FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

故人の好きなもの?
叔父ちゃんの葬儀に参列できないので・・・・
今日、再び改めて弔問に出かける。

多分、弔問客で混んでいるだろうと思って行ったら・・・・なんと・・・静か・・・・
叔母ちゃんが一人で留守番をしていた。
ちょうど弔問客が絶え、子供達もそれぞれ用事で飛び回り外出中だとのこと。
なんというタイミングか!
叔父ちゃんと、ゆっくりとお別れをする時間をくれたのである。
叔母ちゃんとも、ゆっくり、オシャベリをする時間をくれたのである。
誰だろう?
亡くなった叔父ちゃんか?
それとも亡き母か?
それともご先祖様か?
いくらなんでもタイミングが良過ぎるよなぁ~(笑)
これは、誰かの差し金だよなぁ~(笑)

叔父ちゃんの顔を見ていると、つい、いつもの調子で叔父ちゃんが話しかけてくるような気がしてくる。
「おお!来てたの?お父さんは元気?そう!ゆっくりしていって!俺は、ちょっと出かけてくるから!」
で・・・バタバタと事務所を飛び出していくのである。(大笑)
叔父ちゃんの口真似をしたら叔母ちゃんが大笑い。
「そうそう、とにかくジッとしていることが苦手な人だったからねぇ~。バタバタってどっかに行っちゃう」(笑)
「ゆっくりしていけよ、じゃ、俺は行ってくるから!って言いそうな気がするんですけど・・・俺、会いに来たのにね」(笑)
「そう、そう」(笑)

夕方に荼毘に付すそうで、夕方にはまた家族、親戚一同がドドッと集まるのだそうだ。
しかし、拙者は明日、ヘイズ大将との食事会があるので、今日のうちに上京しなくてはならない。(涙)
荼毘にも立ち会うことができない・・・・
本当に申し訳ない・・・・

葬儀社から「故人の好きだったものをお棺に入れてあげて下さい」と言われたそうだ。
で・・・家族で相談・・・
「お父さんの好きだったものねぇ~?何だろう?」と子供達・・・・
「一番好きだったのはお母さんだから・・・・」
「お母さんを一緒にお棺に入れちゃおうか?」(大笑)

「そう子供達が言うんだけど・・・ひどいでしょ?」(大笑)
「叔母ちゃんを入れちゃうの?お棺に?」(大笑)
「確かに、私のことが大好きだったという人だから、当ってはいるけど・・・・」(大笑)
「それが出来れば最高でしょうけど・・・・でもねぇ~・・・」(大汗)
「でしょ?・・・いくらなんでもねぇ~」(大笑)

故人を前にして大笑い・・・・である。
不謹慎だと怒られそうだが、我が一族は、なぜかこういうジョークを平気で言っちゃう血筋のようで・・・・
これは誰のせい?(笑)
ご先祖様のせいか?(笑)
他人が聞いたら呆れるかもしれないが、幸いにも、家にいるのは叔父ちゃんと叔母ちゃんと拙者だけ・・・・(笑)
グッドタイミング!!
「笑ったおかげで元気が出てきた」と叔母ちゃん・・・・

叔父ちゃんに最後のお別れをして、家を辞し、東京へ向う・・・・

スポンサーサイト



日記 | 08:25:46 | Comments(0)