FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『甲標的』
甲標的―無慚なり!栄光よ 特殊潜航艇のドキュメント (1974年)甲標的―無慚なり!栄光よ 特殊潜航艇のドキュメント (1974年)
(1974)
栗原 隆一

商品詳細を見る


1 機密兵器「甲標的」の誕生
     神様の叱責
     魚雷肉攻案
     新兵器の着想
     岡田大将の決断
     対潜爆撃標的
     第一次試作艇
     あわや大惨事
     標的搭載艦
     標的外洋実験
     搭載艦の起工
     失意の岸本大佐
     第二次試作艇
     甲標的と命名
     二基の試製訓令
     亀ヶ首実験場
     実験始まる
     艦からの発進
     荒天襲撃運動

2 特別攻撃隊の編成と訓練
     第一期講習員
     第二期講習員
     洋上訓練終る
     港湾襲撃訓練
     真珠湾
     長官の執念
     軍令部との対立
     ハワイ作戦決定
     特別攻撃隊
     搭載工事
     最後の帰省
     先遣潜水部隊
     臨戦準備
     作戦打合わせ
     作戦実施計画
     山本長官の心中
     出撃前夜

3 真珠湾攻撃
     壮途につく
     成功を期す
     新高山ノボレ
     開戦二日まえ
     遺書
     搭乗員乗艇す
     攻撃態勢成る
     甲標的発進
     ジャイロの故障
     空襲部隊発艦
     最初の接敵
     甲標的の攻撃
     万事塞翁が馬
     収容配備につく
     捕虜第一号
     真珠湾よさらば
     戦闘詳報
     第二次攻撃隊
     技術者の嗟嘆

あとがき



シドニー行きの事前勉強第5弾!(笑)
いい加減、疲れてきたが・・・(大笑)
読んでみたら、真珠湾を攻撃した特殊潜航艇の話だった・・・
あらら・・・あてが外れた・・・・(笑)
シドニーの話は・・・ない・・・・
が・・・真珠湾攻撃に関しては、勉強になるだろう。


今年の読書:27冊目



スポンサーサイト



読書 | 00:50:50 | Comments(0)