FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

40年ぶりの富士山!
091_convert_20130707144741.jpg

午前8時半、ホテルをチェックアウト・・・
まもなく、「お土産屋さん」に到着・・・
ここでお土産買い・・・・(笑)

今日は帰宅する日・・・
途中、時間があれば、富士山に立ち寄り帰宅するという。

で・・・途中・・・
富士山がよく見える場所で、バスを停め、富士山の写真撮影をする。
これは・・・山梨県側から見た富士山ということになる。

092_convert_20130707144820.jpg 093_convert_20130707144853.jpg

このビューポイントはバスガイドさんが知っていて、本道から脇に入ったところにバスを停めた。
いやぁ~バスガイドさんは、良く勉強をしている・・・感心した・・・(笑)

やっぱり、富士山というのは遠くから見るのが一番ではなかろうか・・・(笑)

11時ごろ・・・富士山の5合目に到着する。
ここ・・・中学校の修学旅行で来たことがあるような微かな記憶がある。

096_convert_20130707150741.jpg

多分、あの時も、この角度から写真を撮ったのではあるまいか・・・(笑)
なんとなく、この景色・・・憶えているのである。
あの時も、富士山は遠くから見たほうがいい・・・と思ったことを憶えている。
ここでは自由行動ということになっていたが、与えられた時間は30分・・・(笑)
どこかでコーヒーを飲みたいと思ったのだが、どこも観光客で混んでいるようで、集合時間に間に合わないとマズイので諦める。

韓国人観光客が目立つ・・・
反日感情が強い国民なのに富士山を見に来るのか?
まさか、富士山を征服した気分に浸っているわけではあるまいな?(大笑)

修学旅行以来となると・・・約40年ぶりの訪問ということになる・・・
あれからもう40年も経ってしまったのか・・・月日が過ぎるのは早いものである。(汗)

104_convert_20130707151123.jpg

しかし、あの頃は、こんなに建物なんて建っていなかったような気がするが・・・(笑)

富士山5合目を降り、ふもとの町へ・・・
そこで昼食・・・・

110_convert_20130707155154.jpg 107_convert_20130707155113.jpg

ここは1階が「印傳」というのを売っているお店で、2階がレストランになっている。
「印傳」とは何のことなのか拙者にはさっぱりわからんが、他の年配の人達はご存知のようである。
どうも革製品のことを指しているようである。
この「印傳」は、山梨県の伝統工芸品なのだそうだ。
拙者は、買う気は全くなかったのだが・・・
そういえば・・・拙者の名刺入れは長年使っていてボロボロであることを思い出した。
そうだ・・・こういう時に買い換えるのもいいだろう・・・
かなり値段が高いが・・・印傳の名刺入れを自分用のお土産として購入する。(笑)
使い込んでいくうちに革が軟らかくなると店員が言っていたが・・・
革が軟らかくなるまで何年かかるか・・・(笑)
それまで生きていればいいが・・・(大笑)

高速道路(新東名?)を走り、途中のサービスエリアで休憩・・・

111_convert_20130707155225.jpg(駿河湾沼津SA)

へぇ~・・・洒落た建物である!

トイレに行って見たら、これまた驚いた!
へぇ~・・・洒落たトイレである・・・

112_convert_20130707155300.jpg

奥にある「大」用のトイレ・・・
ドアのところに大きなランプが・・・・
赤は使用中、青は空いてます・・・ということなのだろう。
これだけ目立てば、ドアをノックしていいものやら・・・と気を使うこともない。
こういうトイレは高齢者にもわかりやすくていいのではないか?
ドアのノブのところに小さく見える「赤い印」では、高齢者には見づらいだろう・・・
う~ん・・・こういうトイレは全国に普及してもらいたいものである。(笑)

午後8時頃・・・わが町に到着!
自宅に戻る途中、遅い夕食をファミレスでとってから帰宅する。
いやぁ~予想以上に楽しいバス旅行であった。
亡き母、伯父に感謝だな・・・総代だった祖父にも感謝だな・・・(笑)

スポンサーサイト



旅行 | 14:43:59 | Comments(0)