FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

もう十分です・・・(笑)
時刻は3時を過ぎ、まもなく4時になる・・・
次に向かうは『キリングフィールド』という場所だそうだ。
「あ~あのキリングフィールドね。見た、見た」
「そう、俺もあれを見ましたよ」
という声が上ったから、多分、映画の話なんだろうなぁ~

キリング・フィールド スペシャル・エディション [DVD]キリング・フィールド スペシャル・エディション [DVD]
(2004/11/25)
ジュリアン・サンズ、サム・ウォーターストン 他

商品詳細を見る


拙者はこの映画・・・題名は聞いたことがあるが、見た覚えがない・・・
カンボジアの内戦を取材した米国人ジャーナリストの体験に基づく実話を映画化したらしい。
クメール・ルージュによるカンボジア人の虐殺が取上げられているらしい。

我々が向かったのは、チュンエクというところにある、虐殺が行なわれた刑場(キリング・フィールド)跡である。
この刑場は、先の「トゥール・スレン」政治犯収容所に付属する“刑場”だったらしい。

バスで移動中、スコールがやみ始め、チラチラしか降らなくなったので助かった。

133_convert_20130521212258.jpg(キリング・フィールドの入口)

この入口には、「チュン・エク・ジェノサイト(虐殺)・センター」と書かれていた。
入って直ぐ、真正面に「慰霊塔」がある。

135_convert_20130521212656.jpg

この「慰霊塔」の中にも人骨が・・・・
なにもわざわざガラス張りにして「さらし者」にする必要はないと思うのだが・・・

136_convert_20130521214850.jpg

この「慰霊塔」の裏手に、処刑された犠牲者が発掘された場所がある。

139_convert_20130521220145.jpg(400名以上の遺体が発掘された場所)

143_convert_20130521220225.jpg

「1980年に骨や歯の破片が発掘された」と説明板に書かれていた。
この場所は、処刑場となる以前は、中国人(中国系カンボジア人?)の墓地だったらしい。

144_convert_20130521220317.jpg(166体の首なし死体が発掘された場所)

151_convert_20130521220414.jpg

この木には子供が縛り付けられ虐殺されたらしい・・・

157_convert_20130521221739.jpg

158_convert_20130521221818.jpg(花!)

地面から、当時の犠牲者の衣服だろうか・・・ボロ布が、いくつも顔を覗かせていた。
が・・・どうも不自然な気もする。
当時のものをそのまま放置しているとは思えない・・・
となると、人為的に作られたものか?
そうなると、“ヤラセ”ということになる。
処刑場だったことも、ここで虐殺が遭ったことも、多くの人骨が発掘されたことも事実だろうが・・・
もし、一つでも“ヤラセ”があったら、興ざめとなる。
本物も偽物と疑われてしまうのである。
「こういうイメージです」と説明板があれば話は別だが・・・

以前、鹿児島の知覧にある「特攻平和会館」に行ったことがあるが・・・
この中の展示品の中に、明らかに偽物の「寄せ書き」が展示されていたのを見つけたことがある。
同じ墨の濃さ、同じ筆跡の「寄せ書き」はありえない。
複製品なら「複製品」と明記せねばならない。
遺品に涙する参観者がたくさんいたが、拙者はこの偽物を見てからは白けてしまい、それ以降、この資料館を“評価”しないことにした。
一つでも偽物を本物のように見せかけて展示しては、全てがパーになるのである。
特攻隊員の遺書も果たして本物かどうかわかったものじゃないな・・・ということになってしまうのである。
そんなこともわからぬようでは・・・お粗末である。

さて・・・この処刑場跡の地面から顔を出している衣服類・・・本物かどうか・・・????

さすがに飽きた・・・(笑)
ここで処刑された犠牲者の皆さんには申し訳ないが・・・
こういうのは、あまり好きではない。
悲惨だからとか、気持ち悪いから・・・というわけではない。
「被害者意識」丸出しの、こういうのが好きではないのである。
他人から同情を買おうとする行為に対して拙者は潔しとしない性格である。
何の罪も無いのに「共産党」に虐殺されたんだから可哀想ではあるが・・・
「虐殺されたんです。見て下さい。こんなにヒドイ目に遭わされたんです」・・・だけなのか?
「だから何だ、だからどうしたいんだ?」と突っ込みたくなるのである。
共産主義者に仕返しはしないのか?
復讐しないのか?
「犠牲者」であることを「売り物」にして、それだけで済ませてしまうのか?
同情を買ってもらって、それだけで終わらせてしまうのか?
ここは、ただただ同情を買うための施設なのか?
どうもわからない・・・わからないから気分が悪い・・・
これ以上ガイドの説明を聞く気も起こらない・・・
なぜかイライラする・・・
ガイドの説明を聞いている皆さんから離れて、周囲をウロウロする。

