FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

グアム旅行(1)
昨晩遅く、成田に到着してホテルに前泊。
7時45分成田空港集合。
今日から予科練の戦友会と一緒にグアム島へ行く。
で・・・参加者は?
・・・・知らない!(笑)
「個人情報保護」とかなんとか、間違った解釈をしているがためらしいが、参加者名簿というのが事前に配布されていないのだ。
だから、いったい何人のツアーなのかも知らないのである。
とにかく成田に行ってみなくちゃ分からない・・・・(笑)
しかも、このツアー・・・・内容がさっぱりわからない。
グアム島へ行って、米軍のシンポジウムに参加して、グアム島から米軍がチャーターした飛行機で硫黄島へ行き、日米合同慰霊祭に参加してグアム島へ戻って・・・・そして日本に帰るというだけしか知らない。
その細かい内容は事前には全く知らされていない。
まさか出発直前には教えてもらえるのだろうと思ったのだが、それもない・・・・(笑)
硫黄島は普通は一般の人は行けない場所である。
あの激戦地である硫黄島へ行けるのなら、内容なんてどうでもいい・・・
このチャンスはそうそうあるものでもない・・・・
というわけで、「硫黄島」に惹かれて今回参加することにした。
一応、親父が予科練の甲飛14期生だったので、この戦友会に拙者は入会している。
そういうわけで戦争体験者ではないが参加資格がもらえたのである。

さて・・・成田空港の待ち合わせ場所に到着したところ、すでに皆さんは集まられていた。
つまり・・・拙者が一番遅かった・・・・(笑)
が・・・参加者の紹介もなにもない。
はぁ?
グアム島のホテルで同室となる“ハシモトさん”だけは事前にツアーのリーダーを務める戦友会理事の“シブイさん”からお手紙でお知らせをいただいていたのでよかったのだが・・・
他の人は誰が誰なのかさっぱりわからない。
当日になっても名簿は配られないので名前もわからない。
「さぁ!行きますよ!」の“シブイさん”の声でゾロゾロと動き出した人が、どうやらわがツアーの人らしい・・・としかわからない。(笑)
どうも拙者を含めて9人らしいことはわかったが・・・・いやはや困ったツアーである。(笑)

グアムへ向う飛行機は午前9時45分発のノースウエスト74便。
正直言って、拙者はこの航空会社にはあまりいいイメージを持っていない。
運賃が安いだけでサービスが悪いというイメージしかないのだが・・・・
やっぱり・・・であった。
まさしく拙者のイメージ通りの航空会社であった。(笑)

まずは・・・・チェックインカウンター前に長蛇の列!
出発2時間前に集合したにもかかわらず、なかなか前に進まない。
ようやくチェックインカウンターに到着したら・・・・
機械を使って自分でチェックインするらしい。
わがツアーのお年寄りは機械の使い方が分からない。
拙者もノースウエストを使うのは初めてなのでチェックインするのは初めて・・・
しかし、操作画面の指示に従い、他の方々のチェックインを手伝ってあげる。
ところがそのうち・・・・なぜか機械が入力を受け付けなくなった。
何度やり直しても受け付けない。
と・・・その時である・・・・
「ノースウエスト74便の方はいらっしゃいますか~」と係員が言うので応えたところ、「もう機械でのチェックインは出来ません!」と言う。
それならそうと早く言えよ!
で・・・「手作業でチェックインをしますが・・・え?預ける荷物があるんですか?もう間に合わないですね~」と平然と言い放った!
カチ~ン!(笑)
何だこの野郎!
長蛇の列・・・便に関係なく並んだ順に受付をしていたようである。
最終搭乗の迫っている便から優先に受け付けるのではなく早い者勝ち・・・・
やっぱり・・・・ノースウエストはダメだ・・・・最低のサービスである。
今更荷物は載せられないぞとかと騒いでいるので「何とかしろよ!」と言い放って搭乗手続きに急ぐ。

さて・・・わがツアーのリーダーは・・・・・
さっさと手続きを済ませて先に行ってしまった!
うそぉ~!!!
拙者は手続きの遅れた数名を引率して後を追う。
ところが・・・
ようやく一団にまとまったかと思ったら・・・・とちゅうで3人ほどが横道にそれた!
どうやら売店に買い物に行ってしまったらしい。
なんと勝手な行動を取る人たちか・・・・(唖然・・・)
リーダーの“シブイさん”に「3人ほどが他の場所へ行ってしまったようですけど・・・」と報告したのだが、「さぁ!急いで!急いで!」とドンドン先に行ってしまう。
拙者の報告は無視!
うそぉ~!
仕方がないので、元来た道を戻りはぐれた人を探して連れもどる。

このツアー・・・・
旅行社の添乗員は同行していない。
ということは、ツアーのリーダーが参加者の面倒を見るのだろうと思ったのだが・・・・
リーダーの“シブイさん”は参加者の面倒を見る気は全くないらしいことがこの一件ではっきりした。
いやはや・・・・とんでもないツアーに参加してしまった・・・・(笑)
スポンサーサイト





旅行 | 10:43:31 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する