FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

皮膚科に行く
この間の日曜日に庭掃除をしていた時の事・・・
作業ズボンの太腿のところにあるポケットに携帯電話を入れて作業をしていた。
と・・・
突然、太腿に激痛が!(驚)
携帯電話が破裂したのかと思った・・・(大汗)
痛いというより、熱い・・・という激痛だった。

慌ててポケットから携帯電話を取り出したが、異常がない・・・・
ポケットの中には何もない・・・
作業ズボンを脱いでみたら、太腿に何かに刺されたような赤いポッチが・・・(汗)
蜂が飛んでいたわけでもなく、どこかで毛虫を見かけてもいない・・・
が・・・何かに刺されたような跡である・・・
念のため、虫刺され用の塗り薬の「ムヒ」を塗っておいたが・・・

なぜか、ここ2日で太腿が赤くはれ始めた・・・(大汗)
しかも、昨日は、突然の動悸と呼吸困難と目眩が・・・(驚)
ん?・・・何かの毒でも回って来たのか?(大汗)

それにしても、何日も経ってから毒が回るというのもおかしい・・・
いくら血の巡りが悪いとはいえ、そんなに時間がかかるわけがない・・・・
が・・・目眩がひどい・・・・
こりゃ、ヤバいかも・・・
救急車を呼ぼうかどうしようか真剣に迷う。
ここで救急車を呼んで、もし、数分後にケロリと治ったらどうしよう・・・(苦笑)
しかし・・・・
このまま、もし意識を失ったら救急車を呼べなくなってしまうし・・・(苦笑)
こういうところが、一人暮らしの困るところである。
同居人がいれば、仮に意識を失っても同居人が救急車を呼んでくれるだろうが・・・
う~ん・・・孤独死を覚悟するしかないか・・・(苦笑)

結局、数十分後、体調が元に戻ったが・・・
やっぱり心配なので、今日、皮膚科に行ってみた。

で・・・受付で「以前に来たことがありますか?」と尋ねられ、「はい」と答えたが・・・・
しばらく経って、名前を呼ばれた・・・
過去に診察を受けた記録がないという・・・
ん?・・・・あっ・・・そうだ、以前来たことがあったが、あれは親父の診察の時だった・・・(苦笑)
診察されたのは親父で、拙者はただの付き添いだった・・・
なんで、そういうことを忘れていたんだろう?
ボケたな・・・皮膚科じゃなくて別の科に行くべきだな・・・これは・・・(大笑)

診察を受けたが、医者の言うには、何かに刺されたことは確かだが・・・
それと、動悸と呼吸困難と目眩は、全く関係がなさそうだという。(大汗)
原因は他にあるのではないか?・・・とのこと。
ん?・・・・じゃぁ、何だろう?
思い当たることがない・・・・(苦笑)
自律神経に何か支障でも出たのか?

とにかく塗り薬を処方されて・・・おしまい・・・(笑)
根っから病院は好きじゃないので・・・(大笑)
毒が回ったんじゃなければ、それでいいか・・・
その後、何の異状も発生していないから・・・他の病院で診てもらう必要はないな・・・(大笑)
ということで、一件落着!(大笑)

しかし・・・何に刺されたのだろう?
気になるところである。

スポンサーサイト



日記 | 12:14:20 | Comments(0)