FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

大洗磯前神社
026_convert_20200115095312.jpg

大洗磯前神社

御鎮座
当神社の御創立は文徳実録の記す処によれば、斉衡3年(856)と云われておりますから今(平成31年)を去る1163年前の事であります。
文徳実録斉衡3年12月戊戌(29日)の條に、「常陸国上言鹿島郡大洗磯前有神新降云云」とその状を事細かに記してあります。
全国に名社、大社と云われる神社が数多くありますが、当社の様に御創立の年代の明確な御社は稀であります。

御祭神と御神徳
御祭神は文徳実録に「大奈母知、少比古奈命也」とありまして、大奈母知は大己貴命、即ち大国主神にして、日本書紀には素戔鳴尊の5世の孫と云い、古事記にはその御子神と記してあります。
大国主神、大物主神、葦原醜男神、八千戈神など数多の御名があり常に少彦名命と二柱相並び御出現になり、御神徳を顕されております。

少彦名命は高皇産霊神の御子神と記されてあります。
大己貴命は国土を開拓し殖産興業に力を尽し人々の生活の基礎を築き、少彦名命と共に山野に薬草を求めて、病難に苦しむ人々を治療し又禁厭(まじない)の法を定めて、民の災禍を防ぐ等、国土の経営と民生の安定を計り徳望高く人々は深くその恩恵を蒙っておりました。

御由緒
文徳実録の記録によれば斉衡3年常陸国鹿島郡大洗の里に御出現になり給いし時、里人の一人が神がかりして人々に教えられました。
「我は大奈母知(オオナモチ)・少比古奈命(スクナヒコナノミコト)也(なり)。昔この国を造り常世の国に去ったが、東国の人々の難儀を救う為に再びこの地に帰って来た」と仰せられました。
当時の記録によると度々地震が発生し人心動揺し、国内が乱れておりました。
二柱の大神はこうした混乱を鎮め人々を苦しみから救う為に降臨されたのです。

即ち大洗磯前神社は御創立の当初から関東一円の総守護神として、大神様御自ら此の大洗の地を選び御鎮座になったのであります。
翌天安元年(857)8月7日官社に列せられ、次いで10月15日には「大洗磯前薬師菩薩名神」の称号を賜りました。
当時国司の上奏から8カ月で此の待遇に預ると云う事は破格の事でありまして、如何に御神徳が顕著であったかを知る事が出来ます。
延喜の制当社を名神大社に列せられ東国の大社として祀田千石を領し祠宇宏壮にして、遠近の信仰を集めて栄えておりましたが、残念な事に永禄中、小田氏治の兵乱に際しその難を蒙り、御社殿以下の諸建造物は悉く焼失し爾来一小社に辛うじて祭祀を続けて来ました。

水戸藩2代藩主徳川光圀公は由緒深き名社の荒廃を見るに忍びず、元禄3年御造営の工を起し、次いで3代藩主綱條公に至り本殿、拝殿、神門に至るまで建造の工を竣え、名大社にふさわしき輪奐の美を整えました。
爾来歴代の水戸藩主は厚く当社を尊崇し幕末に至りました。
現存する社殿、神門等は当時の建造物で社殿の彫刻と共に徳川初期を偲ぶに足る文化財として貴重なものです。

明治新政府が、神社制度を定めらるゝや、明治7年9月県社に指定せられ、明治18年4月国幣中社に列せられましたが大東亜戦争終息を機に、神社は未曾有の変革を余儀なくせられ、政教分離の名の下に宗教法人としてのみその存続を容認せられました。
神社が国家の宗祀たりし時代より激動の時代を経て現代に至るまで、当社は人々の厚き信仰に支えられて発展して参りました。
そして悠久の昔より永遠の未来にわたり栄えて行く事でしょう。

(リーフレットより)


【茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890】



スポンサーサイト



史跡 | 14:27:45 | Comments(0)
軍艦那珂忠魂碑
012_convert_20200115094600.jpg

軍艦那珂艦歴

大正14・3・24 進水
仝〃11・30 竣工呉鎮守府所管トシテ艦籍ニ入ル
仝〃12・5 第1艦隊第3戦隊編入南支沿岸台湾方面行動
昭和4・11・30 第1艦隊第1水雷戦隊編入上海方面ニ行動
仝7・1・28 第1次上海事変ニ出動
仝9・11・15 艦籍ヲ横須賀鎮守府所管ニ転籍
仝10・11・15 第2艦隊第2水雷戦隊旗艦トナル
仝11・2・26 二二六事件発生鎮圧ノ為東京品川沖ニ出動
仝14・11・25 第2艦隊第4水雷戦隊旗艦トシテ南支方面行動
仝16・12・7 太平洋戦争比島部隊トシテ比島ルソン島出撃
仝〃 〃 10 ビガン攻略
仝〃 〃 22 同島リンガエン湾大上陸作戦支援部隊デ活躍
仝17・1・7 蘭印部隊トシテ出撃ボルネオタラカン攻略
仝〃 1・21 ボルネオパリクパパン進撃攻略
仝〃 2・27 ジャワ島スラバヤ作戦大船団護衛南進中米英蘭艦隊ヲ迎撃敵艦撃沈大戦果ヲ収メクラガン上陸作戦ヲ成功セシム
仝〃 3・26 印度洋上クリスマス島作戦参加攻略
仝〃 12・8 ジャワ島攻略作戦ノ勲功ニヨリ山本五十六連合艦隊司令長官ヨリ感状授与サル
仝18・4・1 第4艦隊第14戦隊旗艦トナリ南洋トラック島ヲ基地ニ南洋方面作戦特ニ輸送任務ニ活躍
仝〃 11・5 上海方面ヨリラバウル方面ニ陸軍部隊輸送ス ラバウル港ニ於テ敵機部隊ト交戦
仝〃 〃 25 マーシャル群島ポナペ島クエゼリン島クサイ島ミレ島ニ陸軍部隊輸送
仝19・2・17 トラック島ニ来襲敵機動部隊ト応戦同島南西海域ニ於テ9時間ニ及ブ激烈ナル対空戦斗ノ末満身創痍砲は飛散艦首艦橋切断海中ニ歿ス 後進交戦魔ノ紅ノ炎ト化シ遂ニ沈没連合艦隊ノ一翼ノ使命ヲ果シ輝シイ武勲ヲ残シテ終焉

(副碑・碑文より)


【茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890・大洗磯前神社】



史跡 | 11:59:38 | Comments(0)
磯浜古墳群と磯浜海防陣屋跡
009_convert_20200115093210.jpg(後ろの高台)

磯浜古墳群

北太平洋航路上、陸奥(むつ)と坂東(ばんどう)との外洋を結び、那珂川(なかがわ)の水上交通にもアクセスできる大洗町には、海を見下ろす高台に4世紀代の大型の前方後円墳や円墳が造られています。
古墳の形・埴輪(はにわ)を並べた段築(だんちく)・副葬品の内容など、畿内(きない)王権のルールが守られており、中央と関係があった人物の墓であることは間違いありません。
畿内中枢の大王墓(だいおうぼ)に比べると、規模は小さいですが、100m級の前方後円墳や80m級の大型円墳を擁する構成は、坂東の門戸を掌握し、水運力で他を圧倒した、強大な力を持つ被葬者像を描くことができます。

磯浜海防陣屋跡

江戸時代、アメリカやロシアなどの異国の船が沿岸へ接近したり、異人(いじん)が上陸したりするのを防ぐため、水戸藩第9代藩主徳川斉昭(烈公)は、天保年間(1830年代)に入ると、水戸藩沿岸に海防陣屋(かいぼうじんや)や台場(だいば)(砲撃を行う軍事施設)の海防施設を建設していきます。
水戸藩南端の磯浜村・大貫村も警戒の対象となり日下ヶ塚(ひさげつか)(常陸鏡塚・ひたちかがみづか)古墳を再利用し、その南側に磯浜海防陣屋が造成されます。
陣屋には、水戸藩士が常に詰め、大筒(おおづつ)(大砲)や鉄砲などの武器も配備され、警戒にあたりました。

