FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

フィリピンで財宝探し?(唖然)
フィリピンで日本人4人とフィリピン人13人の計17人が「財宝探し」のため違法な穴掘りをしたとして警察に逮捕された。
彼等は、結局、“財宝”を見つけられなかったようだが、具体的にどんな“財宝”を探していたのかは不明とのことだそうだ。

“財宝”といえば、戦時中に日本軍が隠した「山下財宝」の“伝説”が有名だが、たぶん、「山下財宝」探しだったに違いない。
日本人は40~60歳の3人と15歳の少年で、大人3人が資金を出し、15歳の少年が通訳をやって、地元のフィリピン人を雇って違法な穴掘りをしていたらしい。
今もって財宝探しなんかをする日本人がいるとは驚きである。

しかし、わからないのが掘っていた場所・・・
ルソン島のサンバレス州沖にあるカポネス島だそうだ。(唖然)
そんなところに、そんな島なんかあったっけ?・・・・というくらいマイナーな島である。
そんなところに財宝を埋めるかねぇ~(苦笑)
どんな情報を掴んだのかは知らないが・・・
ハッキリ言って・・・馬鹿だよなぁ~(大笑)

私はフィリピンで現地人から何度か話しかけられたことがある。
「財宝の地図を持っているのだが、日本語なので解読して欲しい」とか・・・
「財宝の地図を持っているが、買わないか?」とか・・・(大笑)
全てガセネタである。(大笑)

「大きなマンゴーの木の根元から何メートルのところに財宝が眠っている」と書いてあるので、ここに違いないと言う人がいる。(大笑)
仮に本当だとしても、「大きなマンゴ―の木」は70年ほど前の話で、今も「大きなマンゴーの木」のままでいるかどうかは怪しいものである。
その木は・・・70年ほど前は「小さなマンゴーの木」だったのではないか?(大笑)
戦後70年以上も経ったら、目印が当時のまま目印として存在している可能性は低いのではなかろうか?(汗)

「山下財宝」は、“伝説”ではないことは明らかである。
当時、日本軍は財宝をフィリピンに持ち込んでいることが記録に残っている。
問題は、その“財宝”を何処に埋めたかだが・・・
私も数カ所、埋めたとされる場所を聞いたことがあるが、だからと言って掘れば見つかるというものではない。
1mでもずれたら、何十メートル掘ろうとも見つかるものではない。
ピンポイントで場所を確定して掘らねば見つからないだろう。
ということで・・・・戦後70年以上も経ってから探すのは無理だろう。(笑)

ましてや、どこかの聞いたこともない島に埋めたなんて信じられない。
“財宝”は、方面軍から、その下の組織である「軍」に分配され、更にその下の「師団」に分配されたのではないかと思う。
日本軍が発行した「軍票」の価値が下がり紙くず同然となっている以上、貴金属など“財宝”で食糧など必要なものを物々交換するしかない。
そう考えると、名も知らぬ小島にまで“財宝”を分配しただろうか?
敗退している大混乱の状況下で、小島まで運んで行って埋めるかなぁ~(苦笑)

フィリピン防衛に当たった第14方面軍の参謀の中に、“財宝”のありかを知っている人がいたが・・・
この方は「知っているけど掘りには行かない」と明言していた。
平成2年の頃の話だから・・・もう、この参謀はお亡くなりになっているだろうから、今さら無理だな・・・(苦笑)
例えていえば、「東京駅前に埋めた」と知っていたとしても、ピンポイントで東京駅前の「ここ!」と指させなければ発見することは無理だろう。
場所がフィリピンとなれば、その探索費用、発掘費用、身の危険を考えたら、知っていても行かないだろうなぁ~(苦笑)

北部ルソンの山岳地帯へ祖父の部下たちの慰霊に一人で行った時の事・・・
米軍陣地跡をウロウロ歩いたのだが・・・
その2年後に再び訪問したら、私が歩いた跡周辺にいくもの穴が掘られていた!(唖然)
尋ねてみたら、日本人の私がウロウロしていたので、現地の村の青年たちが、私が“山下財宝”を探していたのだろうと思って、穴を掘って“財宝”を探した跡なのだそうである。(大笑)
「あのね~ここは米軍の陣地跡!俺は自分の歩数で陣地跡の規模を測っていただけ!米軍の陣地に日本軍が財宝を埋められるわけはないだろ!おまえら、馬鹿か?」と言ったことがある。(大笑)

今もって“山下財宝”の話は現地のフィリピン人の口に上がる・・・
真面目に働かない一攫千金を狙うフィリピン人ならではで・・・(笑)、今では戦後生まれの若者が躍起になっている感がある。
何十年経っても、この調子だから・・・
今回と同じような問題は今後も続くことだろう。(大汗)
それに乗っかる日本人も日本人だと思う。(苦笑)