160_convert_20130521221854.jpg

敷地内にある資料館へ行く。
ちょうど灰皿が置いてあったので、タバコを一服・・・と思ったら・・・
掃除婦のオバチャンが持っていた棒で看板を叩きながら「ノー!ノー!」と言う。
ん?何事だ?
見たら、看板に「ノー・スモーキング」と書いてある。
ん?ノー・スモーキング?
だって、これは明らかに灰皿でしょ?どこから見ても灰皿でしょ?
「これ、灰皿だよね?なんでノー・スモーキングなの?」と言ったが、話が通じない・・・
「フン!」とばかり顎を上げて拙者を見下したような態度で、再び棒を振り回し、看板を叩きながら「ノー・スモーキング!」と言う。
なんだ、その横柄な態度は・・・
拙者は横柄な態度をとられるとカチンと頭にきてしまう性格なのである。
「おい!ふざけたことを言ってるんじゃねぇよ!ここに灰皿を置いておいて、ノー・スモーキングとはどういうことだ!え?何これ?灰皿でしょ?ノー・スモーキングなのに、なんでここに灰皿があるの?おい!説明しろよ!」(怒)
もうこうなったら拙者はおさまらない・・・(大笑)
日本語と英語のチャンポンで、さんざん文句を言う。
が・・・このオバチャン・・・相変わらず拙者を見下した態度・・・
頭にくるんだよなぁ~その態度・・・
もしかして、若いときは収容所の看守でもしていたのではあるまいか?・・・と思いたくなるほどの態度である。

あとからやって来たツアー仲間が「何事ですか?」と騒ぎ出したので、これ以上、このオバチャンを相手にするのはやめたが・・・(笑)
頭に来るんだよなぁ~・・・同じことを言うにも言い方があるだろう。
間違って灰皿を置いていたなら、間違って置いてしまったので・・・と笑いながら撤去すれば「あ~そうなんだぁ~」とこちらも笑って対応するから、話は簡単に済むのである。
灰皿を置いておきながらノー・スモーキングっていう話はないだろう。
灰皿があれば、ここでタバコを吸っていいと誰もが思うだろう。
にもかかわらず、拙者を睨みつけるとは・・・ケシカラン!

ムカムカしながら展示品を見ているとロクなことはない。(大笑)
ついつい、展示品にケチをつけたくなるのである。
いわゆる・・八つ当たり・・・というやつである。(大笑)

展示されていた写真パネル・・・
明らかに“怪しい”写真である・・・
発掘直後のものらしく、頭蓋骨がズラリと並んでいるのだが、最前列の頭蓋骨には目隠しの布が巻かれている。
これが“怪しい”・・・(笑)
多分、犠牲者たちは布で目隠しをされて虐殺されたのだろうが・・・
その遺体は埋められ、肉は腐って土になり、骨だけが残る。
ならば目隠しの布の下の肉も同様に腐って消滅しているはずだから、いくらきつく布で目隠しをされていても布は緩むはずである。
が・・・写真から見るに、骸骨に巻かれている目隠しの布は皺の様子から、かなりきつく巻かれている。
そんなはずはあるまい・・・・
この布の下の肉も目玉も腐らずに残っているというのか?
明らかに発掘後に改めて布を巻いたとしか思えない。
しかも、ズラリとならんだ頭蓋骨の最前列のものだけに目隠しの布が巻かれているというのもおかしい。
「目隠しをされて虐殺された」ことを示すためにやったことだろうが・・・
発掘後に人為的に手を加えてしまったのでは、厳密に言えば「証拠写真」とはならないのではないか?
こうなると同情を買うための“ヤラセ”写真と言わざるを得ない。
こういうものは拙者を白けさせるだけだ・・・
お粗末な内容にガッカリ・・・である。

時刻は4時半・・・
今日の見学はこれで終了・・・ホテルに戻る。


より大きな地図で チュンエク集団殺戮センター を表示


より大きな地図で チュンエク集団殺戮センター を表示


スポンサーサイト



旅行 | 14:59:56 | Comments(0)
あ~気持ちが悪い・・・
次に向かったのは『トゥール・スレン博物館』・・・・
ただの博物館ではない・・・“虐殺博物館”である。