平成26年7月
大洗町教育委員会

008_convert_20200115113714.jpg

(説明板より)


【茨城県東茨城郡大洗町磯浜町2815】



史跡 | 10:50:54 | Comments(0)
24年ぶりの再会・・・
今日、24年ぶりに材料問屋の営業担当者だった“アサダさん”と24年ぶりの再会をすることになっている!
氏は奥さんと一緒に茨城県の大洗に来るという。
そこで一緒に会おうよ!・・・ということになった。
その間を取り持ったのが、同業者の“ツヅキさん”・・・
いつも、年賀状で、「会いましょう」と言いながら、全然実行できなかった。
氏とは拙者が会社を無事に閉めた時(名目上はまだ存続しているが・・・)、倒産させずにうまく処理したコツを教えてくれと拙者に会いに来てくれた時が最後に会った時なので、10年ぶりかな?
お二人と久しぶりの再会である!

彼ら3人は、東京から車に乗って、途中、観光をしながらやって来て、大洗のホテルに一泊すると言うので、拙者も一緒に泊まることにした。

大洗なら、我が家から車で十分行けるのだが・・・
どうも最近、車の運転に自信がない・・・(苦笑)
車を買い替えたら、どうも運転の勘が冴えないので不安で仕方がないのである。(大汗)
これは加齢のせいか?(大笑)
移動途中で事故でも起こしたら大変なので、電車に乗って行ってみることにした。(笑)

常磐線「水戸駅」から鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗って大洗に向かう。
生れて初めて乗る電車である。(笑)
常磐線の隣りのホームなのは以前から知っていたが・・・
すんなりと乗り換えることが出来るかと思ったら、そうでもなさそうで・・・(汗)
スイカ・カードが使えそうもないので、一度、水戸駅の改札を出て、改めて切符を買って再び改札を通る。

電車は田舎の田園地帯を走る・・・(大笑)
30分もかからず大洗駅に到着!

005_convert_20200114112309.jpg(大洗駅)

駅からホテルまでは、かなり離れているようである。
タクシーで向かうのもいいが、折角であるから徒歩で散歩がてらホテルに向かう。
見知らぬ街を歩くというのも、また楽しいものである。

途中、「磯浜古墳群」と「磯浜海防陣屋跡」の史跡の説明板を見かけた。
へぇ~こんなところに海防陣屋なんかがあったんだ・・・

009_convert_20200115093210.jpg
(後ろの高台が陣屋跡)

こういう思わぬ出会いがあるから、ぶらぶら歩くのは楽しい・・・(大喜)
40分ほど歩くと、目の前に「大洗磯前神社」の大鳥居が現れた。

010_convert_20200115093615.jpg

このすぐ隣に、今晩宿泊予定の「大洗ホテル」がある。
皆との待ち合わせ時間は5時半ごろとのことなので、1時間弱ほど時間がある。
子供の頃、家族で大洗に来たことが少なくとも1回はあったと思うが、この大洗磯前神社にお参りしたという記憶はない。
当時は子供だったから、仮に神社にお参りに来ていたとしても記憶に残るわけはないか・・・(苦笑)
時間もあるので、ちょっとお参りする事にする。
ダラダラ坂を上って初めて目にしたのが、日本海軍の軽巡洋艦「那珂」の忠魂碑である!(大喜)
軽巡「那珂」は、この大洗の近くを流れる「那珂川」の名を取って命名されたので、それでここに忠魂碑が建っているのだろうと思う。

012_convert_20200115094600.jpg(「軍艦那珂忠魂碑」)

頂上の神社には、ほとんど人がいなかった・・・(苦笑)

020_convert_20200115095244.jpg 026_convert_20200115095312.jpg
(大洗磯前神社)

思ったより小さな神社だったので、正直言って拍子抜け・・・(苦笑)
当然・・・過去に訪れたという記憶は全くない・・・

028_convert_20200115095334.jpg

この社殿の彫り物・・・すばらしいなぁ~(喜)

