FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

消防団員がポンプ車を運転できなくなる?
昨年の3月の道路交通法改正で、「準中型免許」というのが新設されたそうだ。
全然知らなかったけど・・・・(大汗)
だいたい、国会では、議員のスキャンダルやら、どうでもいいことで大騒ぎをして・・・
その報道ばかりしか流れないから、どんな法案が審議されたのかもわからないのだから、仕方がないと思うが・・・(大汗)

改正前では普通免許で重量5トン未満の車両を運転できたが、この改正後に取得した普通免許では3.5トン以上の車両は運転できないのだそうだ。
3.5トン以上の車両の運転には準中型免許が必要なのだそうだ。
へぇ~そうなんだぁ~・・・・
だからどうした?・・・ということになるのだが・・・ここに大きな問題が上がっているという。

それは消防団で使用している消防車!
例えば、我が茨城県の消防団が所有する車両は1410台あるそうなのだが、そのうち、3.5トン以上の消防車が669台(47%)を占めているという。
「消防ポンプ車」というのは3.5トン以上の車輛なのだそうだ。
となると・・・昨年の3月の改正以降に普通運転免許を取得した人は、この消防車は運転できないということになる。
つまり、若手の消防団員を確保したとしても、その新入団員は消防車を運転できない・・・なんてことになる可能性があるのである。(大汗)
こうなると、普通免許を持っていても、あとから、わざわざ準中型免許を取得しなくてはならない。
そんな面倒くさいことになるなら・・・と、今度は消防団員になろうという若手がいなくなるのではないかという不安が起こる。
あらら・・・である。

改正前に普通免許を取得した人は既得権として3.5トンの消防車を運転できるそうなので、今は、まだ改正前に普通免許を取得した人が多いだろうが・・・
先々、そういう人たちが高齢化して引退すると、普通免許は持っているけど、消防車は運転できませんという団員が増えかねない。(大汗)
先々を考えたら関係者は頭を抱えるよなぁ~

でも、何で「準中型免許」なんていうものを新設したのかねぇ~?
まぁ、何だかんだと、色々な理由があるんでしょうが・・・(苦笑)
どうせ役人が考えたことなのだろうから、いい加減な理由なんだろうけど・・・(苦笑)
決まっちゃったものは仕方がない・・・(大笑)
あとは、どれだけ「準中型免許」が認知され普及するかがポイントだな。
「準中型免許」を持っていれば普通乗用車も運転できるそうだから、生まれて初めて運転免許を取る人は、普通免許じゃなくて、最初から「準中型免許」を取ればいい・・・ということになるかな?(笑)

国は、どこまで、そのことを広めているかねぇ~
もしかして、わざと教えず、普通免許を取得させた後、改めて準中型免許を取得させて手数料を稼ごうと考えているとか・・・(苦笑)
実は少子化対策で、自動車教習所という天下り先維持のため、わざと二度手間で免許を取らせようとしているとか・・・(苦笑)
そういう魂胆があるなら、わざと教えないだろうなぁ~(大笑)
で・・・・3.5トン以上の車を運転することになった人に対して「あら?知らなかったんですかぁ?最初から準中型免許を取ればよかったのに・・・じゃ、もう1回教習所に通ってください」とすっとぼけるかも・・・(苦笑)

結局、取得する人が少ないので、元に戻します・・・なんてことになったら・・・(苦笑)
世間を混乱させた罪で、「準中型免許」を考えた役人はクビにしたほうがいいかも・・・(大笑)

スポンサーサイト



エッセイ | 23:11:28 | Comments(0)