FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

伯母が亡くなった・・・(涙)
今日の午前1時過ぎに、母の姉である伯母が亡くなった・・・
92歳であるが・・・なんと!今日が誕生日・・・
誕生日を迎えた日に息を引き取ったのである。
というわけで・・・満92歳である。
いやぁ~なんだろう、そのタイミング・・・・
なかなか自分の誕生日に亡くなる人っていないのではなかろうか?

伯母は上品な人だった。
物腰も話し方も上品で、そんじょそこらの“上品ぶっている”人とは全く違う。(苦笑)
誰もが「皇室の方ですか?」と尋ねてくるくらいの人だった。
拙者が子供の頃、伯母と美智子妃殿下の区別がつかなかったくらいである。(大笑)
よく似ていた・・・(笑)
三笠宮崇仁殿下が100歳でお亡くなりになった時、第一報を入れてくれたのは伯母である。
その時、拙者はフィリピンにいたので、留守録を聞いて知ったのである。
直ぐには帰国できず残念だったが・・・
あの時の伯母からのメッセージ・・・保存しておけば良かったと今頃になって後悔している。
あの話し方、声・・・残しておきたかったなぁ~(伯母は照れるだろうけど・・・)(大笑)

今年の夏から体調が思わしくなく入退院を繰り返している話は聞いていた。
昨年末に、年を越せるだろうかと心配していたが・・・
まさか、年を越して、誕生日に息を引き取るとはねぇ~
苦しむこともなく、静かに息を引き取ったというので安心した。

不思議なことに、伯母が拙者の名を呼ぶときの、いつもの声が聞こえてくる。

スポンサーサイト



日記 | 13:39:22 | Comments(0)