FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ホーチミンに戻る
さて、昼食会場は・・・
先ほど休憩をしたホテルのレストランであった・・・(笑)

334_convert_20130606115513.jpg

で・・・この後は・・・何も無いと言う。(大笑)
もう、見るべきところはないそうである。(本当かな?)(笑)
時刻は11時を少し回ったところである。
コンダオ島発ホーチミン行きの飛行機は午後2時半出発なので・・・
その間、何もやることがない・・・
ということで、このホテルでノンビリと時間潰しをすることとなった。(笑)
我がツアー客の中には、ホテルの売店で海水パンツを買って海に入った人もいたが・・・(笑)
拙者はテラスの椅子に座って、ボケェ~と過ごす・・・・
こんなことなら文庫本を持参して来ればよかった・・・と少々後悔・・・(笑)

約2時間弱、ホテルで時間を潰し空港へ・・・

337_convert_20130606124945.jpg(空港ターミナル)

336_convert_20130606124906.jpg(ターミナル内部)

ターミナルは結構狭いのである。(笑)
搭乗手続きが始まるまでは、ここで待たねばならない。
で・・・余りにも暇なので建物内をブラブラするが、5分とかからず一巡できてしまう。(大笑)
空港内のお土産屋さん・・・
オバチャンが「買って!、買って!」と言うが、ウ~ン・・・欲しくなるような土産はない。(大笑)
代わりに許可を得て写真を撮影する。
これが拙者の“お土産”・・・・(大笑)

335_convert_20130606124825.jpg

搭乗手続きまでの間、椅子に座って“ミヤガワのおばあちゃん”と二人で雑談・・・
と・・・隣りに座ってきたベトナム人の30歳代の女性に“ミヤガワのおばあちゃん”がいきなり英語で話しかけた。(驚)
このおばあちゃん・・・80歳だが英語が上手なのである・・・
拙者より上手である。(大汗)
へぇ~知らなかった・・・そのお歳で英語が話せるとはねぇ~(驚)
「わたし、日本から来たんだけどね、あのね・・」と言った調子で話しかける。
外国人と会話するなんてなんということはない・・という調子だから、このように海外旅行に参加できるんだろうなぁ~

で・・・拙者は黙って相槌を打つだけ・・・(大笑)
話が行き詰った時だけ下手な英語で(笑)、助け舟を出す。

この女性と“ミヤガワのおばあちゃん”は大いに話が盛り上がっているのだが・・・
添乗員さんはハラハラしているようで・・・
「まさか、そういうことはないと思いますが、あまり親しくなるのも危ないと思うんですよ。スリに遭ったりする可能性もあるので・・・まさかとは思いますが・・・ほどほどにしたほうが・・・」と拙者に忠告してきた。
なるほど、確かにその可能性は否定は出来まい。
そこで“ミヤガワのおばあちゃん”のカメラでツーショットを撮ることを思いついた。
一緒に写真を・・・と言われて拒否するようだったら・・・怪しい・・・(大笑)
写真を撮られたら、そうそう“悪さ”はできまい?
何かあっても、写真を見せて「この女性に財布を盗まれた」と空港職員に訴えれば、人相特徴、服装などを説明するより話が早い・・・
つまりは・・・危機管理・・・である。(笑)
抑止力・・・である。(大笑)
快く、彼女がツーショットに応じたので、多分、大丈夫だろう。
この女性からは「あなたは戦争に行ったのですか?軍人ですか?」と尋ねられ、思わず笑ってしまった。
どうも海外へ行くと、拙者はよくこの質問を受ける・・・(大笑)

