FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

北方領土の日
今日は「北方領土の日」だそうだ・・・
全く知らなかったのだが・・・(大汗)

それにしても、なんで2月なんだろう?
第二次大戦でソ連が“北方領土”に攻め込んできたのは、終戦直後の8月28日だったと思うのだが・・・
どうやら、江戸時代に幕府がロシアと国境の取り決めをした日露和親条約が締結されたのが2月7日だったので、2月7日に決めたらしい。
とんでもなく昔の話を持ち出したものである。
終戦時のどさくさ紛れに、かすめ取られたという“恨み”を表に出しちゃマズイということなのかな?
すでに、この段階で“腰が引けている”・・・・(苦笑)

今日は「北方領土返還要求全国大会」というのが開催されるのだそうだ。
「返してくれぇ~」と言ったからって、「はい、わかりました」と素直にロシアが返してくれるとは思えませんが・・・(苦笑)
ロシア人は、自分が手に入れたものを、そうそう簡単には手放さない民族だって、どこかで聞いた覚えがある。
そんなに“お人好し”ではないそうだ。
隙あらば・・・と虎視眈々と他人の土地を狙う“拡張主義”的なところが、ロシアには昔からあるわけで・・・
常に自国の勢力を拡大しようとしていたわけで・・・
だから、日露戦争が起こったんじゃなかろうか?(苦笑)

日本人は真面目で、良識ある、大人しい国民だから・・・(大笑)
筋を通して話をすれば分かってもらえると思っている。
“歴史的事実”をはっきり提示すれば、相手も理解をしてくれると思っているような気がする。
が・・・そういう良識は“曲者”には通じないのは、世の中の常識だし、国際社会の常識ではなかろうか?(汗)

だいたい、竹島を、かすめ取った韓国に手も足も出せないでいるのに、大国・ロシアに何を言っても通じないだろう。(大笑)

武力を含めた国力を背景に、相手を脅すか・・・(苦笑)
相手の弱みに付け込んで、取り戻すか・・・(大笑)
いずれにせよ、「孫子の兵法」的な謀略工作をしない限り返還は無理なんじゃないかなぁ~(苦笑)
「話せばわかる」という感覚だから、何十年経っても進展しないんじゃあるまいか?

いっそのこと、厚顔無恥な中国人を雇って、外務大臣にでもなってもらって交渉した方が話が進むかも・・・(大笑)
「孫子の兵法」の本家だし・・・・実際に現在も実行していて経験豊富だし・・・(大笑)
“恥を知る”真面目な日本人では無理なんじゃなかろうか?(苦笑)

昔の武士のように「やぁ~やぁ~やぁ~我こそは・・・」と名乗りを上げているうちに撃たれちゃう。(大笑)
こちらが名乗りを上げたんだから相手も名乗りを上げると思っている感覚が間違いではなかろうか?(大笑)

例えば・・・
もし、本当に返還された場合、日本は北方領土をどういうふうに使うつもりだろうか?
その構想はあるのだろうか?
「えっ!本当に返してくれるとは思っていませんでした!え~どうしよう・・・」なんてことにはならないよね?(大笑)
「返せ、返せ」と感情論で騒いでいるだけではないでしょうね?
旧島民は島が返還されたら、島に戻って住むのだろうか?
「返還してあげますけど、現在の島民のことはどうしてくれますか?」と尋ねられたらどうするのだろうか?
まさか、返してもらっても、誰も移住せず、その代わりに現在のロシア人島民を追い出したら・・・・
う~ん・・・マズイだろうねぇ~(大汗)
多分、返してもらうことは正しい行為だとしても、国際的には批判を浴びることになり、再び日本は“悪者”に転落するかも。(大汗)

北方領土返還の最大のネックは在日米軍の存在かもしれない。(大汗)
返還したら、その島に米軍がレーダーサイトやミサイル基地を造るかもしれない。
そうなったら、ロシアとしては自国の安全保障上、非常にマズイことになる・・・
ならば・・・返さないよねぇ~(大笑)

ということで・・・在日米軍がいる間は、ロシアは北方領土を返還しないのではなかろうか?
どうしても返還してもらいたかったら、米軍を日本から追い出すしかない。(大汗)
そうなると、米軍を頼らず、自力で自分の国を守る軍事力をもたねばならなくなるだろうし・・・
現在のような、米国の顔色を伺うような外交ではなく、独自の外交が展開できる力を付けねばならないだろう。
憲法改正も必要かも・・・(汗)
つまり、それらが出来て初めて「返還交渉」が出来るんじゃなかろうか?
日本が大きく変わらないと・・・今までと同じ体制では、何十年経っても無理じゃなかろうかという気がしてならない。

水を差すようで申し訳ないが・・・・

スポンサーサイト



エッセイ | 14:08:21 | Comments(0)