FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

97歳からお電話!(大喜)
夕方、突然電話がかかってきた・・・
電話に出たら、“ハナオカさん”だった!(大喜)
先日お送りしたお手紙が届いたそうで・・・
「ありがとう!」とお元気な声が・・・

“ハナオカさん”は、拙者の祖父と同じ師団の兵士で、フィリピンで戦った砲兵だった。
その体験談をビデオ会議システムで行なったことが、読売新聞に掲載されたので、その新聞をお送りした。
で・・・その時の様子を色々とお話しくださった。
2年ほど前には大阪に出て、会場で直接、皆さんに体験談をお話ししたそうだが、このコロナ禍で、会場で話すという事も出来ず、また高齢なので大阪まで行くのも難しくなったとのこと。
そこで、テレビ会議システムの利用という事を勧められたそうだが、やり方がわからない・・・(大笑)
そこは、孫が全部やってくれて、自分は自宅で椅子に座って話すだけ・・・
「いやぁ~楽だったよぉ~」と笑う。

“ハナオカさん”の奈良のご自宅を訪問したのは11年前・・・
それが最後で、その後、お会いしていない・・・(大汗)
あれから、もう11年も経ったのか?(驚)
こういうのを調べるのには、このブログが役に立つ。
なにせ、そのために書いているようなもので・・・
日記帳に書いたのでは、捜すのに苦労するが、このブログならすぐに見つかるから便利・・・
だから日記帳ではなく、このブログに記録を残すようにしているのである。(苦笑)
つまり・・・独り言のようなものなのである。
ところが、何を勘違いしているのか、自分に話しかけられていると勘違いしているのか・・・(苦笑)
拙者の“独り言”にケチをつけて、コメントを書きこむ馬鹿がいるんだから呆れる・・・(大笑)
あんたになんかに話しかけていねぇよ・・・っていうのに・・・(大笑)

もう97歳になっておられたとは・・・月日が過ぎるのは本当に早いものである。(唖然)
11年前にお会いした時・・・
“ハナオカさん”は万歩計を付けて散歩するのを日課としていた。
その記録を毎日ノートに書きこんで、歩数から算出した歩いた距離を日本地図にプロットして、“日本一周”を楽しんでいた。
で・・・今は?・・・とお尋ねしたら・・・
狭心症の持病があるので、外を歩くのは危険とのことで、家の中を歩いているという。
家の中を一周すると22メートルだそうで・・・
それを1日、40回繰り返すのだそうだ。(驚)
「1日に880メートルだから1キロには満たないけどね・・・」と笑う。
相変わらず、数字には細かい・・・
さすがは砲兵・・・2番砲手である。
2番砲手は、砲兵観測所からの諸元を受け取って、即座に計算して照準をつけるのが仕事である。
だから、とにかく数字に強い・・・(笑)
「1カ月に20日以上は歩くから、だいたい1ヶ月に20キロは歩いているかな?」とおっしゃる。
ひぇ~・・・拙者よりも歩いているぞ・・・脱帽である!

商売も、息子さんに代を譲ったので・・・「楽ちん」だと言う・・・
が・・・
「本当はね、楽(らく)じゃなくて、「ら」が抜けて「苦(く)」ばかりなんだ・・・」と本音がチラリ・・・(汗)
ご高齢で外に出かけることも出来ず、家の中でジッとしていなければならない・・・
それが苦しいという。
何もせず、ボーッとしていると良くないので、なんとかせねば・・・というのが“苦痛”なのだそうだ。
「できれば、早くあの世に行きたいんだが・・・自分からそういうことをするわけにはいかないし・・・」とおっしゃる。
いやぁ~辛いだろうなぁ~・・・・
このコロナ禍の中で我慢が出来ず、騒ぎ立てる連中も多いが・・・
やっぱり戦地で極限を体験した人は“出来”が違うなぁ~と思う。
このコロナ禍がなければ、すぐにでも会いに行きたいのだが・・・なんとも残念である!(涙)

やっぱり「歩く」というのは大事なんだろうなぁ~(笑)
張りのある元気なお声・・・11年前と全く変わらない・・・(驚)
「まぁ、そのうち段々と弱ってくるとは思うけど・・・」(苦笑)・・・とおっしゃるが・・・
来年も再来年も、このままお元気でいて欲しい・・・
再会の機会を奪うコロナ禍が憎いなぁ~
というより・・・コロナで騒ぎすぎるマスコミが憎い・・・
そう騒がれたのでは身動きがとれぬ!

「ところで・・・あんた、いくつになりましたか?」とのご質問・・・
「60歳です!」
「いやぁ~若いねぇ~」(大笑)
これには参った・・・(大汗)
たしかに・・・97歳から見たら60歳は・・・かなり若い・・・(大笑)
そう言われちゃうと、グダグダとしていられないな・・・(大汗)

拙者の嫌いな言葉の一つに「勇気をもらいました!」というのがある。
“勇気”って・・・何に対しての“勇気”なのか・・・さっぱりわからぬ。
猫も杓子も、何かといえば「勇気をもらいました!」と言う・・・
最初にこの言葉を使った奴は、かなり言葉の遣い方を知らぬ人間だったのではなかろうか?
正しくは・・・「元気をもらいました!」ではなかろうか?

“ハナオカさん”からお電話を頂き、「元気をもらった!」・・・(大笑)
60歳が97歳から元気をもらうようではマズイのだが・・・(大汗)
なんだろ・・・電話を切った後の・・・ワクワク感・・・
なぜか、やる気が出てきたのである。
暑い、暑いとグダ~とはしていられないな・・・(苦笑)

“ハナオカさん”に大感謝である!

スポンサーサイト



日記 | 21:19:52 | Comments(0)