搭乗手続きを終え、搭乗口前の待合所へ・・・
ベトナム人の若い女性とその友人の女性も我々が乗る飛行機と同じだと言う。
が・・・我がツアーは一箇所に集まって待つというので、彼女達に別れを告げる。
で・・・“ミヤガワのおばあちゃん”・・・
「さっき、私が鞄を開けたら、あの女の子、やたらとチラチラ私の鞄の中を覗き込むのよ。彼女、ちょっと怪しいと思ったんだけどねぇ~何も取られてはないみたいだから・・・大丈夫かな?」と言う。(大笑)
おお、おしゃべりに夢中になっている割には、ちゃんと気をつけていたんだぁ~(大笑)
さすが、お年寄りは侮れないね。(笑)
「万が一を想定して、ミヤガワさんのカメラで写真を撮っておきましたから、もしかして悪い人だったとしても顔写真を撮られているから手も足も出せなかったでしょ?」
「え~!そういうことで写真を撮ってくれたわけ?」
「いや、何事もなければ、いい旅の思い出・・・何かあったら犯罪の証拠写真・・・ということです」(笑)
「なるほどね!さすが!アハハ・・・」

340_convert_20130606134527.jpg 342_convert_20130606134605.jpg

午後2時35分発、VN8058便にてホーチミンに向かう。

344_convert_20130606134729.jpg 345_convert_20130606134818.jpg

行きも帰りも偶然にも窓側の席・・・
窓から見る大空・・・
高所恐怖症の割にはなぜか好きなのである。(笑)
昔、こうやって空を飛んでいたような・・・そんな懐かしい思いがするのである。(笑)

347_convert_20130606152838.jpg

1時間弱でホーチミン上空に到着・・・

348_convert_20130606153058.jpg

下を見ると・・・・
どこだろう・・・川に工事中の橋が見える。
これも日本のODAなのだろうか?

349_convert_20130606153134.jpg 350_convert_20130606153303.jpg

で・・・・窓の下を眺めているうちに・・・着陸!(笑)

351_convert_20130606153742.jpg 354_convert_20130606153820.jpg

空港を出てホーチミン市内へ・・・
当初の予定では、これから『戦争証跡博物館』へ行く予定なのだが・・・
我がツアー客からは、あまりいい返事がない。
あそこには、確か枯葉剤で奇形となったホルマリン漬けの胎児などが展示されていたような・・・(汗)
確か、10年前に行ったことがあるような・・・気がする。
正直言って、また見ようという気は起こらない。
時間の関係もあり、皆さんから「行かなくてもいいんじゃないか?」の声もあり・・・
『戦争証跡博物館』の見学は取り止めとなる。
博物館には米軍の戦車や装甲車、飛行機なども展示されていたような記憶があるが、米軍のものには殆ど興味はないから別に行かなくてもよい・・・・(笑)
旧日本軍のものなら是非行くが・・・(笑)

で・・・代わりに『中国人町』へ行こうと急遽参加者の提案で行くことになったが、ガイドさんの話では「中国人町」というのは存在しないとかって言っている・・・
どうも参加者の話では、「チョロン」という場所らしく、そこには多くの華僑が住んでいるらしく、そこが「中国人町」らしい・・・
が・・・商店は閉店していて閑散とした様子・・・
バスの窓から見学するが、どこが「中国人町」なのか、拙者にはさっぱりわからず仕舞い・・・

で・・・今度は『マーケット』に行こうという話が参加者から持ち上がった。
バスは、その『マーケット』という場所へ向かったが、残念ながら閉まっていて、ここも閑散としていた。(笑)
アララ・・・

で・・・苦し紛れにか・・・(大笑)
どこかのお寺に連れて行かれた・・・(大笑)
誰がここに行こうと言い出したのかは知らない。
どうもベトナム最古の華僑のお寺らしい・・・

359_convert_20130606160930.jpg 356_convert_20130606161039.jpg

天井から渦巻状のお線香が下がっている・・・
まぁ・・・それだけのお話で・・・(笑)
で・・・時刻は午後4時を過ぎた・・・
ここを10分程度見学してバスに戻る。

さて・・・今日は、もうこれ以上見に行く所はないそうで・・・(大笑)
とりあえず、夕食までには時間があるので、一度、ホテルに戻る・・・ということになる。(大笑)

ホテルに戻る途中、『ベンタイン市場』の前を通過・・・
この市場は、有名な市場なのだそうだ。(拙者には興味が全くないが・・・)(笑)
建物は1914年に建てられたもので・・・(日本では大正3年である)
第二次世界大戦で被害を受け、改修されたものだという。
ん?ベトナム戦争の時には被害は受けなかったのか?