ここを参拝中、拙者の携帯が鳴った・・・
「どこにいるの?もうチェックインを済ませたよ~」のお電話である。(笑)
あらあら・・・当初の予定より早く到着したらしい。
「目と鼻のところにいます!10分以内に到着します!」(大笑)
急いで丘を降りてホテルに向かう。

029_convert_20200115100209.jpg(大洗ホテル)

24年ぶりの再会は・・・ドキドキである!(大汗)
顔を合わせた瞬間、“アサダさん”から「変わってねぇなぁ~!」と言われた・・・(苦笑)
そんなことないと思うんだけどなぁ~24年も経っているんだからさぁ~(苦笑)
「いやぁ~久しぶり!嬉しいなぁ~!」の連呼・・・
二人とも喜んでくれたのでホッとした・・・
奥さんに初対面のご挨拶をして、早速、夕食会。
ホテル内の食堂でバイキング料理・・・
実は、食事については全く期待していなかったのだが、予想に反して、美味しいのである!(大笑)
うそでしょ?・・・というくらい美味しかったのには驚いた。
期待していなかったなんて、ホテルに失礼千万・・・申し訳なし。
お喋りに花が咲いたが・・・・
昔話もさることながら、話題はいつの間にか、年金と健康の話になってしまう・・・(大笑)
“アサダさん”は拙者より6歳年上で、今年、定年である。
“ツヅキさん”はもっと年上・・・(大笑)
う~ん・・・・我々はいつの間にか、こんな話題をするような歳になったかなぁ~(大笑)

食事を終えて、部屋に戻って酒盛り!(苦笑)
拙者は、あまり酒は飲まないんですけど・・・・(大汗)
「え?・・・そうだっけ?」と言われ・・・
「24年経ったら忘れちゃったんですか?」(大笑)

楽しい時間はあっという間に過ぎる・・・・

日記 | 10:38:47 | Comments(0)
ガスファンヒーター総点検!
以前から気になっていたこと・・・
それは我が家のガスファンヒーターの調子がおかしいということ。(汗)
それも・・・3台!(笑)

そこで、冬が来る前に点検しておいた方がいいと思い、ガス会社から担当者に来てもらった。
まず1台目・・・
点火して15分程度経つと、頭痛がしてくる・・・そして微かにガスの臭いも・・・
で・・・検査してもらったのだが、不完全燃焼もしていないしガス漏れもしていないという。
あれ?・・・・である。(大汗)

次の2台目・・・
設定温度を20℃にしても、どんどん温度が上がって26℃くらいになってしまう。
たぶんセンサーの故障ではないかと思い点検してもらったのだが・・・
これまた異状なし!(唖然)
原因は・・・我が部屋の断熱効果が良すぎるんじゃないかとのこと。(うそぉ~)
古い型なので、設定温度に達すると燃焼が消えるというものではなく、設定温度に達すると、燃焼が最小になってチョロチョロと燃えているのだそうだ。
そのため、どんどん温度が上がってしまうらしい。
下がらないのは部屋の断熱効果が高いから一度部屋が温まると、その温かさが維持されているからだろうという。
ということで問題なし・・・(苦笑)

3台目は点火スイッチの接触不良である。
ボタンを押してもなかなか点火せず、ボタンを押してもなかなか消火しない。
点火しないのは許せるとして、消火できないというのではマズイ・・・
で・・・この担当者がやってみたら・・・何の問題もなく点火も消火もできるのである。(唖然)
拙者もやってみたら、一発点火、一発で消火・・・(唖然)
「いやぁ~何度も押して、やっと点火・・・っていう感じだったんですけど・・・」(苦笑)
「いや、スムーズですねぇ~何の問題もないですよ」と担当者・・・
“狐につままれた”感じである・・・あぜ~ん・・・・
おかしいなぁ~????

