FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

どう避難させるの?
我が茨城県内に日本原子力発電の東海第2原発という原子力発電所がある。
この場所を中心に半径30km圏内には約96万人が住んでおり、そのうち自力で避難できない高齢者や障碍者が約5万人住んでいるという。
万が一の場合の、これら半径30km圏内居住者の避難計画を茨城県は策定しているそうだが・・・(汗)
やたらと課題が多くてニッチもサッチも行かない様子である。(苦笑)

私も、この半径30km圏内の居住者なので、他人事ではないのだが・・・(汗)
だいたい、何で「半径30km」なのかが分からない・・・(笑)
原発を中心に同心円で半径30kmなのである。
実際には、風向きと風速の影響で楕円形になると思うんですけど・・・(苦笑)
頭のいい人の考えることが理解できない・・・(大汗)

県の計画では事故が起きた時、原発に近い半径5km圏内の要支援者をいち早く避難させるのだそうだ。
この圏内に住んでいる車椅子やストレッシャーを搭載できる福祉車両を必要とする人は約1500人いるという。
事故と同時に一斉に移動しようとするには、約950台の車両が必要なのだそうだ。
いざとなった時に何台確保できるか・・・
県の担当者は「おそらく足りないでしょう」と言ったらしいが、普通に考えても当たり前だと思うんですけど・・・(苦笑)

事故が起こり、半径30km圏内に避難命令が出た場合、単純計算で約96万人が一斉に避難を始めるのである。(唖然)
普段から出退勤時間帯に渋滞を起こす国道に、出退勤者以外の車が押し寄せるのだから、大渋滞で身動きが取れまい。
これは東日本大震災時に経験済みのはずである。
あの時は、徒歩で15分で行けるところまでを車に乗って移動しようとした人は2時間ほどかかったのである。
その間、当然、被曝するわけで・・・(汗)
渋滞して何時間も動かぬ車内で被曝することになる。
そういうことになるくらいなら、歩ける人は放射線防護服でも着て徒歩で避難した方がいいんじゃないか?
各家庭に放射線防護服を支給した方がいいんじゃあるまいか?

自力で避難できない人の場合・・・
福祉車両がピストン輸送で避難させるしかないかもしれない。
必要台数が確保できていないんだから・・・
しかし、安全地帯に運んだ車の運転手さんが、再び汚染地帯に戻るだろうか?(大汗)
仕事とはいえ、再び戻るというのは無理じゃなかろうか?
軍隊なら命令できるかもしれないが、福祉施設の職員に命令をするわけにはいかないだろう。
他人の2倍、3倍の被曝をした場合、誰が責任を取ってくれるのかということになる。
こうなると、常識に考えて“避難”というのは無理ではなかろうか?

どうして“避難”に県はこだわるんだろう?
その場に留まって“やり過ごす”ということはダメなのだろうか?
つまり、核シェルターに避難して高濃度の放射線による被曝を避け、薄まるのを待ってから移動するとか、数日間、救助が来るのを待つとか・・・・
そのほうが放射能の被曝を考えたら、下手に渋滞している道路上にいるより良いのではなかろうか?
事故の内容にもよるだろうが・・・
とにかく“生き残り”を図るとすれば自宅の地下とか、ビルの地下とかコミュニティセンターの地下などの身近な核シェルターに避難するほうがいいのでは?
避難勧告、避難命令で、一斉に96万人を避難させるより、そのほうが現実的ではなかろうか?
そのためには・・・核シェルターを造るべきだな・・・(笑)

ところが、この単純な発想は誰にも受け入れてもらえないのである。(涙)
核シェルターを造るということは、すなわち事故を起こすことが前提になるから造るわけにはいかないというのである。
「事故は起こりません。安全です」と言い続けてきた以上、事故を前提にしたことは出来ないというのである。
二十数年前から私はシェルターを造るべきだと言ってきたのだが・・・・(大汗)
原子炉も40年ぐらい経つだろうから・・・・
毎年1か所、シェルターを造っていれば、半径5km圏内に40か所くらいがすでに出来上がっているはずで・・・(苦笑)
かなり避難計画も楽だと思うんだけどねぇ~
今さら遅いか?(笑)

今のままでは、たぶん、というか・・・間違いなく、何の対策も出来ず形ばかりの「計画書」で終わるだろう。
いざとなったら、何も機能せず大騒ぎ・・・
結局は「想定外でした」で誤魔化して終わり・・・(大笑)
私の場合は、もう“将来”はない年齢ですから・・・(大笑)・・・・座して死を待つかぁ~と思っている。(大笑)
事故の規模にもよるだろうが・・・
最悪、究極の選択として、将来のある若い世代だけでも優先して避難できる計画を作ってもらいたいものである。
残酷だろうが・・・誰かを犠牲にするしかない・・・(大汗)