360_convert_20130606162343.jpg 361_convert_20130606162420.jpg(ベンタイン市場)

ホテルに到着・・・
夕食までには軽く2時間も余裕がある。(笑)
その間が暇である・・・
ということで・・・ホテルの周辺を一人で散策してみることにした。

まずは、拙者が宿泊している『マジェスチィックホテル』・・・
これを正面から写真を撮ろうと思ったのだが・・・
なんと・・・ホテルの前の道路は行き交う車やバイクが多くて危なくて渡れない!(涙)
フィリピンで慣れているはずの拙者だが、さすがにこの交通量の中では恐くて渡れない・・・(大笑)
というわけで・・・正面からの撮影が出来なかった・・・(大涙)

362_convert_20130606165342.jpg 363_convert_20130606165425.jpg

この『マジェスティックホテル』は1925年(日本では大正14年)に建てられたホテル。
大東亜戦争時、日本軍がここに進駐した時に日本軍が使用することになった。
話によると、フランス植民地政府から“貸し出された”のだとか・・・
この時にホテル名は『日本ホテル』と改称したらしい。

そういえば、この間お会いした拙者の祖父の上官のご子息の“クワキさん”・・・
軍医としてビルマに赴任途中にサイゴンに立ち寄り、この『日本ホテル』に宿泊したと御著書に書いてあった。
これは、早速、帰国したらご報告をしなくてはなるまい。(大喜)
サイゴン(現:ホーチミン)は、戦時中、日本陸軍の南方総軍司令部が置かれた場所である。
多くの日本軍人が宿舎としてこのホテルを使用していたことだろう。
う~ん・・・そのホテルに泊まっちゃった!・・・感無量である。(大喜)
しかし、部屋に置いてあったホテルのパンフレットによると、どうも2015年に新しいビルに建て直すようなことが書かれていた・・・
本当だろうか?
となると・・・この歴史ある建物は壊されちゃうのか?
いやぁ~もったいないなぁ~・・・・何とかならんかなぁ~

ホテルの裏のほうを歩いてみる。
10年前は、どのあたりを歩いたのか全く記憶がないが・・・
町並みが近代的過ぎて・・・昔の記憶と合わない・・・(笑)
“10年一昔(ひとむかし)”とは、本当だな・・・
東京のどこかの街を歩いているようで、ちっとも面白くない・・・

午後6時、バスに乗って夕食会場へ・・・
食事後、ホテルに戻る時には道路は交通規制で大混雑・・・
今日はベトナムの解放記念日だそうで、ホテルの目の前の川の所で花火が打ち上げられるのだそうだ。
で・・・その場所取りの為に大混雑・・・
あらら・・・である。

ホテルに戻り、ガイドさんにお願いしてマッサージに連れて行ってもらう。
ついでに2名ほどが一緒に行きたいと言うので3名でホテルの近くのお店に行くが・・・
マッサージ中に花火の音が・・・
あっ!いけねぇ!忘れてた!(大笑)
どんな花火が打ち上げられたのか・・・気になるところだが・・・(笑)
花火の音は、ものの10分か15分程度で鳴り止んだ・・・
う~ん・・・たいした花火じゃなかったかも・・・(大笑)

