FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『ロング、ロング バケーション』


アルツハイマーが進行中で、“まだらボケ”(?)の元大学教授を演じているのは、ドナルド・サザーランド。
末期癌に侵されている奥さんを演じているのはヘレン・ミレン。
この二人の名優が演じるのだから面白くないわけがない。(笑)

子供たちに内緒で、旅に出た二人の物語である。
親父は認知症だというのに、大きなキャンピングカーを運転する。
ちょっと、ハラハラ、ドキドキものだが、なぜかうまく運転しているから不思議である。(苦笑)
奥さんとしては、こうやって二人でドライブすることで、少しは昔の自分を取り戻してもらいたいとのことらしい。
いつのまにか“失踪”した両親、しかも車を運転しているのは認知症の親父だとなったら、そりゃ騒ぐわなぁ~(大汗)
この映画に出てくるいくつものシーンは、外国であろうと日本であろうと万国共通なんだなぁ~と思った。
老々介護の問題・・・認知症の身内を抱えるという問題、人間の尊厳、人生の最期の迎え方等々・・・・
どこでもみんな同じだなぁ~と思う。

15年以上も前に、私は、末期癌の母を連れてイタリアを旅行した・・・
この時の旅行の“思い”は、認知症の夫を連れて旅をする、この映画の妻の“思い”とほぼ同じ・・・
だから共感できる。
この映画・・・イタリアの映画なのである!(驚)
イタリアの映画に、英国出身の女優とカナダ出身の男優・・・(笑)
だからなのかもしれないが・・・ラスト・・・が、ちょっと変わっているかも・・・(汗)
これがアメリカの映画だったら、どうなるんだろう?
どういうラストにするのだろう?・・・・と考えさせられた。

良いか悪いかは知らないが・・・
面白いが、考えさせられ、なんとなく寂しさも感じる、なかなか見ごたえのある映画だった。

スポンサーサイト



DVD | 23:51:40
地震だ!
今晩、11時過ぎに、いきなり家が揺れ始めた!(大汗)

午後8時前に山梨県で震度3の地震があった。
珍しく内陸部だな・・・ちょっとマズイかなと思っていた・・・(大汗)
1月27日には、北海道で震度4の地震があった。
震源地が南に降りてこないで欲しいなぁ~と思っていたが・・・
まさか、こんなに早く大きな地震が来るとは思っていなかった。
東日本大震災に次ぐ揺れだが、揺れ始めがあの時の揺れと同じ・・・
ならば・・・震源地は福島沖あたりだろうと思ったら・・・当たった。

宮城、福島で震度6強だそうである。
震源地は福島沖、マグニチュード7.1らしい。

念のため、家が揺れる中、ストーブを消す。
一応、自動で消えることになっているらしいが・・・信用できないので・・・(大笑)
結構大きな揺れだったが、被害は・・・・
積み重ねた本や書類が崩れたのと、本棚に飾ってある祖父の軍隊時代の写真が倒れて落ちたくらい・・・(苦笑)

すぐに東京の妹から安否確認の電話・・・
続いて姪っ子からも電話がくる。
いやはや、心配かけて申し訳なし。
(・・・と言っても、拙者の責任じゃないんだけど・・・)(大笑)

念のため、懐中電灯を持って、家の周辺の異状の確認をする。
明日の朝になって、我が家の塀が倒れていたのに気が付きました・・・では洒落にならない。(大笑)
で・・・外壁、塀等に異状なし!

その後も断続的に余震とみられる地震で家がガタガタと揺れる。(大汗)
幸いにも、ガス、電気、水道などのライフラインが切れなかったので良かった。
これで停電して真っ暗、ガスファンヒーターも稼働しないとなったら最悪である。(大汗)
あとは・・・ひずみが茨城沖に溜まって、数日後に直下型の地震が起こったら万事休すである。(大汗)
今回の被害程度では済まないだろう。
震源地が茨城県沖に来ないことを祈るのみ・・・である。

日記 | 23:38:03
嫌な予感・・・・
昨晩見た夢・・・

もう知り合って35年以上、40年近くになる実在する女性が夢に現れた。(汗)
彼女が夢に出てくるのは久しぶりである。
が・・・・夢に出てくると、ロクなことがないのである。(大汗)

最初に彼女が夢に出てきたのは、知り合って間もない時・・・
場所はアメリカ・・・
彼女はチャラい連中とドライブ旅行に出かけていた。
と・・・ある日、血だらけの彼女が夢に現れた。
やっちまったなぁ~、事故を起こしたな・・・と思った。
朝一番で、彼女の乗った車が事故を起こしたという情報が寮にいた拙者のもとにも届いた。
やっぱり・・・・正夢だったか・・・(大汗)
彼女たちは大怪我をし、日本の新聞にも事故のニュースが載ったとか・・・(大汗)

次に彼女が夢に現れたのは、日本に帰国して随分後のこと・・・・
8年ぐらい経っていたと思う。
拙者がマイクの前で何かスピーチをしている・・・・
ふと、後ろを振り返ったら、そこにウエディングドレスを着た彼女が座っていた。(驚)
結婚披露宴で俺がスピーチしているのか?(汗)
あらら・・・彼女は結婚したらしい・・・という夢だった。

その後、まもなくして彼女が遠路はるばるわざわざ拙者に会いに来た。
ところが、どうして会いに来たのか理由を言わない。
何をイライラしているのか知らないが・・・
やたらと当り散らすし・・・文句ばかり言うし・・・
結局、散々、悪態ついて帰っていった・・・(大汗)

それから5年後、あの時、一体どうして拙者に会いに来たのかを改めて尋ねた。
と・・・・なんと、結婚式をドタキャンして逃げ出したのだという・・・・(唖然)
結婚披露宴の案内状を出した後、ドタキャンして、一方的に婚約解消をしたのだから家にいるわけにもいかなかったのだろう。
ドタキャンの理由を聞いたら、100%彼女の我儘である。(大汗)
拙者の道徳観では理解できない彼女の言い分には呆れたが・・・・
拙者が見た夢は彼女の披露宴の夢だったから、半分当り、半分外れ・・・というところだろうが・・・
結婚がらみだったことに驚いた。
事の真相を知ったこの日のことはよく覚えている。
1997年8月31日、ダイアナ妃が交通事故で死亡した日だからである。

そして、昨晩見た夢が3度目となる。
24年も経ってから、突然現れた・・・(大汗)
あ~いやだ、いやだ・・・
たぶん、彼女の身の上に何かが起こったに違いない。(大汗)
が・・・連絡をしたところで、彼女は、素直に話をするような人ではない。
また5年ぐらい経ってから「実は・・・」などという話は聞きたくもない。
無視するに限る・・・(苦笑)
この夢・・・見なかったことにしよう・・・(大汗)

夢の話 | 20:45:52