FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

お花を贈る
昨年、拙者の大学時代の友人“カネコくん”のお母さんがお亡くなりになった。
年末の「喪中葉書」で知ったのだが・・・
そろそろ一周忌を迎える。

彼のお母さんには2度しかお会いしていない。
最初にお会いしたのは・・・今から33年ほど前のことである。
彼と一緒に洋服屋でスラックスを買ったはいいが、拙者は“裾上げ”が出来ないので、彼のお母さんにお願いしたのである。(大笑)
いきなり初対面でスラックスの裾上げを頼んだのだから、今思えばお恥かしい限り・・・
「あらぁ~足が長いのねぇ~うちの息子は短足だから、ほら、こんなに違う!」と豪快に笑っていたことを覚えている。

2度目にお会いしたのは、今から22年ほど前のこと・・・
彼の結婚式でお会いした。
当初、拙者は結婚式の招待客名簿に載っていなかったそうで、それをお母さんが見つけて息子を叱ったらしい。(大笑)
式の直前に彼から電話がかかってきた。
「俺の結婚式に来れるか?」と言う。
「東京なら、すぐだから是非参列させてもらうよ」
「じゃぁ、急いで席を用意するから・・・」
「はぁ?席を今から用意するって?何、それ?」
「いやぁ~お袋に怒られちゃってよぉ~お前のことを呼ばないっていうのはどういうことだって・・・」
「はぁ?お袋さんに怒られたから仕方がなく俺を呼ぶのか?」(苦笑)
「いや、そういうわけじゃないんだけど・・・」(汗)
「そういうわけだろ?・・・ん?・・・そうでしょ?」(笑)

彼の結婚式では、彼のお母さんが拙者を見つけて吹っ飛んできた・・・(大笑)
「ごめんなさいねぇ~!本当に、うちの子は馬鹿なんだから!あなたを呼ばないなんて・・・本当にごめんなさいね」と開口一番・・・
それからは「うちの子は本当に馬鹿なんだから!」の連発である。(大笑)
あの時の、お母さんの声がまだ耳に残っている。

11年前に1度だけしかお会いしていないのに、拙者のことを覚えていてくれていて、息子の結婚式に招待してくれるなんて、こんな嬉しいことはない。
高く評価されたと言うか、目をかけてもらったと言うか、認めてもらったと言うか・・・
気にかけてもらっていることが嬉しかった。
その後、とうとうお会いする機会もないまま21年が過ぎ・・・・
とうとう二度とお会いできなくなってしまった。
お母さんのご厚情に何の御礼もできなかったのが何とも残念・・・申し訳ない気持ちで一杯である。
今さら後悔しても“時すでに遅し”であるが・・・

今頃、お礼を言ってもねぇ~・・・とも思ったが・・・
やっぱり何かしらの御礼をせねば・・・
お亡くなりになってからでは意味はないだろうけど・・・
ご命日に間に合うように、本日、お花をお送りした。
拙者の気持ちが上手く天国に届いてくれるといいのだが・・・

スポンサーサイト



日記 | 17:38:53 | Comments(2)
不愉快なクレジットカード
新しいクレジットカードが送られてきた・・・・
「ご継続ありがとうございます」などと白々しい一文を添えて・・・
誰が継続するって言った?
勝手に自動継続になっているだけではないか?
自動継続にするかしないかの選択肢を与えず、よくも白々しいことを書くものだ。

このクレジット会社のカード・・・今まで一度も使ったことがないんだよねぇ~(笑)
義理で仕方なく作ったカードなのである。

いい加減、解約しようかな・・・と思うのだが・・・
その解約手続きの連絡先はどこにも明確に記されていないのである。

封筒には『ご利用ガイド』という小冊子が同封されている。
これを見ると・・・
照会・お手続き・資料請求の電話番号が記されているが、「サービスメニュー」を見ると、どこにも退会の手続きが記されていない。
電話をかけ、支払い金額の照会ならば「11」を、利用限度額の照会ならば「12」を入力するという「自動案内」方式である。
そこに「退会の手続き」がないんだから、ここに電話をかけ、「音声に従って・・・」って言われても従えない・・・(大笑)

もう一つ、『会員規約』という小冊子も同封されているが・・・
「カードの有効期限」には、有効期限の2ヶ月前までに申し出がなければ新カードを送る・・・と記されている。
だ・か・ら・・・その申し出先を教えろよ!(怒)
「退会」については、当社所定の方法により届け出るものとします・・・と記されている。
だ・か・ら・・・その所定の方法を教えろって!(怒)

あ~頭にくる!(怒)