結局、3台とも何の問題もなし・・・
わざわざ来ていただいたのに申し訳なし・・・である。

さらに、機械の内部を見た担当者から「いやぁ~綺麗に使っていますねぇ~」と言われたのには驚いた。
本来ならかなり埃が溜まっていたりして汚れているのが普通なのだそうだ。
いや・・・拙者は機械の内部まで掃除したことはありませんが・・・(汗)
しかも、どのヒーターも古いのである。
一番古いのは製造して19年も経っている代物である。(苦笑)
「じゃぁ、こまめにフィルターを掃除しているからですね?」と担当者・・・
「いや・・・そんなに、こまめに掃除なんてしてませんが・・・」(汗)
「じゃぁ、お部屋自体に埃が少ないんですね。よくお部屋を掃除しているからですよ」と担当者・・・
「いやぁ・・・部屋の掃除なんて滅多にしないんですけど・・・」(大汗)

おかしい・・・本当に狐に化かされた気分である。

機器の点検を頼んだのは、今回が初めてである。
にもかかわらず、内部は綺麗だわ、スイッチは新しいものに交換したように調子がいいわ・・・おかしいだろ、これ・・・
あれれ?
もしかして、去年あたりに一度点検整備をしてもらったかな?
いやいや、そういう記憶は拙者にはない・・・(大汗)
それともボケちゃって忘れてる?(大汗)

問題がなくて良かったことは良かったのだが・・・なんとも気味が悪い・・・(大笑)

日記 | 21:42:31 | Comments(0)
『南洋政治地理史考』
img010.jpg

『南洋政治地理史考』
著作者 白坂義直
発行所 田中誠光堂
昭和18年3月20日 初版發行(初版3,000部)
定價 金貮圓貮拾銭

第1章 著者の言葉

第2章 南洋前史時代人類の分岐

第3章 三世紀南洋諸國地史

第4章 七世紀南洋諸國地史

第5章 十三及十四世紀南洋政治地圖

第6章 十四世紀満者伯夷帝國

第7章 十六世紀南洋政治の變轉

第8章 十八世紀南洋史地圖

第9章 十九世紀南洋政治地史

第10章 日本の成長

第11章 印度民族地理

第12章 現代豪洲及新紐蘭

第13章 泰國失地史

第14章 舊英領馬来民族行政地圖

第15章 現代南洋民族文化地圖

第16章 南洋各地人口密度

第17章 現代南洋華僑分布圖

第19章 南洋民族地圖

第20章 比律賓民族地圖

第21章 近世南洋に於ける民族の移動

第22章 南洋経済地圖
       第1 資源
       第2 投資

第23章 南洋各地交通量

第24章 世界史上之六大帝國

第25章 日本之成長と東亞之發展

地圖
    古代 前史時代人類之分布
    古代 三世紀南洋諸國地史
    古代 七世紀南洋諸國及交通
    古代 古代爪哇諸國

    中世 十三世紀南洋政治地史
    中世 十四世紀南洋諸國
    中世 十五世紀末南洋回教諸國
    中世 十六世紀南洋政治地圖
    中世 アメリカの發見

    近世 十八世紀南洋政治地史
    近世 十九世紀南洋政治地史
    近世 近世南洋民族移動圖

    現代 英國の印度洋帝國
    現代 印度行政區分及人口
    現代 印度交通地圖
    現代 1903年に於ける馬来半島
    現代 舊英領馬来行政地圖
    現代 泰國失地圖
    現代 比律賓行政區分
    現代 比律賓人口及密度
    現代 ミンダナヲ可耕地域
    現代 現代華僑分布及投資圖
    現代 豪洲及新西蘭地方別人口及密度
    現代 南洋各地人口密度及都市人口
    現代 南洋民族地圖
    現代 現代南洋宗教地圖
    現代 南洋文化地圖
    現代 南洋経済地圖
    現代 南洋航空線
    現代 太平洋船舶交通量
    現代 南洋各地交通量概圖
    現代 日本之成長と東亞之發展
    現代 現代世界之鼎立闘争
    現代 世界史上之六大帝國


本書は昭和18年に出版された本・・・
内容的には、大学の教科書かな?・・・という感じであるので、ちょっと難解な部分が多いが・・・
結構面白かった。
収録されている地図類は縮小されたもののようなので、ちょっと見づらいが、貴重な資料であると思う。


今年の読書:50冊目



読書 | 00:07:43 | Comments(0)