夜遅くなって喉が渇いた・・・(笑)
部屋の冷蔵庫の飲み物は値段が高い・・・・
普通のホテルなら無料のコーヒーがあっていいはずだが、なぜかこのホテルにはなかった。
日本のホテルなら自動販売機がホテル内にあるが、こういう高級ホテルにあるわけがない・・・ベトナムだし・・・(笑)
ということで、“夜の冒険”を兼ねて、夕方、確認しておいたホテルから少し離れた場所にある小さなコンビニへ行く。
そこまでテクテク歩いていたら、暗やみからオッサンが・・・・(大笑)
「オンナ!ショウカイスルネ!ミンナ、カワイイネ!ミルダケ、ミルダケ!」と、しつこい・・・(笑)
「女はいらねぇって!」と言っても、どうも通じない・・・(笑)
一方的に、こっちです、どうぞ・・・と引っ張ろうとする。
「おい!こら!あのな!いらねぇって言ってるんだ!」と睨みつけたら「スミマセンデシタ!」と意外にも素直に謝ってきた。(大笑)

コンビニで買物・・・
コーラとミネラルウォーター・・・
どのミネラルウォーターがいいか・・・アルバイト学生らしい女子店員に決めてもらい、レジへ・・・
で・・・米ドルを出したら、「米ドルはダメです」とアルバイト学生らしい男子店員に言われてしまった!
ウソ!(驚)
拙者は米ドルしかもっていないのだ・・・
仕方がないから買うのを諦めて、ホテルに戻り、フロントで両替をする。
で・・・再びコンビニへ・・・
今度は別の客引きのオッサンが声をかけてきた!(大笑)
こいつもしつこかったが・・・撃退!
今度こそは、ベトナム・ドンで支払い、コーラとミネラルウォーターを購入するが・・・
とにかくベトナム・ドンは金額が大きすぎてよくわからんのです。(大笑)
例えば・・・コーラ、1本・・・2万5千ドン・・・という感じ・・・
ん?2万5千円?(大笑)
10万ドンを出してお釣をもらったが、お札の“0”の数が多すぎて、よくわからない・・・(大笑)
100000の札を出したら50000と10000のお札が戻って来て・・・
一瞬・・・ん?・・・このお札は、いくらのお札?・・・
「いち、じゅう、ひゃく、せん・・・」・・・あ~!面倒くさい!(笑)
なんとかしてくれないかなぁ~・・・この・・・ドン!(大笑)

スポンサーサイト



旅行 | 20:51:06 | Comments(0)
再び収容所・・・(苦笑)
約1時間の休憩後、次に向かったのは・・・・
またもや収容所!(苦笑)
「歴史の旅」は、なかなか手ごわい・・・そうそう簡単には別の場所には連れて行ってはくれないようである。(大笑)

309_convert_20130603124422.jpg

英文の説明板によると・・・
この収容所は、1971年に造られたもので、A~Hまでの8つのセクションに分かれていたという。

312_convert_20130603125523.jpg 313_convert_20130603125605.jpg

315_convert_20130603125649.jpg(独房)

A~Hの各セクションには、それぞれ48の部屋(独房?)があったそうである。

ここの見学は15分程度で終了・・・
続いて向かったのは・・・お墓・・・霊園である。

317_convert_20130603204144.jpg 320_convert_20130603204321.jpg

324_convert_20130603204700.jpg(モニュメント)

319_convert_20130603204405.jpg(敷地内で咲いていた花をパチリ!)

321_convert_20130603204453.jpg 322_convert_20130603204532.jpg

処刑された人達のお墓・・・
名前が判明している人は名前が刻まれているが、名前がわからない人もかなりの数あるようで・・・
何も刻まれない墓標が建っている・・・

この墓地で一番有名なお墓が・・・これ・・・

323_convert_20130603204607.jpg

ヴォーティサウ(ボーティーサウ、ボーティサウ、ボーティサオ・・・)さんのお墓・・・
なにせ発音の日本語表記が難しい・・・(笑)
とにかく、こんな感じの発音の名前の人のお墓で・・・
この人はフランス植民地軍によって1952年に17才で処刑された少女・・・
“革命戦士”だったという。
「あ~あの少女の・・・」とツアー参加者から洩れ聞こえる。
ん?拙者には何のことやらさっぱりわからんが・・・(笑)
まぁ~見るほうの立場によっては、テロリストにもなるし英雄にもなる・・・