084_convert_20130520141718.jpg


より大きな地図で トゥール・スレン虐殺博物館 を表示

カンボジアのクメール・ルージュ(カンボジア共産党)が1976年ごろに、廃校となっていた学校の校舎を政治犯の「収容所」として使用し始めたらしい。
1976年(昭和51年)だから、拙者が高校生の頃である。
ここに約3年弱の間に2万人近くの「政治犯」が収容され、反革命分子をあぶりだすために取調べが行なわれた。
が・・・簡単に言うと拷問をして殺してしまったのである。
ここに収容されていた「囚人」の中で、生き残ったのは7名しかいないという。
つまり、虐殺を行なったわけで・・・
ここの看守は少年・少女の看守が多かったらしいが、彼ら少年少女も虐殺の事実が外に洩れるのを防ぐためだろう、後に処刑されている。

クメール・ルージュ(カンボジア共産党)は極端な毛沢東主義であり、この虐殺を命じたという(本人は否定しているらしいが・・・)ポル・ポトは、毛沢東主義の忠実な“実践者”だったらしい。
ほらね、中国共産党、毛沢東、なんていうのはロクなもんじゃない・・・(笑)
この収容所の所長は中国系の元高校教師だったらしい。
ほらね、中国人というのはロクなもんじゃない・・・(笑)

で・・・その収容所跡を、そのまま「博物館」にして公開しているのだそうだ。

090_convert_20130520143413.jpg 089_convert_20130520143829.jpg

昔の「教室」は、取調室というか拷問室というか・・・そういうのに使われていたようである。
拷問の果てに殺害された遺体の写真が部屋に飾ってある。
拙者が高校生の時、ノホホンと京都へ修学旅行に行っているような時に、このようなことがここでは行なわれていたのである。
そう思うと、なんとも不思議な気がしてしまう。
そんな馬鹿な・・・・と信じられないのである。

あの毛沢東の思想が悪いんだよな・・・・
日中戦争の時に中国共産党をやっつけて、日本軍は毛沢東を殺しておくべきだったな・・・

日中国交正常化の日中共同声明が出されたのは1972年である。
福田赳夫総理が日中平和友好条約に調印したのは1978年である。
毛沢東思想の忠実なる“実践者”のポル・ポトが虐殺をしている頃に、日本は中国(中国共産党)とニコニコと握手をしていたわけである。
あ~気分が悪い・・・・

で・・・現在は中国(中国共産党)に媚を売って日本企業は中国に進出、カネ儲けに勤しんでいるわけである。
日本駐在員が虐殺されないと目が覚めないのかね?・・・日本は・・・
こいつら中国(中国共産党)に、南京大虐殺がどうのこうのとは言われたくないものである!(怒)

“中国”は決して悪い国ではないが、“中国共産党”は悪い!
というわけで・・・その中国共産党一党独裁の“中華人民共和国”は当然悪い国である!
・・・と、拙者は思うのである・・・(笑)
そうなると、その中国に媚を売る日本は、もっと悪い国!・・・ということになるのではあるまいか?(大笑)

094_convert_20130520143625.jpg

手前の棒のような物が「足かせ」の道具・・・・
向こうの弾薬箱が「トイレ」・・・排便はこの弾薬箱にさせられたのだそうだ・・・
我が家は、この頃は水洗トイレだったのであるが・・・・

100_convert_20130520152201.jpg 099_convert_20130520152238.jpg
(逆さに吊るして「水責め」をした場所)

101_convert_20130520152858.jpg 111_convert_20130520152943.jpg
(虐殺された人達の写真や遺体の写真などが展示されている)

子供の頃に「死体」の写真を見てから、それほど「遺体」の写真を見るのは苦痛ではないのだが・・・
それでももう十分・・・という感じ・・・
あまりしつこく見せられてもねぇ~

121_convert_20130520153041.jpg(独房跡)

125_convert_20130520153136.jpg 126_convert_20130520153214.jpg
(拷問の道具)

「私はベトナムのスパイです」「私はアメリカ帝国主義の手先です」と言えば拷問の苦痛から解放されるが、生きて解放されるわけではない。
殺してもらうことで苦痛から解放されるのである。
まぁ~中国共産党の“教え”のすばらしいこと・・・呆れるばかりである。

132_convert_20130520154701.jpg

最後の仕上げは・・・人骨の展示・・・
あ~あ~・・・なんとも残酷な・・・
人骨を展示すること自体、いかがなものかと思うが・・・
この人達、一人ひとり、それぞれの人生があったろうに・・・

