FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

怪しい勧誘
突然、某社から電話がかかってきた。
拙者が親父から相続した栃木にある別荘地について、これを購入するという話を持ち掛けてきた。
またか・・・(汗)
この手の話は数年に一度、その都度、社名の違う会社から持ち掛けられている。

まず、話の切り口は、マニュアル通り・・・
「先日、ご案内の書類をお送りしましたが、届いておりますでしょうか?」である。(苦笑)
「そんな郵便物は届いていませんけど・・・」と答えると・・・
「それでは、改めてお送りしますが・・・」と言って用件を切り出すのである。
また、そのパターンか・・・である。

だいたい、この親父の“別荘地”は、売り物にならない土地なのである。(大笑)
拙者が小学生か中学生のころに購入したと思うが、その頃、一度だけ現地を見に行ったことが微かに記憶に残っている。
ただの雑木林だった・・・・(大笑)
それからずっと管理費だけを支払い続けているのだからバカである。(大笑)
手放したくても誰も買うような人はいないんだからどうしようもない・・・(大汗)
迷惑な遺産である。
親父は認知症でボケるまで、この土地の始末について気にし続けていた。
当時は、別荘地を購入するのが流行りだったのかもしれないが、友人に自慢したくて購入したのだろう。
ただの雑木林を・・・(苦笑)
だいたい、田舎町に住んでいるのに、どうして田舎の別荘地を欲しがるのかがわからない。(大笑)
自宅にいるのと変わらないじゃないか?(大笑)
結局、建物を建てずに、そのまま雑木林として放置である。

拙者の家と同じような人たちが結構多いのだろう・・・
手放したくても売れない・・・ということで困っている人が多いように思う。
だから、こういう電話がかかってくるのだろう。

ずいぶん昔に、某社から呆れた電話があった。
かなりの高額で売れる土地なので、売却のお手伝いをしますというもの・・・
ただし、条件としては雑木林の木を切り倒して土地を整備しなくてはならないという。
この整備費用が結構な金額なのである。
で・・・買主をどう募集するのかというと・・・新聞広告・・・(唖然)
「それで売れるんですかねぇ~」と言ったら・・・
「この別荘地は非常に評判がいいんですよ。すぐ買い手が見つかりますよ」と言う・・・
そんなわけないんだけどなぁ~
二束三文の土地なんだけど・・・(苦笑)
「それじゃ、売却価格から整備費用を差し引いて振り込んでくれるわけですね?」と言ったら・・・
そうではないという。
整備費用は別で、先に現金で支払ってくれとのこと。
その整備ができてから広告を出して買い手を見つけるのだという。
バカじゃなかろうか?(苦笑)
売れるわけのない土地である・・・・整備費用だけを取るだけ取って、「残念ながら買い手は見つかりませんでした」と言うに決まっている。
一種の“詐欺まがい”の商売である。(怒)
当然、この話には乗らなかった・・・・(大笑)

数年前には別の会社から電話がかかってきた。
用件は同じ・・・・
「売れるような土地じゃないですよ」と言ったら・・・
「いや、是非、買いたいという人がいるんですよ」と言う。
おや、おや・・・珍しい・・・(苦笑)
話によると・・・中国人だという。
「中国は、今、景気がいいですからね。是非、投資として購入したいと言ってきているんですよ」と、かなり高額な土地の評価額を言ってきた。
中国人が・・・栃木県の山林同様の“別荘地”を、そんな高額な金額で買ってくれるの?(苦笑)
バカじゃあるまいか・・・(大笑)
「中国人なんかに日本の土地を売るわけにはいかない!」とお断り・・・
「中国人じゃダメですか?いい値段で買うって言っているんですけどねぇ~」と言う。
中国人なんかに日本の土地を売ったら、“売国奴”である。(大笑)
冗談じゃない・・・当然、お断りである。
果たして本当に買い手が中国人なのかどうかは知らないが・・・・
そのあと、どうせロクでもない条件を出すつもりだったのではなかろうか?(苦笑)

で・・・・今回は・・・・
更に別の会社からだが・・・
「当社が買取処分いたします」と言う・・・(唖然)
微妙な言い回しなのだが・・・「処分」なのである。
とにかく手放したいでしょうから・・・ということで、この会社に土地の所有権を移すというもの。
で・・・その手続等の費用は拙者が負担するのだそうだ。
ん?・・・ということは、買取ではないのでは?
と思ったら・・・一応、買取はするとのことで、金額は1万円!
一坪じゃなくて、土地全部で1万円なのである。(唖然)
たとえ、たった1万円であろうとも買ったことには間違いないということなのだろう。
で・・・手続等の諸経費が数十万円と、かなりの高額・・・
それはこちらが支払うわけである。
カネを払って手放すというわけだが、まぁ、それも仕方がないかなという気もしたが・・・
呆れたのは、その他の「経費」・・・
別荘地の管理費5年分と固定資産税相当額5年分も支払ってくれとのこと。
それはおかしいじゃないか?
土地を手放して、所有権も移っているのに、それから5年間も管理費などを支払い続けることと同じことになるのではないか?
よくも、そういう筋の通らないことを平然と言うよなぁ~(怒)
またまた“詐欺まがい”の商法であろう・・・
この会社はTVのCMなどで知られている弁護士事務所と提携しているらしいが・・・
弁護士もピンからキリまでいるからなぁ~(大笑)