立場上、実行不可能と分かっていても、非現実的だと分かっていても「避難計画」を立てねばならぬのだろうが・・・
ついでに、我れも我もと先を争って避難しようとすると、結局は共倒れになって犠牲者が増えますよ・・・ということを伝えることも必要ではなかろうか?(苦笑)

スポンサーサイト



エッセイ | 23:23:23 | Comments(0)
チェコ・フェスティバル!
img239_convert_20190317191138.jpg

今日から3日間、東京の原宿で「チェコフェスティバル」というイベントが開催される。
このイベントの中に「チェコ民謡コンサート」というミニコンサートがあり、チェコの歌姫こと“エヴァちゃん”が歌を歌うのだが、ピアノの伴奏を我が妹が務めることになっているとのこと。
じゃぁ~見に行ってあげようということで上京する。(笑)

この間は、静岡県の三島で偶然、チェコの画家のミュシャの絵に出会ったし、その後、長野県松本ではチェコのお城展に出会ったし・・・・
今回のチェコフェスティバルも、これも“何かの縁”というものであろう。(笑)

妹の出演まで時間があったので、会場をブラブラしてチェコの観光資料などを集める。
なんか・・・いい建物があるなぁ~・・・行ってみたいなぁ~・・・である。

012_convert_20190317192435.jpg
左端が“エヴァちゃん”、真ん中が司会の女の子、右端が我が妹・・・(笑)
この司会をしていたチェコの女の子の日本語の上手さには驚いた。
下手な日本人より上手である。(汗)

013_convert_20190317192500.jpg(チェコ民謡コンサート)

30分程度のミニコンサートが終わり・・・
続いて「モラヴィア音楽コンサート」が始まった。

010_convert_20190317200818.jpg

「モラヴィア」というのは、チェコの一地方の名前らしい。
この演奏家たちは、「ストラージュニチャン」という名前の「ツィンバロンバンド」というグループ・・・
で・・・この「ツィンバロン」というのは楽器の名前だそうである。
この楽器・・・写真の真中に写っている箱みたいな楽器が、それなのだが、どうもピアノの元祖みたいらしい。
かといって、ピアノと同じような音色というわけではない。
この音色が良いんだなぁ~
こう言っては失礼だが、見ていると拙者でも演奏できるんじゃなかろうかと思うような楽器である。
実際は、難しいんだろうけど・・・(苦笑)
こういう楽器は見たことも、音色を聴いたこともないが、ハンガリーの楽器らしい。
で・・・東欧なんかに広く分布している楽器だそうで、それでチェコの楽器(民族楽器?)にもなっているようである。
この演奏を聴けて、今回、ここに来てよかったと大満足!(笑)

その後、「チェコの文化を知ろう!」のプレゼンテーションなどを聞く。
一つ一つのイベントが30分以内なので、ちょうどよい・・・
あまり長いと飽きちゃうからねぇ~(汗)

我が妹の出演時間にギリギリ間に合って駆け付けた従姉・・・・
酒が好きなのである・・・(大笑)
会場では、お酒の販売もしているので、二人でウロウロ・・・・
チェコは「ビール大国」だそうで・・・(大笑)
ビールが美味しいらしい。
(ワインも美味しいと妹が言っていたが・・・)
4種類のビールの試飲が低価格でできるというので、それを頼んでみた。
「試飲」というから、ほんのちょっとかなと思ったら、かなりの量である!(驚)
拙者は缶ビール1本も開けられぬほどビールに弱いのに・・・
イメージとしては、缶ビール4本を飲まされる感じ・・・(実際には、それほどの量ではないだろうが・・・)
4種類、それぞれ、美味しいビールであったが・・・
やっちゃった!・・・・完璧に酔っぱらっちゃった!(大汗)

ちょうど、拙者のところに、“エヴァちゃん”と我が妹がやって来て・・・
妹に「やだぁ~お兄ちゃん!真っ赤な顔して!なに、それ~!」とバカにされてしまった・・・(涙)
仕方ないジャン・・・・酔っぱらっちゃったんだから・・・ヘラヘラ、ニタニタ・・・である。
“エヴァちゃん”に三島と松本での話をしたかったが、酔っぱらっていたせいで、話すのを忘れた!(大失敗!)