ガイドさんが丁寧に時間をかけて説明をしてくれていたが、拙者は、それほど真剣に聞く気が起こらなかった。
もう、どうでもいいやぁ~・・・うんざり・・・である。
途中で見学をやめて早々と敷地内のベンチに移動し、のんびり構えている参加者も数名見受けられた。
まぁ、気分が悪くなるよなぁ~
こんなものばかり延々と見せられたんじゃ・・・

拙者はササッ~と軽く見学を終え、「ミュージアムショップ」へ・・・・
といっても、ただの売店だが・・・
自分用の土産にスーツケースに貼るためのステッカーを探す。
店員に尋ねたら、ステッカーなどは無いと言う。
で・・・しつこいようだが・・・(笑)、じっくりと店内を見て回ったら、薄汚れたショーケースの中に、それらしきものを発見!
「ちょっと、これ、ステッカーじゃないのか?」
「え?ステッカー?」
おい、おい、自分が売っている物くらい把握しておけよ・・・(汗)
「ちょっと、鍵を開けて見せて!」
で・・・見せてもらったら、カンボジアの国旗のステッカーではないか!
見っけ!見っけ!(狂喜)
1枚1ドル(アメリカドル)だと言うので、1枚だけ買う。(笑)

ステッカーを1枚買って大喜びしている拙者を見て店員は呆れ顔・・・
店員のこのオバチャン、こんなステッカーより、本を売りたくてしょうがないらしい。
一生懸命、英語で説明してくれるが・・・
カンボジアの虐殺の本を買う気はサラサラ無い・・・(笑)
「ここでしか入手できない本なんですよ。他ではどこにも売っていない本なんですよ」と言う。
そりゃ、貴重な本なんだろうけど・・・興味がないんだから買う気はない。
「あのね、俺、ツアー客なんだけど、この後、俺の仲間がたくさんここを通るから、彼らに売り込みなさい」と言って・・・逃げる・・・(大笑)

まもなく集合時間となるので、集合場所の「入口」のところで待っていたが、時間になっても誰も来ない。(笑)
なんとノンビリと見学しているのやら・・・
と・・・まもなく生暖かい風が吹き始めた・・・
ん?これは・・・ヤバイ・・・
もしかしたらスコールの前触れではないか?
それまでカンカン照りだったのだが、すぐに真っ黒な雲が空を覆い出した・・・
絶対ヤバイ・・・(大笑)
来るぞ!来るぞ!
ようやくツアーのみんながやって来たが、予想通りノンビリと歩いている。
「ヤバイですよ。これ、降り出しますよ!早く歩いたほうがいいですよ!」と声をかけたが、誰も応じない。
完全に無視された・・・
なんでこの野郎は焦っているんだ?・・・といわんばかりに相変わらずノンビリと歩いている。
いつもは拙者はグループの一番後ろを歩くことにしているのだが、こうなるとその気は起こらない。(笑)
先頭切って、バスに乗り込む。
で・・・人数確認を始めた途端に、一気に雨が降りだした!
危機一髪だった。(大笑)
どうせなら、もう少し降りだすタイミングが早かったほうが、ノンビリ歩いている連中がずぶ濡れになって面白かったんだけど・・・(大笑)
正直って・・・残念・・・(大笑)

旅行 | 13:05:53 | Comments(0)
常識がない?
昼食は、レストランでバイキング・・・
まぁ、拙者は食事の内容なんて何でもいいのだが・・・
世の中には、そうじゃない人もいるらしい。

この間の、台湾への歴史探訪の旅・・・
“保守派の女性”たちのグループが参加したが、旅行後に旅行社の社長に直接メールで抗議をしてきたらしい。
いろいろと“ご不満”な点があったようだが・・・
その抗議の一つに、呆れた事に「旅行中の食事にフカヒレのスープが出なかった」ということが含まれていたそうである。(唖然!)
『フカヒレを楽しもう』というグルメツアーだったならわかるが、このツアーは『歴史探訪』のツアーだったのである。
ツアー名にも、そう明記してあるのだが・・・
食事の内容にケチをつけるとはねぇ~
ツアーの目的が全然分かっていない・・・
さすがは保守派のオバタリアンである。(大笑)
常識がない・・・・(大笑)

