FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

“シミズくん”と土浦へ行く
“シミズくん”に、土浦市立博物館で開催されている特別展を見に行かないかと誘われる。
久しぶりにドライブ!(笑)
運転は当然(笑)後輩の“シミズくん”であるから、拙者は楽チン!・・・断る理由などあろう筈もない。(大笑)

この特別展・・・・
『婆裟羅たちの武装~戦国を駆け抜けた武将達の甲冑と刀剣~』という展示・・・

この「婆裟羅(ばさら)」とは・・・
梵語(サンスクリット語)のVajraから転化した言葉だといわれているそうで・・・
もともとは南北朝時代の内乱期にみられた風潮で、華美な服装で飾り立てた風体や、派手で勝手気ままな遠慮のない常識はずれの振る舞いや様子を表す言葉だそうだ。
ということは・・・現代日本人にはかなりの「婆裟羅」がいるような気がしないでもない。(笑)
「勝手気ままで遠慮のない常識はずれの振る舞い」ときたら、もう、まさしく中国人、韓国人がピッタリ当てはまるのではないか?(大笑)
彼らはまさしく「婆裟羅」だな・・・
なにもわざわざ博物館に見に行かなくても・・・と思わないでもないが・・・(大笑)

今回の特別展は特に人気があるようである。
人気の戦国ゲームソフトとコラボレーションした結果らしい。
たしかに、“その手のマニア”らしき若い男女が来ている。
会場にはゲームのキャラクターの絵なども貼り出され、何やら記念写真が撮れる場所も用意してある。
拙者に言わせれば、知的レベルの高い人と知的レベルの低い人のコラボレーションとしか思えないが・・・(大笑)
まぁ、入館数が多くなれば、なんでもいいんだろう。(笑)

img110_convert_20130509134438.jpg

博物館や美術館に行くと必ず“バカ”がいる。
自分の知識を得意然としてご披露している“バカ”である。
うるさくて仕方がない・・・
気が散るんだよなぁ~
「あんたの解説を聞きに来てるんじゃねぇんだよ!うるせぇ!静かにしろ!」と叱りつけたくなる。
黙って展示品を鑑賞するということが出来ないのかね?
まさしく・・・「婆裟羅」である。(笑)
見ちゃった・・・生きている「婆裟羅」を・・・(大笑)
着ている物が派手じゃないので残念だったが、頭の中身は、まさしく「婆裟羅」だ・・・

若い女の子たちは何やらキャーキャーと“感動”(?)しながら展示品を見ている。
どうも戦国ゲームのキャラクターとオーバーラップしているらしい・・・
う~ん・・・
こういう“人種”がフィクションとノンフィクションの区別がつかなくなる“人種”かもしれない・・・(笑)

刀剣などは重要文化財クラスのものが展示されていたようだが、拙者にはその良し悪しがわからない。
ここは居合いをやっている“カジさん”などに説明を聞かないとわかりそうもない。
いや、説明を聞いてもわからないかも・・・(笑)
中に、細身で切っ先の長い刀があった・・・
どうみても「斬る」というよりは「刺す」ために作られたような印象を受ける。
実戦的と言えば実戦的な刀かも・・・

鎧は、お目当ての佐竹家のものの展示が終わってしまっていて見ることができなかった。
このことに“シミズくん”は残念がっていたが、拙者は秋田で見たことがある。(笑)
鎧兜は全国から集められて展示されているので、全国を旅している拙者は、見る機会に恵まれるのだ。
が・・・結構、記憶に残っていないのが「玉に瑕」である。(笑)
記憶力が悪い・・・・
『上田市立博物館蔵』『大阪城天守閣蔵』『彦根城博物館蔵』・・・・等々、各地から集められた鎧兜・・・
現地で実際に見てきているはずなのだが・・・何とも情けないことに初めて見たような感覚・・・
かなり拙者は頭が悪いようである・・・・

博物館を出て、ちょっと時間つぶし・・・
生憎の雨模様・・・
今日は「かすみがうらマラソン」があるらしく、商店会などが出店を出して駅前が賑わっていたが・・・・
我々の次の目的は・・・古本!(大笑)
土浦駅前に大型の古書店がオープンしたらしいので行ってみた。

“シミズくん”も拙者も古書好きである。(笑)
が・・・彼のほうがかなり高尚な本を買う。
テーマが全く拙者とは違うので、広い店内では各自自由行動とする。
約1時間・・・本を見て歩く・・・・
「軍資金が足りなきゃ、貸してやるから買え」と“シミズくん”を煽る。(大笑)
あとで・・・などと思うと、入手できなくなる。
見つけたときに買わねば・・・というのは古書購入の常識である・・・と拙者は思っている。
だから、カネを貸すから欲しい本が見つかったらドンドン買え・・・となるのである。
で・・・拙者の方は、買いたい本がいくつも見つかったのだが、それでなくとも読んでない本が部屋の中に山積み状態なのである。
これ以上買ったら・・・数年分となりかねない・・・
拙者は図書館を作ろうと思っているわけではない・・・
我慢に我慢して・・・3冊に留める。(大笑)
“シミズくん”は何冊買ったんだろう?(笑)
大きな袋2つを両手に下げて・・・という格好となる・・・(大笑)

「いいねぇ~ここ・・・」と意見が一致・・・
また定期的に覗きに来ようということで話が盛り上がる。(笑)

かなり遅めの昼食を駅前で食べて・・・帰宅する。
う~ん・・・充実した一日が過ごせた!
“シミズくん”に感謝!

スポンサーサイト



日記 | 13:10:16 | Comments(2)