生活費を稼ぐためなのだろうが・・・
よくも“詐欺まがい”の商売をやるよなぁ~
恥ずかしくないのだろうか?(大汗)

こういう会社の共通点は・・・
東京などの大都市に住所があるが、自社ビルではない。
たぶん、レンタルオフィスのようなものだろう。
そして、郵送で資料を送ってくるが、その後は絶対電話をかけてはこない・・・
こちらから電話を掛けさせることを目的としている。
あとで、契約上、トラブルがあっても「そちらからお願いしてきたんですよね?」ということにするためであろう。

むかし、むかし・・・拙者が子供のころに、「不幸の手紙」というのがあったが・・・
こりゃ、「不幸の電話」だな・・・(大笑)

スポンサーサイト



日記 | 23:19:43 | Comments(0)
胃薬を追加・・・(汗)
この間、2週間分処方してもらった胃薬が残り3日分となった・・・(汗)
今もって、どうも胃の調子が悪いので、追加で更に薬を処方してもらうためクリニックへ行く。

実は、薬を飲み始めて1週間ぐらいで、胃痛は改善されたのである。
おお、治ったか!
と・・・気が緩んだところに、冷蔵庫の中にキムチがあるのを発見してしまった!
で・・・つい、うっかり、このキムチを食べてしまい・・・(汗)
食べてから気が付いた!
これは“刺激物”ではなかろうか?(唖然)

まもなく、胃痛が再発!(涙)
なんたることぞ・・・
大ドジを踏んでしまった・・・・
治りかかっていたのに・・・“振出しに戻る”である。(涙)

この話をしたら、医者に呆れられてしまったが・・・・
今回は念のため30日分を処方してもらうことにした。
完治するのに30日もかかることはないとは思うが・・・
薬は朝・夕の2回飲む。
胃に違和感がなくなるまで、これを続け・・・
治ったかな?・・・と思っても薬を飲むのを止めず、今度は1日に1回に減らして1週間飲み続けること、と医者から言われた・・・・
じゃぁ、やっぱり30日分ぐらい薬は処方してもらったほうがいいな。(苦笑)
もし、1日に1回に減らした胃痛が再発したら、再び1日2回に戻すこと、とのこと・・・
もし、薬が余っても、1年くらいはもつので、そのまま保管して、また胃痛が起こったら飲むようにとのこと・・・
じゃぁ、やっぱり30日分は必要だな。(笑)

なにせ、拙者の胃痛は頑固なのである。(苦笑)
どうも胃が荒れやすいのかなぁ~
過去にピロリ菌を殺す薬を飲んだことがあるが、1回目で死なず、2回目も死なず・・・
結局、諦めたことがあるくらい、わが胃痛は頑固なのである。(苦笑)

さて・・・これからの30日間で、今度はうまく治ってくれるか・・・楽しみである。(大笑)

日記 | 20:45:25 | Comments(0)
『消えゆく太平洋戦争の戦跡』


はじめに

第1部 太平洋の島々

ハワイ
日米戦のシンボルとなった真珠湾
     (安島太佳由・写真家)
 奇襲攻撃でアメリカが参戦決意
 開戦と終戦を象徴する戦艦2隻
 疎開船を撃沈した潜水艦
 犠牲者の無念を抱いて

ガダルカナル
“帝国陸軍の墓地”と評される「餓島」
     (笹 幸恵・ジャーナリスト)
 戦死者の約6割が戦病死
 飛行場奪還のための総攻撃
 制海権を奪われ補給困難に
 島の各地に建つ慰霊碑
 急速に近代化するガダルカナル

ニュージョージア
2ヵ月以上にわたりムンダ基地を防衛
     (笹 幸恵・ジャーナリスト)
 執拗な反撃で米兵がノイローゼ
 父の飯盒お発見した「トコロ・ヒル」

キリバス共和国
気候変動で国が存亡の危機に
     (ケンタロ・オノ・キリバス共和国名誉領事・大使顧問)
 白い砂浜と美しい海
 生活の一部となって残る戦跡
 『当たり前の生活』を失う危機
 【マキン・タラワの戦いとオーシャン島事件】