残念ながら”保守派の女性”だけが常識がないだけではなく、男性にも常識のない者がいる。
この昼食時、拙者は飲み物としてジュースを注文したところ、拙者の目の前に座る参加者から面と向かって非難された。
「食事の時にジュースを飲むんですか!いやぁ~信じられねぇなぁ~非常識だね!常識がないよな!」と言い放ったのである。
冗談で言うなら笑えるが、真顔で言われたんじゃ腹が立つ。
が・・・今日は旅行の実質初日でもあるし・・・
相手は拙者より一回りも年長であるから、“反撃”は遠慮したが・・・
ムカムカ腹が立って食欲なぞは一気に失せてしまった。
「非常識とは何だ!誰に向かって言ったかわかっているのか?」と・・・
店の外に連れ出して脅してやってもいいのいだが・・・(笑)
いや、いや、マズイだろう・・・それこそ“非常識”になってしまう。
我慢、我慢・・・同じ旅費を払っていながら不愉快な思いをさせられて我慢しなければならぬとは納得できないが・・・(大笑)
拙者から言わせてもらえるならば、昼間からビールを飲むなぞは「非常識」なのだが、だからといってビールを飲む人を非難はしない。
酔って他人に迷惑をかけないのなら、別に構わない。
拙者が昼食時にビールを飲まずジュースを飲むと誰かに迷惑をかけることになるのかね?

こうなると、“保守派のオバタリアン”も“保守派のオジン”も同じレベルということになるが・・・
“保守派”だからというより「団塊の世代」だから常識がないのではないかという気がしてならない。(大笑)
初対面でありながら“上から目線”での物の言い方には腹が立つ・・・

078_convert_20130520093321.jpg

頼んだジュースに手をつけないので、他の参加者から声がかかった。(笑)
「飲まないんですか?折角頼んだのに・・・もったいないでしょう」
「そうなんですけどね、何だか急に飲む気が無くなりましてね」
「え~・・・それ高いのに・・・もったいないなぁ~」
「そう、もったいないんですけどねぇ~でもねぇ~飲む気がなくなっちゃったんで、仕方がないんですよね。カネを捨てることになっちゃいますけど・・・仕方ないですね」(笑)
「・・・・」

目の前に座っている暴言を吐いた保守派の某氏に嫌味を言う。(大笑)
今度また暴言を吐いたらタダじゃおかねぇぞ・・・である。(大笑)
団体旅行には、いろいろな人が参加してくるわけだから、極力相手に不快感を与えないように気を使うのは常識というものではなかろうか?
できるだけ楽しく旅が出来る様にお互いに心がけるのが団体旅行ではあるまいかと拙者は思うのである。(笑)
一期一会・・・意味がわかってるのかな?・・・このオッサンは・・・(大笑)

食後は、『セントラル・マーケット』の見学・・・・

079_convert_20130520095104.jpg

移動途中で見かけたビル・・・バスの中から撮影・・・
このビル・・・オンボロである。
なにせコンクリートがあっちもこっちも剥がれ落ちている。
危ねぇんじゃないかぁ~・・・これ・・・
写真を撮って帰国したら“ウメちゃん”に見せてやろう・・・と、パチリ!(大笑)

080_convert_20130520110933.jpg 081_convert_20130520111017.jpg
(セントラル・マーケット)


より大きな地図で プノンペン・セントラル・マーケット を表示


このマーケットの内部が凄い・・・
ドームの中心にあるお店の殆どが宝石関係、アクセサリーとかのお店・・・
ここから放射線状にお店が延びていて、そこは衣服関係ばかり。

082_convert_20130520111056.jpg

ここで参加者最高齢の“ミヤガワおばあちゃん”がベルトを買いたいと言う。
今回の旅行に日本からベルトを持ってくるのを忘れたとか・・・
80歳の高齢者なので(笑)迷子になるといけないから添乗員さんが同行するはずだったが、“ミヤガワさん”は宝石売り場から動かない。(大笑)
「これいいわねぇ~、あら、これもいいわねぇ~」と延々・・・
結局、添乗員さんから「鈴木さん、お願いしてもいいですか?」と頼まれ、拙者がボディガード役を務めることになる。(大笑)

ここでの自由行動時間は30分程度しか与えられていない。
ベルトを買いたいのなら、さっさとそちらを探しに行かねば・・・と、無理矢理、宝石売り場から引き離し・・・(笑)、革製品のお店を探す。
革製品のお店は、このマーケットの外側に張り付くように並んでいた。
う~ん・・・東京の「アメ横」状態である。
いくつかの店を覗き、ようやく1軒、よさそうな店を見つけて交渉に入る。
「いくらに値切ったらいいかしら?」と言うので「半額から交渉してみたら?」と無責任な回答をする。(大笑)
当然、半額なんて問題外だと言われる。(そりゃそうだろうねぇ~)
このお店の“お父さん”と“息子さん”の二人を相手に“ミヤガワさん”は一人で交渉・・・(笑)
その間、拙者は、少し離れて彼女の鞄がスリに遭わないように監視・・・(笑)
と・・・
店員の青年が英語で話しかけてきた。
が・・・何を言っているのかがわからない。
何度聞き返してもわからない・・・(汗)

