FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

代議士秘書
代議士秘書―永田町、笑っちゃうけどホントの話 代議士秘書―永田町、笑っちゃうけどホントの話
飯島 勲 (2001/03)
講談社

この商品の詳細を見る


いつもとは違うジャンルの本も読んでみるか・・・・ということでこの本を読んでみた。
以前、「代議士の秘書になったらどうだ?」と人から言われた事があるが、とてもじゃないけど無理。
何故無理かというと・・・・
人の顔と名前が覚えられない!
拙者の欠点の一つがコレ。
どうしても顔とか名前とかが覚えられないのだ!
これじゃ秘書はつとまらないでしょ?
後援会長の顔も覚えられないようでは・・・・マズイよなぁ~
この本に、そういう秘訣が書いてあるかなと思ったが、残念ながら、そういうことは書いてなかった。
しかし、他の意味でも「代議士の秘書」っていうのは大変な仕事だというのがよ~くわかった。
拙者には絶対無理だな・・・・
スポンサーサイト





読書 | 13:36:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する