拙者は射撃に関しては多少の自信があるので、グアムに来て久々の実弾射撃をするのを楽しみにしていたのである。
で・・・無理やり(?)“ハシモトさん”を付き合わせてしまった!(笑)
「こちらの方は初めてですから・・・」と言ったら・・・
射撃場の人が怪訝そうな顔をして言った。
「ミリタリーなのに射撃をしたことがないのか?」
そうなのです・・・我々は首からIDカードをぶら下げていたのですが・・・・
そこにはしっかりと「ミリタリー」と書かれているのです!
どうして“軍人”なのに射撃が初めてなんだ?・・・・と言われても仕方がない・・・・(笑)
「あ?この人?この人は事務職だから射撃をしたことがないんだよね~」と適当ごまかしたら相手も納得した。(笑)
さて・・・射撃の結果は・・・・ガッカリ・・・(笑)
6年ぶりに射撃をしたせいか、かなり腕が落ちている!
あ~なんとも残念である。
6年前にマニラで射撃をした時は100発撃って1発だけ的をはずし、その他はほとんど真中に集中して撃ち込んだ。
一緒に行った警官の“ナップ少尉”に大いに褒められたのだが・・・・
6年も銃を握っていないとこうなるのか・・・・
18発撃って的をはずしたのが2発・・・・・
10点(中心)に当たったのが1発だけ・・・
9点に当たったのが9発・・・
問題は・・・弾着が的の中心より右斜め下に多少バラけていること。
もう少し一か所に集中しないといけないのだが・・・・
う~ん・・・腕が落ちたぁ~
残念無念である。
スポンサーサイト





旅行 | 17:49:29 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する