ようやく彼がオランダについての話をしていることがわかるまでにかなり時間がかかった。(大笑)
しかし、いきなりオランダの話とは・・・一体どういうことか・・・
拙者は日本人である・・・オランダ人ではない・・・(大笑)
日本人観光客相手の話題が、いきなりオランダの話って・・・どういうことよ?
「オランダが好きなのか?」
「え?オランダ?別に好きじゃないんだけど・・・」
「じゃぁ、なんでオランダなんだ?」
「オランダの首都って、どこだか知ってる?」
「アムステルダムでしょ?」
「だけど、本当はハーグなんだって知ってる?」
「そうだっけ?」
「勉強したんだ」
「オランダを?何で?オランダに行くのか?」
「いや、別に・・・」
はぁ?こいつ何を言っているんだ?(大笑)
訳がわからん会話である。

が・・・彼は拙者と英語で話が出来たことに満足そうな顔をしている。(大笑)
「俺は日本人と英語でオランダについて語り合ったんだぞぉ~すごいだろぉ~」というところなんだろう。
ニコニコ嬉しそうな顔をしている。(大笑)

その間、電卓をお互いに叩きながら交渉をしていた“ミナガワさん”は交渉が成立したらしい。(笑)
無事にお目当てのベルトを購入!
それじゃ、記念にと“ミナガワさん”のカメラでお店のご主人と息子さんとのスリーショットを撮影してあげる。(笑)
と・・・お店の主人が拙者にプレゼントをくれた・・・(笑)
キーホルダー!
はぁ?拙者は何も買ってないんですけど・・・(大笑)
なんと人のいい“お父さん”か・・・
拙者のカメラでも写真を撮っておくべきだったな・・・失敗した・・・

さて、もうそろそろ集合時間である。
同じコースで戻るのも面白くないので、別のルートでグルリとマーケットの周辺を回りながら帰ろうと思ったら・・・
やっちゃった・・・迷子・・・(大笑)
臨時ガイド兼ボディーガードの拙者は筋金入りの「方向音痴」なのである!(大笑)

083_convert_20130520114819.jpg

迷子になったとは言え、花屋の写真を撮影する余裕はあるのだから不思議である。(大笑)

と・・・想像していた場所とは違う場所に出て・・・周囲を見渡したら・・・
遠くの方に早々と集合している我がツアー客が見えた!
おお!あそこにいる!(大笑)

無事にランデブーに成功・・・

旅行 | 12:58:09 | Comments(0)
工事中!
077_convert_20130519223430.jpg

(カンボジア・プノンペン市内)

クメール文字は読めないので意味がわからないが・・・
どこから見ても「工事中!」の看板であろう。
標識が黄色なのは、注意を喚起するためであろう。
この色は、世界各国共通なのかも・・・・


看板・標識・標語など | 11:33:18 | Comments(0)
日本のODA?
次に向かったのは・・・『国立博物館』
ここにあるのは、ほとんどが彫像、仏像のたぐい・・・・
興味のない人には退屈かもしれない。

063_convert_20130518090415.jpg(国立博物館)

065_convert_20130518090527.jpg

これは、館内にもあったが、庭にも展示されていた「物」・・・・
上に乗っているのが“男性のシンボル”で、下にあるのが“女性のシンボル”・・・
だから、それが何だ?・・・ということになるのだが・・・
え~と・・・これが何を意味するのかをガイドさんが説明してくれた筈なのだが、よく聞いていなかった・・・(大笑)
というより、写真を撮ったり・・・とウロウロしちゃうので・・・ガイドさんから離れてしまい聞き逃したのである。(笑)
こういうところが団体行動の不便なところで・・・
個人的にガイドを雇っての個人旅行なら、そういうことにはならないのだが・・・(笑)
(・・・と言い訳を言う・・・)

066_convert_20130518091354.jpg
(国立博物館の前の町並み)

博物館好きの拙者には考えられないことなのだが・・・“国立博物館”という国を代表する博物館を約40分間という超高速スピードで見学する。(笑)
日本ではちょっと考えられない・・・日本では40分程度では見学し切れない・・・
まぁ、展示品も少ないし、似たり寄ったりの彫像が主体だから仕方がないかも・・・
日本なら古墳の副葬品やら縄文土器から始まり現代まで・・・となるのだが、カンボジアは歴史が浅いせいもあるのかも。
そう考えると・・・日本という国は凄い国である。
残念だったのは、展示の仕方・・・
歴史の流れがさっぱりわからない・・・(笑)


