FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『WiLL 2019年4月号』




久しぶりに買ってみた・・・(笑)
まぁ、盛沢山で読むのが大変だが・・・
私が読んだ主な記事は以下・・・


辻元・前原・菅
外国人献金 悪魔のトリオじゃないか!
辻元はなぜ責任をとらないのか。枝野になぜ任命責任を問わないのか・・・
悪夢の連鎖!?
     高山正之(ジャーナリスト)
     阿比留瑠比(産経新聞論説委員)

私もやられた
盗っ人・ファーウェイの汚い手口
4年間副社長として支えてくれた女性が、ある日突然、失踪。
事のテンマツは・・・・
     深田萌絵(ITビジネスアナリスト)

日韓友好は朝日新聞に聞け
北朝鮮と統一されたら、まず粛清されるのは文在寅なのに・・・
     武藤正敏(元韓国大使)
     佐々木類」(産経新聞論説副委員長)

文在寅は北朝鮮のブラックホールに呑まれる
文政権下で行政、司法、メディアから保守派=親日派が徹底排除されている
     櫻井よしこ(ジャーナリスト)
     李 相哲(龍谷大学教授)
     杉田水脈(衆議院議員)

韓国が敵国になる日がみえてきた
文在寅左翼政権が望むのは南北の完全統一。
その先に待っているのは核兵器を持った統一朝鮮国か
     松木國俊(朝鮮近現代史研究所所長)

行って見た韓国
文在寅も問題人も同じムンジェイン
相手国の想像力もやっていることの自覚もない。
この国につける薬ナシ
     大野敏明(評論家)

櫻井よしこ勝訴報道
AP山口真理記者のトンデモ記事
判決の趣旨も全く理解できない上に論点までスリカエた仰天記事にアングリ!
     山岡鉄秀(公益財団法人モラロジー研究所研究員)

反日・侮日キャンペーンの元凶を名指す
日本の漫画やアニメ、映画、インターネット上で「旭日旗」と少しでも似ていたら、すぐさま糾弾する。
その流れの始まりは・・・・
     藤井実彦(論破プロジェクト実行委員長)

アイヌ新法―どんだけ危険か
アイヌ政策総合担当大臣なんていうポストが知らぬまに誕生、さらに・・・・
     藤井厳喜(国際政治学者)
     砂澤 陣(工芸家)

NHKへの公開状  AIの答えは
「NHKサン、ソレハトーサク、トーヨーデス」
     有馬哲夫(早稲田大学教授)

伊藤忠社員が拘束!
丹羽宇一郎 中国ベッタリの悲劇
―(大学の)予算に限りがあるのなら、思い切って中国と共同研究、共同開発に踏み切るのもひとつの道ではないか。
     大高未貴(ジャーナリスト)

欧米の中国包囲網に日本は―
米国についで欧州も中国の危険に目覚めたのに、日本の甘さが目立つ―
     河添恵子(ノンフィクション作家)

財界に問う
今が商機!?正気の沙汰か
米中貿易戦争下の中国に恩を売る―今が商機!―正気かネ!?
     宇田川敬介(ジャーナリスト)

日本はなぜ沈黙するのか
ウイグルで起きている今世紀最大の民族浄化
習近平の三代悪代官の筆頭・陳全国こそ21世紀の極悪人!
     福島香織(ジャーナリスト)

日本はなぜ沈黙するのか
カシュガル空港の臓器専用通路の意味
中国はいま法輪功の信徒やウイグル人から強制的に臓器を収奪しているのだ!
     野村旗守(著述業)

押しつけられた「これでもか」の反日教育
「君が代」隠し、腫れ上がった慰安婦の陰部、「植民地」と記入させるテスト・・・・
     深田萌絵(ITビジネスアナリスト)
     小林ゆみ(杉並区議会議員)

逮捕者30人超
関西の闇―関西生コンって何だ!?
社民党・福島瑞穂議員の名前もチラつく関西生コン事件。
大手メディアは何故ダンマリなのか―
     須田慎一郎(ジャーナリスト)

『日産自動車極秘ファイル2300枚』の著者が語る
日産の失敗と再生への道
日産は塩路一郎に次いでなぜ2人目の独裁者を迎えることになったのか
     川勝宣昭(経営コンサルタント)

真珠湾攻撃の可能性を報じた地元メディア(1)
来週末、日本が攻撃してくる―
地元ハワイの新聞は1週間前に攻撃の可能性を報じていた!
     渡辺惣樹(日米近現代史研究家)