次に向かったのは・・・ここからしばらく行った場所にある牛舎・・・・

327_convert_20130603221934.jpg(牛舎)

328_convert_20130603222022.jpg

で・・・ここの牛のウンチを使って拷問をしていたのだとか・・・(汗)

329_convert_20130603222059.jpg 330_convert_20130603222131.jpg(内部)

『牛糞拷問所』というらしい・・・小屋・・・・
なんというか・・・ウンチ攻め?(唖然)

333_convert_20130603223648.jpg

この『牛糞拷問所』のすぐ近くに慰霊碑らしきものが・・・
英文の説明文を読んだが・・・英語の苦手な拙者は正確には訳せないのだが・・・(大笑)
どうも1862年6月28日にフランス植民地政府によって最初の流刑者グループが、このコンダオ島に流刑されたらしい。
で・・・フランス陸軍の中のベトナム人兵士によって組織されたグループが反乱を起こし、官公庁を破壊し、コンダオ刑務所に火を放ったらしい・・・(この辺あたりから拙者の英文和訳は怪しくなる・・・大笑)
(流刑者が反乱を起こしたのではなく、フランス軍のベトナム兵が起こしたのか?)
で・・・この反乱軍は残念ながらどうやら本土へ行く方法を見つけることが出来ず、この島の支配者(?)であるフィーリクス・ルーセル(?)とかという人物が半年後(?)に全島に対し掃討作戦を開始したらしい・・・
で・・・この反乱軍狩りは13日間続き・・・
100人以上が死に、20名が生きて捕らえられた・・・
刑務所長(?)は生き残った20名に砂丘(?)に大きな墓を掘らせて死者を葬らせ、その後、この20名を生き埋めにしたらしい。(ん?ちょっと怪しい和訳か?生き埋めでいいのかな?・・・笑)
まぁ、いずれにせよ・・・
ここがコンダオ刑務所(収容所)の最初の埋葬地だという・・・

なんとなく・・・わかったような・・・(苦笑)

で・・・時刻は11時・・・

お昼までには少し時間があるが、昼食をとるため、レストランに向かうこととなる。

旅行 | 13:39:05 | Comments(0)
収容所巡り・・・(涙)
次に向かったのは・・・収容所・・・(笑)
まぁ、「収容所の島」「監獄の島」ですから・・・

266_convert_20130601140439.jpg

この収容所は島で一番古い収容所だったらしい。
1862年に造られたという。
日本では・・・江戸時代・・・
「寺田屋事件」とか「生麦事件」とか、「和宮様が降嫁した」という年である。
ここベトナムでは、フランスの植民地となり統治が始まった時期である。

といっても・・・この収容所が当時のままというわけではない。(笑)
1956年、1960年、1963年、そして1974年と何度も収容所名が変更となっているから、その度に施設は改築や増築をされたのではあるまいか?

270_convert_20130601140545.jpg

あまりにも暑いので・・・木陰のベンチで、この施設のガイドさんから話を伺う。
が・・・拙者は全く興味がないので・・・(大笑)・・・よく聞いていなかった・・・

272_convert_20130601140626.jpg

地元の犬・・・
多分、何度も同じ説明を聞いているからだろう・・・飽きているご様子・・・(笑)