より大きな地図で カンボジア国立博物館 を表示

068_convert_20130518093607.jpg

市内で見かけたモニュメント・・・独立記念塔である。
いいデザインだなぁ~
なにかSF映画に出てくるような・・・
近づいてじっくり見てみたいものだが、ロータリーの真ん中に建っているから無理か・・・

次に向かったのは・・・なぜか“お買物”・・・・(大笑)
「黒胡椒を買う」とかと、このツアーの昔からの“常連さん”が言っているようなので、どうやらその方々の希望で立ち寄ることになったようである。(笑)

073_convert_20130518094030.jpg

『クラタ・ペッパー』というお店・・・
知る人ぞ知る有名なお店らしい。
日本人の“クラタさん”という人のお店らしい。
拙者は黒胡椒に興味はないし・・・(大笑)
胡椒を買っても料理しないし・・・(大笑)
皆さんがワイワイ買物をしている間、一人、外に出て店の周囲を見て歩く。(笑)

お店の前で何やら工事が・・・

069_convert_20130518095506.jpg

071_convert_20130518095616.jpg

近づいてみたら、工事の看板に日本の国旗が・・・
左がカンボジアの国旗、右が日本の国旗・・・
これは日本とカンボジアの共同プロジェクト?日本のODAか何かなのか?

それにしても、日本の「日の丸」は目立たない・・・(笑)
白地に赤の“丸”だけでは、看板の下地が白色だと全然目立たない!(大笑)
あまりにもシンプル過ぎる・・・
日本は国旗を変えたほうがいいのではなかろうか?(大笑)
少なくとも「旭日旗」にでもすれば目立つと思うんだけどなぁ~
出来れば赤と白の二色ではなく、三色とか四色の色を使ったらもっと目立つんだけどなぁ~
今更、国旗を変えるのは無理だな・・・(笑)
マッカーサーに占領されていた時がいいチャンスだったのだが・・・(笑)

看板は英文とクメール語の併記で工事の説明が書かれていた。
ちなみに、カンボジア語は正式には「クメール語」というらしい。
我々は「カンボジア人」と呼ぶが、本来は「カンボジア人」と云う言葉な存在しないのだそうで、カンボジアの人達のことは「クメール人」と呼ばねばならぬそうだ。

英文を読んでみると日本の企業は「三井住友建設」が関わっているようで、工期は2012年1月から2015年12月31日までである。
へぇ~3年もかけるの?
で・・・どのくらいの範囲を工事するんだろう?

074_convert_20130518095700.jpg

工事は、こういう感じの工事です・・・という説明幕・・・(看板ではなく幕である)

説明板のほうにも「洪水防止」と「排水改善」のプロジェクトである・・・と書いてある。
昨日見かけた、あの冠水・・・
この下水道の改善がなされれば、町も随分良くなるだろうし、衛生的にもよくなるだろう。
こういう“支援”を日本は各国でやっているのだろうが・・・どう目立たない・・・
恩着せがましいことは良しとはしない国民性だからなのかも・・・・

076_convert_20130519221032.jpg

工事をしている人は現地の人・・・現場監督らしき人も現地人である。
断りもなく勝手にパチパチ写真を撮って怒られるかと思ったが、彼らは何も言わない・・・(笑)
拙者の気のせいかもしれないが・・・
現場監督が急にテキパキと動き出して作業員に指示を出し始めたような・・・(大笑)
もしかして・・・日本人が見学しているから・・・というわけでもあるまいが・・・(大笑)

時刻は11時半を過ぎた・・・
皆さん、“お買物”が済んだようで・・・店から出てきてバスに乗り出したので急いで戻る。

旅行 | 10:54:15 | Comments(0)
プノンペン観光
なにせ、このツアーはハードスケジュールなのである。(笑)
朝、6時には朝食である!
朝寝坊の常習犯としては、結構これがキツイ・・・(笑)

021_convert_20130516165531.jpg

朝食後の午前7時、ホテルの周辺をちょっとだけ歩いてみるが・・・・暑い!(笑)
朝から、もう暑いのであるから、日中はどうなることやら・・・
体感温度は・・・30度前後という感じである。

028_convert_20130516170258.jpg
(昨晩と今晩、2泊する「プノンペンホテル」)

023_convert_20130516170053.jpg 024_convert_20130516170139.jpg
(プノンペンホテルの前の様子)

今日はプノンペン市内の観光である。
まず最初に向かったのが「王宮」・・・・

032_convert_20130516172217.jpg(王宮の入口)

