FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

フィリピンで「はしか」が猛威!
現在、フィリピンでは「はしか」が猛威を振るっているという。
フィリピンの保健省によれば、今年に入って(まだ2ヶ月しかたっていないが・・・)約8400人の発症が確認され、そのうち136人が死亡しているという。(大汗)

当初は、ルソン島北部での感染例が多かったそうだが、その後、南部のミンダナオ島にまで広がっているそうである。
「はしか」は空気感染するので、当然だろう・・・

日本でも「はしか」の患者数が急増中だという。(大汗)
フィリピンから日本に帰国後に感染が判明したケースもあるというが、だからと言ってフィリピンが感染源だとは言えないだろうが・・・(苦笑)
問題は、空気感染するという点・・・
横浜の例を取ると、フィリピンから帰国した「はしか」に感染していた女性・・・
成田空港からバスで横浜に向かい、その後、東急東横線に乗っていた。
同じ空間にいるだけで感染してしまうので、この女性がいた同時刻に、成田空港、シャトルバス、電車に乗っていた人は感染している可能性があるという。
いやはや、こうなると、ほとんど「テロ」に近い・・・(大汗)

海外からの観光客誘致に躍起となっているが、同時に病原菌もやってくるリスクは覚悟した方がいい。
特に衛生状況の悪い国からの外国人入国者には注意した方がいいと思うが・・・
「要注意」もしくは「排除」「入国拒否」となると、差別だとして騒ぐ連中が出てくるだろう。
「はしか」は肺炎など重症化する病気で、最悪、死に至るわけで・・・
「心優しい」のも結構だが、死に至らしめられたのでは堪ったものではない。
水際で防ぐ「検疫」は強化すべきだろうなぁ~

昔のように船によるしか海外との門戸が開かれていない場合は、船内に一時隔離して、上陸させないという方法も取れるし、もれなく「検疫」も出来ただろうが・・・
飛行機の場合は、ちょっと難しいだろう。
スムーズに入出国することが「良いこと」とされている。
羽田空港などは、入国してすぐ目の前が電車のホームだったりするわけで・・・
あれよあれよという間に感染者が電車に乗って東京都内に散らばって行くから防ぎようがないかも・・・
何か新たな「検疫」方法・・・たとえば、空港内の通路にゲートを設けて、一歩立ち止まった瞬間に自動的に検疫できるとか・・・
今からそういう対策を検討しないと、大事件に発展してからでは、もう手遅れである。
それでなくとも若者の人口が減っているわけですから・・・
家から外に出ない高齢者は感染せず生き残り、アクティブに外で活動する若者だけが感染して全滅ということも起こるかも。(大笑)

病原菌を恐れて外国人の入国を禁止しても、日本人観光客が海外から持ち込むことも当然あるわけで・・・
まさか、「鎖国」をするわけにはいくまいから、多少は不便になっても、「検疫」は必要だ。
絶対、立ち止まる場所・・・・といえば、入出国の審査場・・・
パスポートを渡して、少しの間、立ち止まっていなければならないわけだから・・・
この間を利用して、自動的に体温を測定するとか、検査機器に息を吹きかけてもらって、空気感染するような病気にかかっていないかどうかを検査するっていうのはどうだろうか?(苦笑)
どうせ立ち止まらなくちゃならない場所なんだから、1~2分待たされても、それほどの影響はあるまい?(笑)

いまさら「はしか」なんかには罹りたくないなぁ~
人の多い東京に行くのは自粛しようかなぁ~(大笑)
間違っても、フィリピンには、この時期に行かないほうがいいな・・・(大笑)

スポンサーサイト



エッセイ | 22:15:53 | Comments(0)
チャイルドシート着用、ワースト7位!
6歳未満の乳幼児を自動車に同乗させるときは、チャイルドシートの着用が義務付けられているという。
にもかかわらず・・・・
昨年の4月に警察庁とJAF(日本自動車連盟)が合同で行った調査で、我が茨城県では着用率が、56%だったということが分かったそうだ。
全国平均は66.2%だそうで・・・・
よって、我が茨城県は、ワースト7位・・・・
最も着用率が高かったのは、広島県で、それでも86%だったそうである。
2位は岐阜県、3位は山口県と続く・・・
反対にワースト1位は、愛媛県の38.6%だそうである。(唖然)

どうして、こんなに着用率が低いのだろう?
義務と言っても、罰則は減点(1点)だけらしく、反則金はないらしい。
これが、いけないのではなかろうか?
反則金(罰金)を支払わされるとなれば、少しは違うかも?
市販の最高級のチャイルドシートの価格以上の反則金ならば、効果は大きいかも。(笑)

例え、自分が事故を起こさなくとも、事故に巻き込まれるという場合もあるわけで・・・
停車中に後ろから追突されるとか、玉突き衝突に巻き込まれるとか・・・
もしくは、急ブレーキを踏まざるを得ない場合もあるだろうし・・・
そういう時に、子供が吹っ飛んだのでは・・・ねぇ~
悪くすれば死亡・・・・
その時に泣いて後悔しても遅い・・・
仮に死ななくとも、障害者となる可能性もある。
一生、子供に責められ続けることになる。
チャイルドシートの着用を面倒くさがったために・・・

そういうことは、親は考えないのだろうか?
想像力がない?
まぁ、子供を虐待死させる親や、餓死させるような親もいるわけだから、チャイルドシートの着用なんて、するわけがないか?

過去5年間で、茨城県内で交通事故に遭った自動車に乗っていた6歳未満の乳幼児は907人。
そのうち、213人がチャイルドシートをちゃんと着用していなかったという。
で・・・この213人のうち1人が死亡、13人が重傷を負っているという。
死亡したのは2歳の女児だそうで、乗っていた軽乗用車がブロック塀に衝突した際に死亡したという。
運転していた人は死ななかったらしいが・・・一生後悔してもも取り返しはつくまい。

チャイルドシートをちゃんと着用していなかった213人のうち、重傷を負った乳幼児が13人というのを少ないと見るか?
200人は、ちゃんと着用していなくても大した怪我をせずに済んだのだから、そんなにうるさく着用しろと言わなくてもいいんじゃないかと思う人もいるかも・・・(唖然)
しかし、この重傷を負った13人・・・・
後遺症は大丈夫だろうか?
一生残る傷を負ったり、障害が残ったりしたら最悪だよなぁ~
本人(乳幼児)には何の落ち度も罪もないのに・・・・

警察は「必ず着用してください」と呼び掛けているそうだが、呼びかけくらいで改善されるなら苦労はしない。(苦笑)
極端な話・・・(笑)・・・・チャイルドシート未着用での死亡事故の場合、保護者(親)は殺人罪・・・
大けがをした場合は傷害罪、植物人間にでもなってしまった場合は殺人未遂罪で逮捕した方がいいんじゃなかろうか?(大汗)
そういう前例でも作れば、少しは改善されるかも?(苦笑)
何だかんだ言っている割には甘い気がする。
所詮、他人の子だからか?

エッセイ | 22:14:52 | Comments(0)
『二・二六事件 第3巻』
 img238_convert_20190220143030.jpg

第12章 崩壊

第13章 特設軍法会議

第14章 秘密審理

第15章 判決

第16章 終章

2・26事件全3巻・人名索引


今年の読書:12冊目



読書 | 13:25:17 | Comments(0)