FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

大腸菌!
この間の検便の検査結果を聞きに病院へ行く。
さて・・・何でニューギニアから帰ってきてから激しい下痢を起こしてしまったのか・・・・
その原因が知りたい。

で・・・・検査結果は・・・・大腸菌!
大腸菌によるものだったという。
ん?
大腸菌?
なんだ・・・それだけ?(笑)
もっと何か珍しい病気にでもなったかと楽しみにしていたのになぁ~
大腸菌か・・・・

「むこうで生水を飲んだりしたんじゃないんですか?海外では気をつけないと・・・」と医者に言われたが・・・・
現地で生水なんて飲んだ覚えはない。
そんな間抜けな「海外旅行初心者」ではない。

帰宅後「大腸菌」とは何か・・・・念のため調べてみた。
大腸菌にはいくつかの種類があるらしい。
医者は「大腸菌」としか言わなかったが、どうも「腸管毒素原性大腸菌(ETEC)」の可能性が高い。
海外旅行者下痢症の原因となることが多いらしい。
潜伏期間は8時間~72時間
回復期間は1~3日、または10日間以上

脱水症状を避けるため水分を多めに取りながらトイレに駆け込んでいたから・・・・・(笑)
大腸菌は体外に排出され下痢が止まったのだろう。
拙者の対処には間違いはなかったようだ。
それから病院へ行ったわけだが、それでも体内には大腸菌が残っていたのか。
それにしても運が良かった。
家に到着してから下痢が始まったので良かったが、これが帰国途上の機内だったら大変だった。
ずっと飛行機のトイレの中に籠りっきりだったかもしれない。(笑)
何時間も便器に座って帰国・・・・なんていうことになっていたかも。

それにしても生水を飲んでいないのにどうしたわけか・・・・
火を通している物を食べていたはずだが・・・・
まぁ、サンドイッチに挟まっている野菜類は火を通していないから・・・・これが原因という事も考えられないこともないが・・・・
潜伏期間が8時間~72時間(3日間)となると範囲が広くて原因がわからん。
この「腸管毒素原性大腸菌(ETEC)」の多くの菌は100度の熱で毒性が消えてしまうらしいが、黄色ブドウ菌などは100度の熱を加えても毒性が消えないという。
う~ん・・・そうなると必ずしも過熱した物なら大丈夫とも言えないなぁ~
運が悪かったということにしよう!(笑)
スポンサーサイト





日記 | 00:29:24 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する