273_convert_20130601152422.jpg 274_convert_20130601152507.jpg

277_convert_20130601152630.jpg 276_convert_20130601152548.jpg

収容所の中は、こんなふうだったんですヨォ~・・・という蝋人形・・・

279_convert_20130601153416.jpg

別の場所では、このように労役をさせられていたんですヨォ~・・・という蝋人形・・・

282_convert_20130601153544.jpg 281_convert_20130601153955.jpg

独房(二人部屋)は、こんな感じだったんですヨォ~・・・という蝋人形・・・

正直言って・・・もう、どうでもいいやぁ~・・・という感じなんですけど・・・(苦笑)
次に向かったのも・・・収容所・・・(笑)

284_convert_20130601154621.jpg

こちらの収容所は先ほどの収容所の次に造られた二番目に新しい収容所だと言っていたような気がするが・・・
これまた、真面目に話を聞いていなかったので良くわからない。(大笑)
『虎の尾』とか何とかって言っていたけど・・・何のことやらさっぱりわからない。(涙)
どうも相当反抗的な人間を収容していた「秘密の収容所」らしい・・・
英文の説明板を読もうとしたら、ベトナム人らしき団体客がやってきて、説明板の前で記念撮影なんぞを始めてしまったので、近づくに近づけず、読むに読めず・・・・で立ち去ることとなった・・・(涙)

285_convert_20130601154701.jpg

この収容所の門扉・・・
丸い穴の開いた鉄板・・・
これは戦時中に米軍が滑走路を造った時に地面に敷いた鉄板である。
拙者はフィリピンで見たことがある。
誰もこのことには気がつかなかったようだが・・・(笑)

287_convert_20130601154815.jpg(収容所外壁)

290_convert_20130601154852.jpg(収容棟)

291_convert_20130601155748.jpg(収容棟の2階)

この2階から、下にいる囚人を棒などを使って小突き回したらしい・・・

292_convert_20130601160100.jpg

2階から見た階下の独房・・・
瓶に入っている白い粉は石灰・・・
この石灰を上から囚人にぶっ掛けて、水を浴びせると、チリチリとやけどをしたとか・・・
石灰とは、たぶん「生石灰」のことだと思う・・・
生石灰に水をかけると発熱して消石灰になるから・・・たぶん、そのことだろう。

294_convert_20130601160255.jpg

で・・・その階下の牢獄には、こんなふうに反抗的だとして女子大生たちも収容されていたんですヨォ~・・・という蝋人形・・・

297_convert_20130602123230.jpg 299_convert_20130602123308.jpg

他の場所では、こんなふうに暴行も行なわれていたんですヨォ~・・・という蝋人形・・・

あ~・・・もう、十分だ・・・(苦笑)

時刻は午前9時・・・
ちょっと暑いので、どこかで飲み物でも飲んで休憩しようということになる。

近くのホテルに移動して、飲み物を飲み一服・・・

300_convert_20130602131717.jpg(ベトナムコーヒーを入れているところ)

拙者はソフトドリンクを頼んだ・・・
他の方がアイスコーヒーを頼んだので、ちょっと写真を撮らせてもらう。(笑)
で・・・このベトナムコーヒーを氷の入ったグラスに注いでアイスコーヒーを作るんだとか・・・
ツアーの某参加者が練乳を頼んだ。
それを入れると美味しいのだとか・・・
おお、そういえば、10年前に練乳を入れてコーヒーを飲んだような微かな記憶がある・・・(笑)

このホテル・・・リゾートホテルのようで・・・
ホテルの前はプライベートビーチ・・・

307_convert_20130602132552.jpg 306_convert_20130602132731.jpg

303_convert_20130602133058.jpg 302_convert_20130602133009.jpg

昔は「監獄の島」・・・
今はリゾート・アイランド・・・・
う~ん・・・こういうところでノンビリと読書をするっていうのもいいかも・・・(笑)

旅行 | 12:08:23 | Comments(0)
コンダオ島へ行く
昨晩は、結局、ベッドの中でゴロゴロするばかりで、さっぱり寝付けなかった。(大笑)
ウトウトしているうち、午前3時!
結局2時間程度、ウトウトとした程度の「睡眠」である。

出発が早いので、朝食は「お弁当」・・・
空港内のベンチで食べる。
で・・・食べ始めてから写真を撮ることを忘れていたことに気がつき、写真をパチリ・・・(笑)

229_convert_20130529185819.jpg

結構、おなか一杯となる・・・
まぁ、午前5時の朝食なんだから無理もないか・・・
しかし、やっぱりベトナムのパンは美味しい!

