FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

玉江橋
DSC00825_convert_20080715165524.jpg


玉江橋

この橋の架かる堂島川に 本格的な架橋が始まったのは元禄初期(1690ころ)と考えられる
この玉江橋も そのころから堀江橋の名で架かっていた
その後 元禄11年(1698)になって堀江川が開削され そこに同名の橋が架けられたので 玉江橋に改名されたという
当時の堂島川は 大川につぐ大きな川幅をもち 安永9年(1780)の記録によると橋長約90.1m 幅員約4.1mの規模をもつ反りの大きい橋であった
江戸時代 この橋の南詰めに薬師堂があって 縁日には多くの人出で賑わった
参詣の人々は 橋の上からその延長方向(南東方向)を見ると はるかかなたに四天王寺の五重塔が望見できたので 橋上から遥拝する慣習があった
高層建築物に囲まれた今日では 想像もできない情景であるが 当時の各所図絵の類には多く登場している
現在の橋は 昭和4年9月の第一次都市計画事業によって橋長77.0m 幅員12.3mの橋に架け換えられた
それ以後 地盤沈下対策で 昭和42年に約2m嵩上げすると同時に 下流側に橋長77.8m 幅員12.3mの橋が新しく架けられた

平成10年 大阪市

DSC00824_convert_20080715173559.jpg


(説明板より)

玉江橋
スポンサーサイト





史跡 | 16:53:14 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する