FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

楽天の不当表示
楽天が運営する「楽天市場」・・・
プロ野球楽天の日本一記念セールに関連して、大幅な割引率に見せかけるなどの不当な価格表示があった“可能性”があると楽天が明らかにしたそうだ。
ふ~ん・・・“可能性”ねぇ~・・・・(苦笑)

例えば・・・
北海道の業者が、京都のメーカーが製造した10個入りのシュークリームを「通常価格1万2千円」と表示した上で、「77% OFF」と表記して、「2600円」で販売していたという。
10個で1万2千円ということは・・・1個1200円のシュークリーム????(唖然)

ところが、この京都のメーカーでは、同じ商品を自社の直販サイトでは2625円で販売しているという。
こうなると“可能性”どころの話ではないのではないか?
明らかに非常識でしょ?

楽天の星野仙一監督の背番号にちなんだ「77%引き」を目玉にしたかったようだが・・・
これは無理があるんじゃないか?
常識で考えれば、無茶でしょ?(笑)
妥協して「7.7%引き」ぐらいにしておけば良かったものを・・・
田中将大投手の背番号は・・・「18」だっけ?
「18%引き」ぐらいにしておけば、なんとなく消費者も納得できるだろうが・・・

まぁ、呆れた業者である。
単純に言えば、77%上乗せしておいて「77%引き」としたわけでしょ?
上乗せした段階で、この会社は「嘘つき」なわけで・・・
恥知らずな行為と言わざるを得まい。
こういう会社は基本的に考え方が間違っているわけだから、今後、どんなものを販売するかわかったものではない。
「食品の安全」も危ないかも・・・
こういう業者は“業界”から追放したほうがいいのではあるまいか?
倒産に追い込んだほうがいいんじゃあるまいか?
よく、不買運動が起こらないものだ。

世の中、嘘つきばかりか?・・・
こうなると、正直者は“異常者”扱いされるかも・・・・
困ったものである。

スポンサーサイト



エッセイ | 12:02:10 | Comments(0)
おだてには乗りませぬ!(笑)
今日はお昼から法人会の広報委員会である。
前回は委員長と拙者の2人だけの委員会だったが・・・(大笑)
今回は婦人部会から選出されている2名の方が参加されたので4名!(笑)
名簿上は10名以上いる委員会のはずなのだが・・・
まぁ、仕方がないか・・・
中小企業の経営者なんてこんなものである。
何らかの会に入っているだけで安心・・・
名簿に名前が載っているだけで安心・・・・
実際にはなにもやらない・・・(汗)
自分に与えられた“職務”は遂行しない・・・

以前、「どうすれば会の会合の出席率を上げられるか」と問われたことがある。
拙者の答えは・・・
「取引先の資材部の担当者を出席させればいい」というもの・・・(みんなに笑われたが・・・)
我が会員には地元大手企業の下請け中小企業の経営者が多い。
下請け企業は自分の頭で“考える”という能力が一般的には欠如している。(大笑)
“親会社”が「右向け右!」と言えば素直に右を向くのである。
「左じゃないのか?」などとは間違っても思わない・・・(大笑)

という思考回路なので・・・
取引先の“親工場”の担当者が会合に出席しているとなると、下請け企業は欠席するわけには行かない。
「お前、来ていなかったよな?」と言われて、受注額が減ったら大変である。(大笑)
だから、一気に出席率が上るんじゃないかと言ったのだが・・・一笑に付された・・・(大笑)

今回の広報委員会・・・
婦人部会の方から「今回の会報の記事、よかったわねぇ~。すごく勉強になるいい記事だったわよ~」と褒められた。(大汗)
今回の会報に拙者が書いた記事は銅像について書いた記事である。
全国を旅して撮影した銅像の写真も掲載した。

img129_convert_20131202095802.jpg

img130_convert_20131202095848.jpg img131_convert_20131202095924.jpg

四苦八苦して書き上げた“駄文”である。(苦笑)
写真をたくさん載せて、なんとかかんとか誤魔化して書いた文章なので、あまり褒められると照れくさい。
「いやぁ~あれはいい記事でしたよぉ~。これからもドンドン書いて下さい!記事はあなたに任せるわ!」には参った・・・
いや、いや、そうじゃないでしょ?
「広報委員が、それぞれ持ち回りで書いたらどうでしょうか?」
「いやぁ~・・・あなたが適任!あとは頼むわね!」
いや、いや、そういうわけには行かないでしょ?
それじゃ、拙者の個人的な“会報”になっちゃうんじゃない?(苦笑)
少しでも他の委員にも関わってもらわないと・・・・
ただ会議に出てきているだけではねぇ~・・・ムダでしょ?
そうなるから出席率が落ちるわけで・・・
それぞれが自分達の出来る範囲内で頑張る・・・というのが大事なのではあるまいか?

とにかく、他の委員からも記事のアイディアを出してもらって・・・
書くのが苦手なら、概略でも書いてもらって、最終的には拙者が“文章”にまとめるというのはどうだろうかと提言した。
だいたい、文章能力の低い拙者が「文章をまとめる」なんて言語道断、笑止千万なのだが、他にやる人がいなければ、やるしかない・・・(大涙)

今回の委員会は、来年1月に発行する「新年号」の編集会議である。
で・・・肝心の掲載記事はまだ決まっていない。
「嫌だ」「出来ない」「あなたに任せる」を無視して・・・(大笑)
拙者は委員長でも副委員長でもないのに、強引に「第2回編集会議」を12月に開催することにした。(大笑)
いつも昼間会議をしているので、12月は夜に開催!
いわば忘年会を兼ねての編集会議とする。
今まで委員会で忘年会なんてやったことがないのだから、これもいいではないか?
酒を飲みながら、雑談をしているうちにアイディアが出るかもしれないではないか?
それを「文章に仕立てる」のは拙者がやればいい・・・(笑)
これで、みんなが参加して記事を作ったことになるのではないか?

「はい!みなさん、手帳を出して!いつが都合がいいですか?」(大笑)
まさか、こうなるとは・・・と委員長も唖然・・・
なんでも、いいではないか・・・ちょっと変わったことをやろうよ。(大笑)
いい、思い出にもなるでしょう?・・・上手くいっても失敗しても・・・(大笑)

みなさんの都合のいい日を言ってもらって、その場ですぐに事務局に飲食店の個室の予約を取らせる。
これで、よし!
これでみんなは「他人事」として逃げることは出来なくなった。(大笑)
おだてられるのは、そうそう悪い気はしないが・・・
だからといって、そうそう簡単には“豚は木に登らない”のである。(大笑)

日記 | 09:16:59 | Comments(0)