FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ちょっと元気過ぎ?(笑)
親父が介護保険の厄介を受けるようになってから、まもなく1年になる。
というわけで、介護保険の再認定を受けねばならない。
で・・・今日が、その日・・・(笑)

市役所から担当職員が我が家にやってきた。

前回、つまり、初めての認定の調査の時は、親父は腰の骨が折れているにもかかわらず(大笑)、かなり元気良く“テスト”に臨んでしまった為、少々心配になったが、「要介護3」の認定をいただいた。

あの時は、計算問題に間髪いれずスラスラと答え、さすがに驚いたが、調査員が帰った後、同じ問題を質問したら全く間違った答えをした・・・(大笑)
どうして本番に強いんだ?
1年経って、あの時の話をしたら「全く覚えていない」と言う。(唖然)
退院間もない時で、多少のボケ症状が出いていたが・・・
全く記憶がないとは・・・(大汗)

あの時は、腰の骨折と心臓が弱っていたことと不整脈とボケ症状があったため、多分、「要介護3」の認定になったのだろうと思うのだが・・・
今回は、そのままというわけにはいくまい。(笑)
1年経って、かなり回復をしている。

で・・・・
「腕は上げられますか?」「ベッドから自力で起きることができますか?やって見せて下さい」等々、型どおりの質問が始まり・・・全ての質問に、いとも簡単に応じる。(大笑)
スクッと立ち上がる!
サッと座る!
「あのぉ~無理しないで下さいね」と調査員・・・

「薬の管理は息子さんですか?」と調査員・・・
「い~え!(笑)、親父が自分でやってますよ。僕はノータッチ!」(笑)
さすがに調査員が唖然とした顔をした。(大笑)
退院後しばらくは拙者が管理していたが、今では10種類ほどある薬は、親父が自分でチェック表を作って、毎回チェックしながら飲んでいる。
今までの“誤差”は、21日分を処方されて1日・・・
つまり、1日分の薬が余ってしまったことがあるだけ。(笑)
それも大して重要な薬ではない。
血をサラサラにする薬、痴呆症の薬、心臓の薬を飲み忘れていなければ大丈夫だろう。(大笑)
「優秀」なほうではあるまいか?

「ご自分でやられているんですか?大丈夫なんですか?」と調査員・・・
「間違って飲んでも、すぐには死なないでしょうし・・・それに、緊張感を与えたほうがいいんじゃないかと思いまして・・・失敗したら大変なことになるぞって・・・」(大笑)
「・・・・」(唖然)

親父のベッドの脇には各種の記録表がある。(大笑)
ボケ防止のためにやらせている。

まずは・・・
毎日の血圧、心拍数の記録表!(笑)
自分で血圧計を操作させて測定させている。
もし、値が異常におかしい時は拙者に報告のこと!(大笑)

次が・・・オシッコ!(大笑)
頻尿だ、頻尿だと、うるさくて仕方がない・・・・(笑)
ただ、多いと騒いでいるだけではダメだ。
具体的な数値で報告せよ!(大笑)
拙者のお手製の容器でオシッコの量も測定させている。(大笑)
何時何分に何CCのオシッコをしたのかを記録させている。
だいたい、「1リットルくらい出た!」と“老人”は話が大きいのである!(笑)
で・・・ちゃんとした数値を記録させる。
記録漏れがあっても、命に支障はないから・・・間違っても構わない。(大笑)
この記録は、訪問診察してくれる医者に褒められた。(大笑)

その次が・・・リハビリの記録・・・
毎日20種類ちかくのリハビリをこなす。(笑)
リハビリの先生に教えてもらったリハビリに、本や新聞で見つけたリハビリメニューを加え、さらにテレビの健康番組で知ったリハビリメニューを加えた上に、自己流のリハビリメニューを加え・・・
この1年のうちに、ドンドンとメニューが増えて、とんでもないことになっている。(大笑)
さすがに、リハビリの先生から「これは、やりすぎです!」と注意されているが、頑固だから言うことを聞かない。
「この程度のことをやらねくては、よくならねぇだろ!」と豪語する。
まぁ・・・・どうせ一日中暇な“老人”ですから、いいんじゃないでしょうか?(大笑)
現在も月に1回から2回ほど、リハビリの先生に来てもらっているが・・・
その目的は・・・やりすぎているかどうかの確認である!(大笑)
訪問リハビリの目的が完全に変わってしまった・・・(大笑)