日記 | 17:01:39 | Comments(0)
『日本陸軍重爆隊』
日本陸軍重爆隊日本陸軍重爆隊
(1982/06)
伊沢 保穂

商品詳細を見る


img132_convert_20131220131646.jpg

はじめに

 1 発端
    陸軍航空、所沢に発足
    初陣、青島を爆撃
    ヨーロッパに軍事航空の花ひらく
    航空関係者、イタリアへ

 2 重爆の採用と爆撃隊の誕生
    航空大隊の創設
    所沢の爆撃班
    浜松の飛行第7連隊と八七式重爆撃機

 3 大陸に羽搏く
    大陸に戦火あがる
    九二式超重爆撃機
    ついに実らなかった陸軍の大型爆撃機

 4 中国大陸の戦い
    九三式重爆撃機
    重爆撃隊の増強
    北支事変はじまる
    事変拡大
    戦火、上海にとぶ
    九七式重爆撃機の登場
    九七重の初陣
    イタリア製重爆の登場

 5 中国大陸の航空撃滅戦
    大陸に展開される航空撃滅戦
    徐州へ、徐州へ
    漢口攻略
    蘭州、暁の奇襲
    雲におおわれた重慶
    蘭州上空の激闘
    中国大陸での教訓
    中国戦線のその後

 6 ノモンハンと中国奥地
    第一次ノモンハン事件
    第二次ノモンハン事件
    航空優勢おとろえる
    陸海協同の大編隊爆撃
    百一号作戦
    大陸南部へ
    援蔣ルートを襲う
    「百二号作戦」第五次奥地進攻

 7 太平洋戦争に突入
    準備と集中
    マレー方面に第一撃
    ラングーンをめぐる航空戦
    フィリピンからビルマへ
    シンガポール爆撃
    ビルマ攻略
    バターンとコレヒドール

 8 ビルマ上空に熾烈な航空戦
    雨期あけ
    カルカッタ夜間爆撃
    ビルマに激しい攻防戦を展開
    重爆無用論
    攻勢に傾く
    インパール、そして・・・・

 9 苦難のニューギニア作戦
    南東方面の増援に
    百式重増強さる
    防勢一方の日本軍

10 急迫した戦局の中で
    手薄になった北の備え
    中国の戦況も切迫
    中島百式重爆撃機「呑龍」
    インド洋の守り
    ポートダーウィン攻撃
    西部ニューギニアと東部蘭印
    バリクパパン

11 比島決戦
    三菱四式重爆撃機「飛龍」
    台湾沖航空戦
    比島沖の艦艇攻撃
    レイテ決戦
    モロタイ攻撃

12 日本本土をめぐる戦い
    サイパン攻撃
    硫黄島をめぐる戦い
    九州沖航空戦
    沖縄戦
    最後の日々

おわりに



本書は、日本の重爆撃隊史と言って良いと思う。
創設から、その終焉まで、戦記を交えて書かれている。
多分、全ての部隊を網羅はしていないと思うが、重爆撃隊がどんな活躍をしたのかが良くわかる本である。

日本の重爆撃機の主力は双発(エンジンが2つ)の機体が多い。
4発(エンジンが4つ)の機体を造る能力が日本になかったのかというと、そうでもなさそうである。
どちらかと言えば、軍の首脳や用兵側の「考え方」によるものなのだろう。
それが、結果的には間違っていたのだから、軍首脳のエリートと呼ばれる人達のレベルがどの程度なのかわかろうというものであある。

日本の重爆撃機は、速度が遅く、防御力も弱く、爆弾の搭載量も少ない・・・
最前線からは、こうなったら米軍の爆撃機のコピーを作って送ってくれと言われるほどだったという。
それでも、どうにもなからなかったのは、日本の工業力不足だけのせいではあるまいと思う。
軍の中枢や重要なポジションにいるエリート軍人の能力が低かったからではなかろうか?
人間の問題も大いにあると私は思う。

さて・・・
本書を読んでいて、2行ほど、記憶にある文面があった・・・
で・・・最後まで読んだが、その後は記憶に残っている文面には出会わなかったのだが・・・
気になったので調べてみたら・・・
この本・・・
4年前に読んでいるのである!(大汗)
何ともマヌケな・・・・
4年前に読んだのは文庫版で、今回のは単行本・・・
若干、文面に改定が見られるが、内容はほぼ同じである。
にもかかわらず、2行程度しか記憶にないとは・・・
自分の記憶力の悪さに呆れた・・・(涙)


今年の読書:61冊目



読書 | 01:17:19 | Comments(0)