FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

騎兵第15連隊将校団会総会
第34回、騎兵第15連隊将校団会総会・・・・・
昨年同様、東中野駅前のWest 53rdで開催。
昔の「日本閣」である。
DSC00129.jpg(West 53rd)

今年の参加者は25名。
そのうち正会員である“戦友”は8名。
他は、拙者のような準会員、奥様、物故者遺族やその家族である。
三笠宮崇仁殿下、百合子妃殿下が到着されて、まずは記念撮影。
で・・・場所を移して総会並びに懇親会となる。
殿下は6月にご入院なされたということで、今回の総会の開催はどうなるのだろうかと心配したが、お元気にご出席いただき安心した。
総会は会務報告、会計報告、監査報告と滞りなく進み無事終了。
続いて物故会員に対して黙祷・・・・
今年の5月に“マツモトさん”が突然亡くなられたという。
ショックである。
小柄なおじいさんだったが、声も大きく張りがあり、あんなにお元気だったのになぁ~
お会いすると、いつも「遠いところからご苦労さんです!」と声をかけてくれて、いつも拙者に気を使ってくださった。
確か、戦争初期にマレーシアからシンガポールに向けてマレー半島を戦車で一気に縦断したという活躍をされたと記憶している。
二度と会えなくなり本当にショックだ。
“マツモトさん”の拙者を呼ぶ声が今でも耳に残っている。

続いて乾杯!
で・・・司会の“イシイさん”が「それでは食事をしながらご歓談を・・・」と言って席についてしまったので食事が運ばれてきてしまった。
あれ?
殿下のご挨拶が抜けてるぞ!(笑)
こりゃまずい・・・・
ウェイターに“イシイさん”に伝えるように頼む。
「いやぁ~ボケましてすみません。殿下のご挨拶を抜かしてしまいました」と“イシイさん”の挨拶で大笑い。

今回の殿下のご講話はテロやイスラム教について・・・・
なるほどねぇ~という話だが、誤解が生じるといけないのでここでは詳細は書かない。
あくまでも“身内”に話した話であるから、下手に誤解が生じたら皇室にご迷惑がかかる。
殿下は中東では昔から遺跡の発掘などを行ったり、研究をされているので中東に関しては造詣が深い。
DSC00130.jpg

今回会えるかどうかと心配していた方がいる。
“ハラさん”である。
“ハラさん”は昨年、非常に弱っていらして、今回は来ないんじゃないかと気になっていたのであるが、今回、お元気に参加されたのでホッとした。
本人もここ2~3年体調が悪かったと言う。
どうやら体力が回復したらしい。
今回、どうしても“ハラさん”にお渡ししたいものがある。
それは、昨年、中国の内モンゴルへ行った時に廻った戦跡の記録。
写真に簡単に戦史も書き加えた小冊子をパソコンで作って持参してきた。
これをどうしてもお渡ししたかったのだ。
「確か・・・内モンゴルの召君墳におられたことがありますよね?」
「ああ、あそこの警備隊長をしていたよ」
「実は昨年、そこに行ってきたんですよ」
「へぇ~行ってきたの!」
小冊子をお渡しして、お話をしたところ、拙者が廻った場所の殆んどの場所に“ハラさん”はいたという。
「いやぁ~これ、よく出来てるね~」と拙者の小冊子を誉めてくれた。
懐かしいなぁ~と喜んでくれた。
よかったぁ~

食事が一段落して、殿下、妃殿下とツーショットの撮影会。
参加者の殆んどの方が、これを目的に来ているといってもいい。(笑)
先をあらっそってドタバタドタバタ・・・(笑)
拙者はカメラを渡され、撮影を頼まれる。
で・・・私の写真は誰も撮ってはくれない。(笑)
みなさん自分のことで頭が一杯。
だから・・・殿下、妃殿下と拙者とのツーショット写真はない・・・・(笑)
まぁ~いいかぁ~
そういうミーハーなのは好きじゃないし・・・

今回初めて参加されたご家族の方が、ホームページのプリントしたものを持参してきた。
「こういうのがあるんですけど・・・・」
騎兵第14連隊や15連隊のもの・・・・
それをチラリと見て・・・・大笑い!
「それ・・・書いたのは私です!」
「ええっ!そうなんですか!」

最後に連隊歌の合唱!
・・・といっても、唄えるのは“戦友”のみ。
我々が歌えるわけはない。(笑)
“戦友”は88歳の一人を除いて全員が90歳を超えておられる。
にもかかわらず、ちゃんと唄えるんだから驚きである。(笑)
DSC00131.jpg

殿下、妃殿下をお見送りして閉会。
又来年お会いしましょうということで解散となる。
皆さん90歳を超されているからなぁ~
また会えるかどうか・・・・・
そう思うと寂しい。
スポンサーサイト





日記 | 22:16:49 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する