親父は、これらの記録を調査員に見せて得意になって説明をし始めた・・・(大笑)
「これ、ご自身で記録されているんですか?」
「そうですよ」
「すごいですねぇ~」
「おお!当然ですよ!このくらい!」(エヘン!)
オイ、オイ・・・・(汗)

「でね・・・これが、なかなか出来ないんですよ。これ・・・片足立ち!」
「片足立ち?」
「こうやるんですよ。これがなかなかうまくできないんですよねぇ~」
と・・・言いながら、ベッドから降りて、片足で立って見せた・・・(大笑)
「いや・・危ないですから・・・無理はしないほうが・・・」と調査員・・・
親父はヤジロベエの格好になって片足で立っている。(大笑)
「どこにも掴まらなくて大丈夫なんですか?」
「ほらね・・・出来ないでしょ?」
「いや・・・あの・・・ちゃんと出来てますけど・・・」(苦笑)
「いやぁ~出来てないでしょ~・・・ほら、全然ダメ!フラフラしていて・・・」
「いや・・・全然、フラフラなんかしてませんけど・・・」と調査員は苦笑・・・
アララ・・・調子に乗っちゃってる・・・
余計なことまでやり始めちゃった・・・(大笑)

「これで調査は終了です。あとは、ご家族の方から聞き取りの調査があるので・・・」と調査員。
別室で拙者と調査員の問答となる。
「親父は、そこにいていいから・・・ちょっと隣の部屋で打ち合わせをするから・・・」と言ったら、途端に親父は不安げな顔になった・・・(大笑)

「で・・・息子さんから見て、お父様の具合はどうなんでしょうか?」
「はい!歳相応のボケだと思います!」(大笑)
他に言いようがないわ・・・これ・・・(大笑)

調査員が帰った後・・・
親父はかなり不安になったようである。(大笑)
「おい、どうなんだ?何の話をしていたんだ?大丈夫か?合格か?」
「いや・・・合格とか、そういうことじゃないんだけど・・・」(大汗)
「どうなるんだろうね?」
「え~と、要介護3から、もしかしたら要支援にランクが下がるかもね。かなり元気になったからなぁ~」(笑)
「支援かぁ~・・・ヘルパーとかリハビリとか来てくれなくなるのか?」
「さぁ、どうでしょ?」(笑)
「見捨てないでもらいたいんだけどよぉ~」
はぁ?(大笑)

あれだけ元気なところを見せちゃって、それはないだろ?(大笑)

「ヘルパーさん、失業しちゃうかもな」
「失敗したなぁ~・・・チョットやりすぎたかなぁ~」
「元気なくせに具合の悪いふりはできないでしょ?仕方がないんじゃないの?本当に元気なんだから」
「そうなんだよなぁ~俺、演技は出来ねぇからなぁ~」
「いいんじゃないの・・・自然のままで・・・」
「でも見捨てられちゃうんだろ?元気だと・・・」
「・・・・」(大笑)

なにを今頃心配しているのやら・・・(大笑)
今月末頃に結果が出るそうだから・・・・楽しみである!(大笑)
さぁ、どうなるか・・・要介護か要支援か・・・そのときの親父の顔が見ものである!(大笑)

スポンサーサイト



日記 | 17:58:06 | Comments(0)
女性参加に数値目標?
政府はPKO(国連平和維持活動に派遣される女性自衛官や国連機関で働く日本人女性の数を増やすため、数値目標を導入する方向だという。
これは、安倍政権が掲げる女性重視政策を国際的にアピールする目的のようだと言うが・・・
はぁ~・・・・数値目標ねぇ~・・・
官僚の発想だな・・・これ・・・(汗)