マーシャル諸島
住民の生活に溶け込んで「保存」されている戦跡
     (黒崎岳大・太平洋諸島センター)
 はじめに
 ジャルート環礁
 ウォッチェ環礁
 【クェゼリンの戦い】

チューク諸島
大空襲で壊滅した日本海軍の一大根拠地
     (西牟田靖・ノンフィクション・ライター)
 鬱蒼としたジャングルの島
 日本海軍の一大拠点として栄える
 繁栄の跡をかすかにしのばせる島
 戦後アメリカは復興を放置
 大空襲を昨日のように覚えている
 多くの艦船が沈む海中戦跡公園

ニューギニア
地上と空で展開した壮絶な消耗戦
     (田中宏巳・防衛大学校名誉教授)
 東部と西部に分かれる守備隊
 最大の航空消耗戦の戦場
 山岳地・沼沢地を彷徨

ニューブリテン島ラバウル
南太平洋最大の軍事拠点
     (井上達昭)
 火山の噴火で壊滅的被害
 栄光の「ラバウル航空隊」
 補給路を断たれ現地自活
 ラバウル戦跡の今
   南太平洋戦没者の碑
   小牧丸桟橋
   駆逐艦「涼波」マスト
   東・西飛行場跡
   山本バンカー(南東方面艦隊前進指揮所)
   マルマルアン展望台
   ココポ
   ココポからラバウルへ
 【ラバウル市内に残る戦跡】

ブーゲンビル
ガ島攻撃の拠点となった墳墓の島
     (井上達昭)
 帝国主義で策定された国境線
 内戦の末、自治政府が成立
 山本長官機の撃墜
 制海権を奪われ『墓島』と化す
 ブーゲンビル戦跡の今
   ブカ島
   タリナ地区
   ヌマヌマ
   キエタ
   ブイン
   山本長官機
   ショートランド諸島、ファウロ諸島

【コラム】 オーストラリア
オペラハウスを見つめる慰霊碑
     (久保田誠一・ジャーナリスト)
 シドニー湾に侵入した特殊潜航艇
 行方不明の一艇が発見される

サイパン
観光客に席巻される数多の戦跡
     (平塚敏克・太平洋戦争研究会)
 サイパン国際空港周辺
 サイパンの中心地ガラパン
 海底に沈む「松安丸」と二式大艇
 「軍艦島」と呼ばれたマニャガハ島
 ラウンディングビーチ
 バンザイ突撃の現場タナパグ
 「バンザイクリフ」マッピ岬周辺
 いわゆる「ラストコマンドポスト」
 洞窟の中のマリア像
 日本人客が減ったサイパン
 【ラストコマンドポスト】

テニアン
原爆を搭載したB29が出撃した島
     (平塚敏克・太平洋戦争研究会)
 米軍が上陸した島の北端
 ノースフィールド飛行場跡
 第1航空艦隊司令部
 鳥居が残る日之出神社
 密林に覆われた日本人村
 わずかに痕跡の残るテニアン町
 自殺の丘スーサイドクリフ

グアム
戦闘初日に壊滅状態になった日本軍守備隊
     (平塚柾緒・太平洋戦争研究会)
 猛烈な砲爆撃後の敵前上陸作戦
 初日で壊滅した歩兵第38連隊
 自決者相次ぐ断末魔の戦場
 「子供は海へ投げ捨てろ!」
 【太平洋戦争国立歴史公園となったアサンビーチ】
 【アプラ湾に沈む東海丸】
 【平和慰霊公苑】

パラオ共和国
全島要塞化で米軍に徹底抗戦したペリリュー、アンガウル島
     (平塚柾緒・太平洋戦争研究会)
 島全体が戦争遺跡のペリリュー島
 日本の「不沈空母」を奪取せよ
 米第一陣を撃退した西地区隊
 米軍を圧倒したゲリラ戦
 1大隊対1師団のアンガウル島
 【アンガウル島の戦跡】

【コラム】 アッツ・キスカ
初めて「玉砕」が用いられたアッツ島
     (文・編集部)
 アメリカの海洋自然保護区に

第2部 東南アジア(大陸部)

インドネシア
ビアク島にねむる未帰還兵の遺体
     (安島太佳由・写真家)
 「ジャワは天国」?
 ビアク島の戦い
 ビアク島の遺骨収集
 1000人が焼死した西洞窟
 荼毘に付され日本へ帰還
 遠く離れた地で日本を思う
 【インドネシア各地に残る戦跡】