今年の読書:20冊目



スポンサーサイト



読書 | 23:04:55 | Comments(0)
所在不明の留学生が1400人!
東京福祉大で留学生が相次いで所在不明となっているという。
同大によると、平成28年以降、留学生約1400人が所在不明だということが判明し、文科省に「除籍」として報告しているという。
「除籍」で済まされない問題だと思いますが・・・(大汗)

この問題に対して文科省と東京入国管理局が連携して同大に「実地調査」に入ったという。
「実地調査」って・・・留学生は所在不明なんでしょ?
何を調査するんだろう?(苦笑)

この問題が確認された場合、法務省としては同大への留学生に対する在留資格審査の厳格化を「検討」しているという。
「検討」なのである・・・相変わらず・・・
素人が見たって、この「留学生」というのは、勉学のための来日ではなく不法就労が目的なのは明らかではなかろうか?
東京福祉大はカネ欲しさに留学生を集め・・・
「留学生」はカネを払えば簡単に「留学」として来日出来て、あとは適当な時期に姿をくらまし、先に在留している外国人の「斡旋」でカネを稼ぐ・・・
どこかで見つかるまで稼ぎに稼ぎまくって実家に仕送りして、見つかったら「強制送還」で帰国する・・・
そういう構図が見え見えではなかろうか?(大汗)

文科省も法務省も少し甘いんじゃなかろうか?
東京福祉大は、誰に対して「福祉」しているのやら・・・(大汗)

不法滞在の「元留学生」は、行き詰れば犯罪でも何でもしてカネを手に入れようとするだろう。
日本国民にとっては、いい迷惑である・・・・
元留学生による犯罪が起こったら、東京福祉大を、犯罪の「幇助」ということで厳罰に処すべきかも・・・(苦笑)

エッセイ | 22:12:23 | Comments(0)
電子戦の訓練が出来ない?(唖然)
自衛隊が沖縄県の離島への中国の侵攻を想定した電波妨害訓練を行えないでいるという。(唖然)
自衛隊は5年ほど前から沖縄の宮古島、石垣島で電波妨害の訓練を計画し、陸上自衛隊は島に上陸した敵の情報通信やレーダーと同じ周波数の電波をぶつけるという「干渉」により、無力化する訓練を想定していたらしいが・・・
その訓練ができないのは、計画地の近くに携帯電話基地局があるためだという。
電波は周波数や山などの地形で伝わり方が違うので、どうしても現地で訓練をしなくては意味がない。
ところが、携帯事業者が使用している周波数と、自衛隊が訓練で使用する周波数(敵が使用するであろう周波数)がほぼ同じ周波数のため、この基地局近くで訓練を行えば混信が起こり携帯電話が使えなくなる恐れがあるという。
そのため、電波法を所管する総務省では、宮古島、石垣島での電波妨害訓練を承認していないという。

中国やロシアが電子戦を重視していることから、自衛隊では電子戦能力を強化したいのだが、総務省の承認が得られない状態が続いていて訓練できないというのだから驚きである。
5年前から計画しているのに、今もって実行できないとは・・・
まぁ、なんとノンビリしていることか・・・
「平和ボケ」もここに極まれり・・・である。(大汗)

干渉しかねない基地局と地域を限定して、訓練期間も限定して、1日に数回、1時間だけとか、携帯電話の使用を制限するようにすれば、少しくらいは訓練ができるのではないかと素人の私は思うのだが・・・
そんなものでは駄目なのか?
それとも事前に訓練時間や訓練場所を公表したのでは、訓練内容が敵に筒抜けになるからできないのか?

自衛隊としては、訓練していないから有事の際はお手上げです・・・とは言えないよなぁ~(苦笑)
宮古島や石垣島の人たちに一時的に多少の不便を強いることになるが、オープンにして理解を求めるようにできないのだろうか?
地元の住民が承諾すれば、総務省でも周波数の使用の承認は出せるんじゃなかろうか?
それとも、宮古島や石垣島が侵略される事なんかありえない・・・と思っている人が多いのか?(汗)
いざとなったら、離島の場合は自衛隊だけが頼りということになると思うんですけど・・・
そう考えたら、普段から万が一の備えはしておいた方がいいと思うんですけど・・・
いざとなってから、なんとかしてくれと泣きつかれても自衛隊としては困るだろうねぇ~(大汗)

「備えあれば憂いなし」の言葉を、もう一度よく考えた方がいいんじゃないか?

エッセイ | 22:10:04 | Comments(0)