036_convert_20130516172253.jpg

王宮のエントランスの通路沿いに小さな仏像が並んでいる。
なぜなのかわからないのだが、日本の仏像より拙者は親しみを感じてしまうのである。

041_convert_20130516172546.jpg(王宮の即位殿)

046_convert_20130516173919.jpg 047_convert_20130516174207.jpg

王宮を見て、資料館を覗き・・・同じ敷地内の「シルバーパゴダ」に向かう・・・
途中の回廊に、古い壁画が・・・

054_convert_20130516175114.jpg 055_convert_20130516175149.jpg

この壁画・・・
「ラーマヤナ物語」の絵だそうである。
この物語はヒンズー教の神話の話なので、カンボジアの「お話」ではない・・・
カンボジアは仏教とヒンズー教の二つが存在していたらしく、特にアンコール朝時代にはヒンズー教の寺院が多かったようである。
あまり興味のある話ではないので、ガイドの説明を真剣に聞いていなかったんだけど・・・(笑)
多分、そんなことを説明していたような気がする・・・(苦笑)

「ラーマヤナ物語」というのは、名前には覚えがあるが、内容は覚えていない。
大学3年の時にインドへ行った時か、大学4年の時にインドネシアに行った時に、話を聞いたか、もしくはその舞踏劇を見たような気もするのだが・・・(大汗)
なんとも、曖昧な記憶である。
あの時に、ちゃんと頭に叩き込んでおけば良かったんだろうけど・・・
若いときから頭が悪かったんだなぁ~・・・と、あれから30年以上も経って改めて自覚する。(笑)
ちゃんと覚えるべき時に覚えておけば、この壁画を見て、何の話の絵なのか、第何幕目の物語か・・・ということがわかって面白く見られただろうに・・・

056_convert_20130516181205.jpg
(シルバーパゴダ=銀寺)

このシルバーパゴダ(銀寺)・・・銀色ではない・・・(大笑)
銀色じゃないのに「銀寺」というのもおかしな話だが、この寺の床には重さ1kgの銀のタイルが5329枚、敷き詰められているので「銀寺」と言うのだそうだ。
(今度はガイドの話をちゃんと聞いた・・・笑)
内部を見学・・・
銀のタイルの床の上に絨毯が敷かれているので、よくわからないが、一部だけ見ることが出来るようになっていた。
内部の撮影は禁止だったのが残念だが・・・

ここで見たのだと思うが・・・
小さな仏像(彫像?)が何体もあった・・・
その中の一つを見て驚いた・・・このニヤケているように見える、この表情・・・
夢で見たあの仏像の表情にソックリだ!(驚)

2008年3月20日に見た夢の話)←ここをクリック!

しかし、必ずしも全てが夢と同じというわけではない。
夢の中では添乗員さんは女性だったが、このツアーの添乗員さんは男性である。(大笑)
仏像の大きさも夢で見たものよりかなり小さいし・・・
夢に出てきた仏像は金色に輝いていたが、この仏像は風雨に晒されていたのか表面が劣化していて汚い。(大笑)
夢との共通点は・・・
ツアーで訪れたということと、仏像がショーケースの中に収まっていたことぐらいなのだが・・・

う~ん・・・この表情・・・見たことあるんだよなぁ~(笑)
「正夢」になっては一大事である。
夢の中で拙者はツアーバスに置き去りにされたのである!(笑)
それだけは避けねば・・・と、途中から出来るだけツアーの先頭を歩くことにした。(大笑)

いやぁ~・・・夢で見た仏像に会っちゃった・・・ちょっと興奮・・・
ここを訪れるというのは拙者の「運命」だったのかも・・・(大笑)

058_convert_20130517133014.jpg(歴代国王のお墓)

059_convert_20130517223936.jpg

カッパ・・・みたいな彫像を見つけた・・・
これは神様なのかな?
インドの神話のガルーダという鳥に顔が似ている気がしないでもないが、羽根が生えていない・・・
ん?ただの猿?
いや・・・なんだろ、これ・・・ガイドに尋ねるのを忘れた・・・(笑)

040_convert_20130517224614.jpg 044_convert_20130517224534.jpg

060_convert_20130517224708.jpg(花!花!花!)

王宮を出て、バスに戻る途中、路上で屋台を見かける。
これは・・・果物?
急いでバスに戻らねばならぬので、写真を撮るだけで精一杯だった・・・(笑)

062_convert_20130517225132.jpg



より大きな地図で プノンペン王宮 を表示


より大きな地図で プノンペン王宮 を表示


旅行 | 09:55:24 | Comments(0)