インド インパール
遺骨収集団も来ない村で発見された日本兵の遺骨
     (松林要樹・映画監督)
 71年後に激戦の地に立つ
 兵站軽視のインパール作戦
 日本軍を案内した老人に会う
 サンジャック村での激戦
 日本文化に似通ったインパール
 460人が玉砕した「レッドヒル」
 413分の10

タイ
泰緬鉄道の贖罪に人生をかけた元陸軍通訳
     (満田康弘・瀬戸内海放送)
 多くの犠牲を出した「死の鉄道」
 人生を決定づけた墓地捜索隊
 戦争墓地での不思議な体験
 元捕虜たちの思い
 飯盒一杯の米とザラメ砂糖
 クワイ河にかかる虹

フィリピン
太平洋戦争で最大の犠牲を出した戦場
     (澤田公伸・まにら新聞)
 日本軍占領後、傀儡政府が誕生
 天皇も思いを馳せたマニラ市街戦
 オノダ・トレイルで観光客誘致
 観光資源に無関心な隣町

【写真構成】 マレーシア
 ラブアン島の平和公園

【写真構成】 シンガポール
 バトルボックス

【写真構成】 中国

【写真構成】 韓国

第3部 日本国内

日本列島
戦闘がなかった日本列島にも残る戦争の痕跡
     (栗原俊雄・毎日新聞記者)
 戦跡が残る三つの条件
 東大和市の日立航空機変電所
 上野駅の地下道
 日吉の連合艦隊司令部跡
 登戸研究所
 終わりに
 【日立航空機変電所と給水塔】
 【日吉の連合艦隊司令部跡】
 【陸軍登戸研究所の史跡】
 【日本の戦争遺跡所在地】

硫黄島
基地と戦跡と墓場しかない島
     (西牟田靖・ノンフィクション・ライター)
 一般人上陸禁止の島
 戦争被害を覆い隠すギンムネの木
 死傷者数で米軍が上回った戦場
 堅牢だが何もない栗林壕
 摺鉢山の星条旗の真相
 今も過半数の遺骨が残る

沖縄
多くの県民が犠牲となった地上戦の禍々しい痕跡
     (高橋哲朗・ライター・編集者)
 持久戦を物語る地下壕
 巨大な地下空間の海軍司令部壕
 普天間基地を望む激戦地跡
 首里城下の第32軍司令部壕
 負傷兵の治療もガマや横穴で
 避難生活の跡を残すガマ
 各地のガマで「集団自決」
 離島にも特攻艇の秘匿壕
 【豊見城の海軍司令部壕】
 【沖縄戦の経緯】
 【首里の第32軍司令部壕】
 【集団自決の地】
 【読谷村の特攻艇秘匿壕】

沖縄・海中戦跡
海の底に眠る戦争の痕跡
     (杉浦 武・旭潜水技研)
 水深60メートルの世界で
 視界の先に突然現れたコルセア
 コルセアのパイロットはどこに?
 異様な雰囲気を漂わせる米軍艦
 エモンズを撃沈した特攻機
 オーストラリアでの日々
 日本人の将来のための戦跡調査
 海中戦跡の「オイル問題」
 【発見されたコルセア】
 【古宇利島沖に眠る掃海駆逐艦エモンズ】
 【エモンズの近くで発見された特攻機】

対談
安島太佳由・栗原俊雄
戦跡が語りかけるもの
     (進行・構成 水島吉隆)
 戦跡取材のきっかけ
 戦争は語り継げない?
 海外での現地の視点
 戦跡が残る条件
 戦争はまだ続いている
 戦跡を訪ねる意味


本書は3年ほど前に発行された本なので、先日読んだ『太平洋戦跡慰霊総覧』よりは新しい本なので、情報も少しは新しいと思うが、面白いことに本書は17人の書き手によって構成されている。
その中の一人、写真家の安島さんには以前、韓国の済州島の戦跡をご案内していただいたことがある。
あら・・・お懐かしい・・・(笑)
17人全員が「戦史研究家」または「戦跡研究家」というわけではないので、そのせいなのかもしれないが・・・
高射砲の写真に「機関砲」というキャプションが付いたり、水陸両用戦車の写真に「装甲車」のキャプションなどがつけられていたりと初歩的な間違いが見受けられる。
著者のせいなのか、それとも編集者のせいなのか・・・
初歩的な間違いだから、“ご愛敬”ということでもいいかもしれないが・・・(苦笑)

自分が行ったことのある場所の記事や写真は懐かしかった・・・
サイパン島などは25年ぐらい前に行ったきりなので、機会があったらまた行ってみたいものである。(笑)
今まで行ったことのない場所には、当然、行ってみたいが・・・たぶん、無理だろうなぁ~
気力と体力と資金に不安が・・・(大笑)


今年の読書:43冊目



読書 | 16:12:18 | Comments(0)