午前5時40分過ぎ・・・
まだ外は薄暗い・・・
午前5時55分発、コンダオ島行きVN8051便に乗り込む。
プロペラ機である!(大喜)
なぜか、プロペラ機のほうが“飛行機に乗っている”という気がして好きなのである。

231_convert_20130529190414.jpg

ホーチミン上空・・・

232_convert_20130529191544.jpg 233_convert_20130529191627.jpg

234_convert_20130529191821.jpg

飛行時間、約1時間でコンダオ島に着く・・・


より大きな地図で コンダオ島 を表示

236_convert_20130529192616.jpg 238_convert_20130529192650.jpg

239_convert_20130529192732.jpg

まぁ~のどかな田舎の空港である!(笑)
拙者はこういう空港・・・好きなんだよなぁ~(喜)

240_convert_20130529193213.jpg 241_convert_20130529193247.jpg

242_convert_20130529193328.jpg 243_convert_20130529193407.jpg

空港を出て、送迎車に乗ることになったが・・・
この島には大型観光バスというのは無いとのこと。
一番大きい車は・・・ワゴン車・・・
というわけで・・・ワゴン車2台に分乗して、観光することになる。

244_convert_20130529193922.jpg

最初に向かったのは・・・『博物館』・・・

245_convert_20130530101135.jpg(博物館)

このコンダオ島は、別名「監獄島」と言われるような収容所の島だったらしい。
フランス統治時代から、政治犯や思想犯をこの島の収容所に監禁していたそうで・・・
つまり・・・島流し・・・ということらしい。

ということで、この博物館も、その監獄、収容所に関する博物館・・・
ガイドさんの説明を最初のうちは聞いていたが・・・正直言って・・・飽きた・・・(大笑)
勝手に一人で館内の展示物を見学することにする。

246_convert_20130530105950.jpg 249_convert_20130530130606.jpg

250_convert_20130530130651.jpg 251_convert_20130530130731.jpg

展示内容の説明文はベトナム語である。
わかるわけがない・・・(笑)
補足として、英語の説明文が併記されているものもあるが、英文を読む気は当然起こらない・・・(笑)
読んでもさっぱり先に進まず、時間ばかりかかる・・・
こういうところが英語の苦手な拙者の苦労するところである。(笑)
英語がスラスラと理解できればなぁ~・・・・(涙)

サッサと館内の見学を終え、一人で外に出る。
またもや「プチ・単独行動」・・・(笑)
どうも周囲をブラブラと見て歩かないと気がすまない性格なのである。(大笑)

254_convert_20130530131520.jpg 255_convert_20130530131606.jpg

この博物館として使われている建物・・・
洒落た建物である。
誰かの邸宅だったと思うが・・・誰だったか・・・ガイドさんの説明を真面目に聞いていなかった。(大笑)

258_convert_20130530132401.jpg 259_convert_20130530132449.jpg

ちょっと外へ出て博物館の入口を撮影・・・
門の脇には小さな古い大砲が置かれていた・・・

262_convert_20130530132915.jpg 263_convert_20130530132958.jpg

264_convert_20130530133032.jpg(博物館の周囲の様子)

260_convert_20130530133436.jpg

博物館敷地内の看板によれば・・・
この島は海亀の産卵地だそうである。
その保護についての説明がベトナム語と英語で書かれていた。

博物館の周囲を散策し、木陰でタバコを吸いながら一休み・・・
ようやくツアーの皆さんが博物館から出てきた。(笑)

旅行 | 10:47:17 | Comments(0)