目標を具体的にするというのはいいことなのだが・・・
「数値目標」というのは、一見、具体的で非常にいいようにみえる。
が・・・役人のやる「数値目標」くらい“危ない”ものはない。(笑)

その昔・・・
拙者の町の役所に「ゴミを減らす課」というのが設置された。
当然、役人だから、数値目標がある。
前年比何%ゴミを減らす・・・という。
それは、それでいいのだが・・・
この目標を達成する為に何をしたのかと言うと・・・
ごみ焼却場に持ち込まれるゴミを制限したのである!(唖然)
個人や企業から直接持ち込まれてくるゴミ・・・
雑誌等ならば一束しか受け付けてくれない・・・
他の束は持ち帰れと言う。
蛍光灯は一人1本まで、3本も持ってきたのなら2本は持ち帰れと言う。
で・・・どうなったか・・・
持ち帰れと言われた人は、ごみ焼却場の周辺の山林に投げ捨てて帰っていくのである。(唖然)
会議の席で、「昨年度比何%削減できました!」などと得意気に報告したので、ついつい拙者の反発心が頭をもたげてしまい・・・(大笑)
「ゴミの受取を拒否すりゃ、いくらでも目標は達成出来ますよね!」と課長に向って言っちゃった!(大笑)
“市民”相手の報告会だったのだが、会場はシ~ン・・・(大笑)
「本来の意味でのゴミを減らす・・・というのとは、やっていることが、ちょっと違うんじゃないでしょうか?」
「・・・・」
その場の雰囲気を完全に壊した・・・・(大笑)
「長いものには巻かれたくない」という若気の至りなり・・・(大笑)

これと同じようなことが起こるんじゃないか?(笑)
女性の比率を何%にする・・・などという目標・・・
達成する為には、本人の適正なんて関係なく、とにかく頭数さえ揃えればいい・・・ということになるんじゃなかろうか?
なぜ、そういう“部署”に女性が必要なのか・・・という本来の意味が失われてしまうのではなかろうか?
本末転倒になりかねないと思うんですけど・・・

数値目標は具体的には、国連が2009年にPKO派遣兵士の10%を女性とするよう要請しているそうで、その数値を参考値にするのだそうだ。

現在、アフリカの南スーダンに展開しているPKOには自衛官約350人が派遣されているそうで・・・
そのうち女性自衛官は13名だそうだ。

ある方から聞いた話であるが・・・
ある女性自衛官が妊娠”させられて”自衛隊を退職したそうで・・・
この時に、この方が相談に乗ってあげたそうだ。
内部ではかなり男女関係が乱れているとか・・・
まぁ、男と女しかいないわけですから、何かあっても、おかしくはないわけで・・・
それが双方の“合意”の下でなら他人がとやかく言うことではない。
が・・・どうも、そうじゃなかったらしい・・・(大汗)
この方は、自分の娘は絶対、自衛隊には行かせない・・・とおっしゃっていたが・・・
多少、誇張された話だとして、“話半分”として聞いても・・・ちょっとマズイ話かな?(汗)

PKO派遣の自衛官の10%以上を女性自衛官にするとした場合・・・大丈夫だろうか?
こういうことを言ったらかなり失礼な言い方になるが、くれぐれも“従軍慰安婦”にならないようにご注意願いたいものである。