“財宝探し”で、地下何十メートルも掘っている連中もいるが・・・
そんな深くに埋めるわけがないと私は思っている。
当時は敗退の途中である。
飲まず食わずの中、重くてもう運べないから埋めたのではなかろうか?
ということは・・・そうそう深く穴を掘ることは不可能だろう。
地下1~2m程度の浅い所に埋めたとしても、ピンポイントで掘らねば出てくるわけがない。
自然災害などの土砂崩れの後に、偶然に見つかる・・・という形でしか見つかることはないと思う。

今回、逮捕された日本人たち・・・“馬鹿丸出し”しちゃったなぁ~(大笑)

スポンサーサイト



エッセイ | 23:40:25 | Comments(0)
浄蓮寺
015_convert_20181107191608.jpg

八葉山 浄蓮寺の由来

八葉山浄蓮寺は、858年(天安2年)に天台宗三代目の座主である慈覚大師が、奥州山寺(山形県山形市)創立の帰途、当地に立ちより、道場を開いて自ら阿弥陀如来像を作り安置しました。
1190年(建久年間)ごろ源頼朝公から五十石、領主の車丹波守義秀公より寺領百石を受け、寺勢をきわめて二十余りの末寺を配下におきました。
寺は1574年(天正2年)兵火に遭い、大半の古記録を焼失したほか、1848年(嘉永元年)にも火災に遭って宝物類なども全焼しました。
1857年(安政4年)に現在の本堂が再建され、本尊の阿弥陀如来は、1681年(延宝9年)の作で、仁王尊は1683年(天和3年)の作であります。

(リーフレットより)


茨城県北茨城市華川町小豆畑2733



史跡 | 23:11:33 | Comments(0)
北茨城市をドライブ
今日は友人の“ウメちゃん”と久々のドライブである!
数年に1回くらいのドライブ・・・(大笑)
彼のたっての頼みで、北茨城市にある「石岡第一発電所」の建物を見に行くことにした。
この発電所は明治44年に発電を開始して、現在も現役で稼働している国の重要文化財に指定されている水力発電所である。

012_convert_20181107190816.jpg

狭い山道を登って行ったら・・・途中で「通行止め」の看板が・・・(唖然)
どうやら土砂崩れか何からしい・・・(涙)
やむなく遠くから建物を見るだけとなる。(涙)
久々のドライブだっていうのに・・・これ・・・“ウメちゃん”の日頃の行ないが悪いんだろうなぁ~(大笑)

仕方がないので、どこか他の場所へ行こうか・・・ということになり・・・
拙者のお気に入りの場所を案内することにした。

015_convert_20181107191608.jpg 016_convert_20181107191637.jpg

向かったのは「浄蓮寺」・・・・
拙者は、このお寺の屋根の形が好きなのである!(笑)

このお寺は慈覚大師という天台宗のお坊さんが天安2年(858年)に開創した寺だそうで、本堂は安政4年に建立されたものだそうだ。

このお寺の裏に「花園川・浄蓮寺渓谷」というのがある。
ここがまた良いんだなぁ~
昔、母に誘われ、ここに来たことがある。
確か真夏だったような気がするが・・・水量のある川が流れ緑豊かな景色に感動した。
この渓谷の斜面に「三十三体観音」というのが自然石に刻まれている。
いつごろ彫られたものかは知らないが、長年の風雨のせいだろう、かなり摩耗したものもある。

020_convert_20181107191712.jpg(千手観音)

ここには「如意輪観音」「聖観音」「馬頭観音」「千手観音」「十一面観音」など32の観音様と1体の地蔵が彫られている。
足もとの悪い斜面を登って、各岩に掘られた像を見るのだが、“ウメちゃん”は何を思っているのか、33体全部を写真に収めるという。(汗)
おかげで、この足元の悪い斜面を登る羽目に・・・・(涙)
適当に何体か見るだけにしようと思ったんだけどなぁ~(苦笑)
真面目なんだよなぁ~(大笑)
ここには「千手観音」が7体彫られている。
「千手観音」は拙者の“守り本尊”なので、拙者は「千手観音」だけ写真を撮ることにした。

で・・・ここで結構時間を喰ってしまい、とっくにお昼が過ぎてしまった。(汗)
この山の方から、今度は海に向かって移動・・・・
海岸にある「二ツ島観光ホテル」で遅めの昼食をとる。

021_convert_20181107191739.jpg

昼食後、今度はどこへ行こうか・・・という話になったが、思いつかない。
無駄に夕方までウロウロしていたら、そのうち道路が混んで帰宅が遅くなるんじゃないか?
ということで・・・・今日のドライブは、ここで打ち切り!(大笑)
すこぶる快調に帰宅する。(笑)
結構、充実した一日となった。
拙者を連れ出してくれた”ウメちゃん”に感謝!

日記 | 21:31:17 | Comments(0)