その後、会場を出て近くの喫茶店で従姉と一緒に酔い覚ましのコーヒーを飲んで帰宅する。
う~ん・・・充実した時間が過ごせた!
チェコに感謝、感謝・・・(喜)

日記 | 23:21:18 | Comments(0)
『幻の秘密兵器』


はじめに

第1章 はるかなる太平洋

1 水中を突進する巨砲弾(九一式徹甲弾
2 虚空に炸裂する豆焼夷弾(三式焼夷弾
3 一撃必中を期す発射装置(九八式発砲遅延装置
4 艦載機を急襲する対空ロケット弾(ロサ弾
5 迫撃砲弾で潜水艦を撃沈(三式迫撃砲
6 洋上決戦の斬り込み隊(甲標的
7 沿岸防備の守護神(蛟龍
8 鉄壁を誇る沿岸防備(射堡
9 世界を震撼させた無航跡魚雷(九三式酸素魚雷
10 出現の遅すぎた磁気起爆装置(二式艦底起爆装置
11 誘爆しない爆雷(二式爆雷
12 機雷を一掃する掃海具(五式掃海具
13 機雷をだます発音弾(四式発音弾
14 物資急送の隠密兵器(運砲筒
15 最高速艦「島風」を生んだ大馬力ボイラー
16 気流の乱れを阻止する空母煙突のシャワー
17 珊瑚礁を乗り越える魚雷艇(特四式内火艇
18 暗夜の味方識別装置(二式哨信儀
19 驚異の艦底起爆(九七式爆発尖

第2章 酷寒の大陸戦線

20 対戦車毒ガス手榴弾(チビ弾
21 火砲機能向上に威力(砲口制退機
22 一人二役の両用砲(九二式歩兵砲
23 殺傷力を誇る空飛ぶ大砲(九八式臼砲
24 陸軍の傑作ロケット砲(噴進砲
25 パラシュートつき対空爆雷(7センチ阻塞弾発射機
26 脱線して敵を追え(九一式広軌牽引車
27 野戦通信網に福音(九七式植柱車・九七式延線車
28 密林を切り開く戦車(伐開車
29 十字砲火、対空戦車(試作対空戦車
30 地上部隊を殲滅する空飛ぶ戦車(特三号戦車
31 トーチカ攻撃に真価(火炎放射戦車
32 地雷原を強行突破(チユ車
33 戦車殺しの吸着爆雷(九九式対戦車地雷
34 上陸用舟艇を20隻格納する上陸母艦
35 熱源を追跡する自動体当たり艇
36 善戦むなしい陸軍防空船
37 水上を航行する軍用トラック(スキ車

第3章 たちおくれた電波兵器

38 ベールをぬぐ対空見張り用レーダー
39 ついに実現しなかった射撃用レーダー
40 逆探知機とシーソーゲーム
41 ソーナーをくらます厚化粧
42 雷撃機を戦力アップする航空用レーダー
43 遅すぎた夜間戦闘機用レーダー
44 地上とコンビの夜間誘導レーダー
45 レーダー妨害の珍手法
46 特攻戦の的確さを増した電波高度計
47 B29空襲察知に活躍

第4章 燃ゆる大空

48 成層圏飛行を可能にした気密室
49 発進距離を短縮した離艦促進ロケット
50 夜を昼にかえて夜間雷撃(零式吊光照明弾
51 奇襲作戦でみのる吸着爆雷
52 磁気利用で敵潜探索(三式一号磁気探知機
53 B29を撃つ戦慄の斜銃
54 大編隊を一網打尽(三号爆弾
55 回避不能の炸裂爆弾(三式一番二八号爆弾
56 リモコン操縦で一発必中(イ号無線誘導弾
57 B29邀撃用誘導弾(奮龍
58 目標をのがさぬ自動吸着爆弾
59 アメリカ本土爆撃の奇手(ふ号作戦
60 行きづまった原爆研究

第5章 ドイツより愛をこめて

61 日本戦闘機の生みの親
62 技術交流の掛け橋「浅香丸」
63 “新型対戦車砲弾譲渡”に狂喜(タ弾
64 瀬戸際で開花したジェット特攻機(橘花
65 一発逆転に賭けた防空戦闘機(秋水

第6章 ああ特攻

66 暗夜の隠密特攻艇(震海
67 必殺の人間魚雷(回天
68 本土決戦の水上突撃隊(震洋
69 陸軍の奇策、特攻艇(特攻連絡艇マルレ
70 意外!陸軍の体当たり潜水艇
71 水中を疾駆する飛行機(海龍
72 フロッグメンの決死隊(伏龍特攻隊
73 人間飛行爆弾(桜花
74 ヘビーウェイトの炸裂爆弾(桜弾

第7章 科学戦に挑む

75 名前が先行した殺人光線
76 禁断の毒ガス戦
77 おそるべき細菌兵器
78 リモコン式の作業用戦車
79 泳ぐ機雷(一号爆雷
80 時代を先駆けるロボット軍艦(攝津

文庫版のあとがき


今年の読書:28冊目



読書 | 22:35:27 | Comments(0)