いっそのこと、中途半端に10%などとは言わず、PKO派遣の自衛官は100%女性自衛官にするというのはどうだろうか?(笑)
「アマゾネス軍団」である!(大笑)
日本の自衛隊は正当防衛以外では武器の使用を法律で禁じられている。
他国のPKO派遣隊員に対して「私が攻撃されたら助けてください。でも、あなたが攻撃を受けても私は助けてはあげません」という、なんとも非常識な話をしなくちゃならないんだから、“日本の恥”だと思うのだが・・・
どこの馬鹿が決めた法律なのかは知らないが、悪法でも法は法である。
守らねばなりませぬ!(大涙)
他国の兵士が目の前で虐殺されても見て見ぬふりをして自己保身に努めろ・・・というのだから呆れるが・・・
これを男性自衛官がまともに行なったら、国際的批判はかなり激しいものになることは明らかである。
が・・・全員が女性なら?
「まぁ、女だからしょうがないか・・・」と多少勘弁してくれるかも・・・(大笑)
「女性に助けてもらおうなんて、恥を知れ!」と逆に応援を求めた他国の兵士が怒られるかも。(大笑)
で・・・ヘルメットを被って戦闘服を着ていても「あたし、女だし・・・か弱いんです」と言えば、自衛隊が攻撃を受けた時には、頼みもしないのに他国の男性兵士たちが我先にと駆けつけて守ってくれるかも・・・(大笑)
これ、いいんじゃないかな?
PKO派遣自衛官は全員女性というの・・・
イザとなった時の国際的批判は避けられるんじゃないかな?

国連職員の場合・・・
事務局に勤務する日本人女性の数は男性より少し多いのだそうである。
が・・・そもそも日本人全体の占める割合が国連の分担金の多さに比べてアンバランスになっているのだそうで、本来ならば、もっと増員しなくてはならないそうである。
で・・・女性の割合も増やしましょう・・・ということなのだそうだ。

その昔・・・いつの事なのかを書いたら個人が特定される危険があるので明記はしないが・・・(笑)
拙者が一人で国連本部へ行った時に、ある日本人女性職員にご案内いただいたことがある。
が・・・その化粧のすごさに正直言って違和感を覚えた・・・(汗)
「人は外見で判断してはいけない」・・・とは言うが・・・限度というものがあろう?(笑)
多分、もしかして、彼女は語学が達者で、事務処理等の能力も格段に高いのかもしれないが・・・
う~ん・・・第一印象は・・・こう言ってはまたまた失礼な発言になりますが・・・「売春婦」?
ちょっと“職員”というのとはかなりかけ離れた“お化粧”で・・・(大汗)
周囲の外国人男性職員に愛想を振りまいていた姿に唖然とした・・・
「あのぉ~職員になった目的は男漁りではないですよね?」と、ついつい尋ねたくなるような雰囲気だったのである。(大笑)
う~ん・・日本人女性職員の比率を上げるのも結構なんですけど・・・
こういう雰囲気の日本人女性が増えたのでは困るなぁ~(大笑)
大昔の話だから、今は、そういう“化粧”の人はいないとは思いますが・・・(大笑)
場所がニューヨークですから・・・くれぐれも「イエローキャブ」と揶揄されることのないようにご留意いただきたいものである。

国内においては、指導的地位に女性が占める割合を2020年までに30%以上に高めることを政府は考えているそうだ。(唖然)
ハッキリ言って、能力のある女性指導者が増えるのは喜ばしいことではあるが・・・
能力のない、ただ“女性”というだけで選ばれた指導者が30%以上も占めたら日本はどうなってしまうだろう?
こりゃダメだ・・・となって減らしたくとも「数値目標」があるから減らせない・・・代わりの人も見つからない・・・となったら不幸の何ものでもない。(笑)

能力があるのであれば男も女も関係ない・・・
能力がないのであれば、これまた男も女も性別は関係ない・・・
本来はそういうものではあるまいか?
ことさらに「女性」を特別扱いにして、“特別枠”を設けるべきではないと思うんですけどねぇ~

「女性」とか「男性」という言葉を出した瞬間に男女差別をしていることにならないだろうか?
矛盾していると思うんだよねぇ~
「男性用トイレ」と「女性用トイレ」は、男女差別ではなく、これは“区別”である。
男女差別反対!と叫んで女性用トイレに拙者が入ったら・・・逮捕されるに違いない・・・(大笑)
男女・・・という言葉は、“区別”だけに使用したいものである。
“差別”と“区別”がゴッチャになった中で“目標”など設定したら、長い目で見たらおかしなことになってしまうのではあるまいか?

エッセイ | 10:44:08 | Comments(0)