FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

勇気をもらった?
最近、私にとって耳障りで嫌いな言葉が、「勇気をもらいました!」である。

何かと言うと、すぐに「勇気をもらいました!」「勇気をありがとう!」の連発である。

そもそも、“勇気”って他人からもらうものなのだろうか?
自分の内部から発生するものではないだろうか?
高所恐怖症の私が、バンジージャンプをするとしよう。
とてもじゃないが、足首にゴムひもを繋いで飛び降りるなんて・・・出来ない・・・
この「飛び降りる」という“勇気”を他人がくれるのだろうか?
他人から“勇気”をもらったら気楽に飛び降りることができるのだろうか?
それは“勇気”ではなく、“度胸”です・・・と言われれば、それまでの話だが・・・(大笑)

百歩譲って、他人様から“勇気”をいただくことが出来たとしましょう。
で・・・その“勇気”って、何に対する“勇気”なんだろう?
ご本人様は「もらった」というだけで、何も具体的なことは言わないでいるけど・・・
何に対する勇気?
その勇気をもらって、あんたは何をするっていうんだ?
他人から勇気をもらわなければ出来ないことって何なんだ?
・・・と、ついつい、突っ込みを入れたくなるのである。

「勇気をもらいました!」なんて軽々しく言う奴は馬鹿にしか見えないのである・・・(大笑)

スポンサーサイト



エッセイ | 18:42:50 | Comments(0)
同窓会名簿調査
高校の同窓会から「おしらせ」が郵送されてきた。
同窓会が業者に委託して「同窓会名簿」を作成するらしい。
そういえば・・・もう何年もそういう通知を受け取った覚えはないなぁ~(笑)
しかし、なんで今頃、同窓会名簿なんかを作ることにしたんだろう?
景気が悪いから、営業ツールとして活用したいからなのか?
それとも選挙がらみか何かか?(大笑)
誰か立候補でもするつもりの人間でもいるのか?(大笑)

代金は4200円・・・
協賛金1万円を振り込めば、名簿を1冊無料で(笑)送ってくれるそうだ・・・
一応、協賛金を支払って“あげる”ことにした。(大笑)
次回の発行時には拙者は生きているかどうかわからないし・・・(笑)
協賛者一覧に、我が名を残しておくのも面白いだろう。(大笑)

同窓会名簿・・・・
同窓生って言っても、拙者は高校の時の同級生の名前を殆ど覚えていない・・・
自分が何年の時に何組で、担任の先生が誰だったのかも覚えていないのである。
これが最近よく一緒に飲む“ナナイくん”から叱られるところなのだが・・・(笑)
記憶にないものは仕方がない・・・
思い出そうにも「真っ白」なんだから、どうしようもない・・・
そういう状態なのに「同窓会名簿」なんて手に入れてもムダなのだが・・・・
まぁ、お付き合いということで・・・(大笑)

郵便物の中に、住所不明者の一覧も入っていた。
同期生で、かなりの「住所不明者」がいる・・・・
が・・・記憶に残っている友人は少ない・・・(大笑)
なんとなく、そういう名前の人がいたかも・・・という程度で顔を覚えている同期生は少ない・・・

“オオワダ君”・・・・
彼は高校を卒業後、東京の拙者の下宿の隣の部屋に転がってきた・・・
まもなく「自殺する!」と騒いだことがある。
人間関係が上手くいかず、自殺すると言うのだが、相手が悪いだけじゃなく彼のマイペースの性格にも問題があると拙者は高校時代から思っていたのだが・・・
「自殺したいなら、どうぞ・・・」
「死体の確認は俺がやるようだろうから、確認したらお前の親に連絡してやるから、親の名前と連絡先を書いてくれ」とメモ帳とボールペンを渡したら、「お前は冷たい奴だ!」と逆切れ・・・(大笑)
これで友情は壊れた・・・
「高校の同級生ですが、親の連絡先は知りません」では、拙者としても格好がつかないからなぁ~
1年後、拙者は別の場所に下宿を移し、その時に彼に電話をして「オオワダ君ですか?」と尋ねたら「違います!」と言って電話を切られた。
何度も電話をかけたら、両親が離婚して母親の姓に変わったと言う。
そんなことはこちらが知るはずもない・・・
電話をかけてきたのが拙者だと知っていながら「違います」には呆れた・・・
「これから引越しをするが俺のことを探さないでくれ、友人達にも俺のことは言わないでくれ」と言う。
だいたい、彼には「友人」はいないのである・・・
唯一、付き合っていたのは拙者だけなんだから・・・・(笑)
結局・・・行方不明になっているのか・・・
やっぱりねぇ~
あの性格じゃ無理もないか・・・

“ハカマヅカ君”・・・
彼とは、高校3年の時に一緒に東京へ模擬試験を受けに行ったことがある。
確か、お父さんは少年刑務所の警務官だったと思う・・・
彼はちょっと変わった奴で・・・(拙者もか?)(笑)
どう見ても中学生にしか見えない高校3年生だった・・・(大笑)
彼も「住所不明」か・・・

どうも人付き合いが悪い人間は「住所不明者」になるようである。

当然、“ナナイ君”の名も掲載されていた・・・
彼は“訳あり”で逃げ回っているから、住所は誰にも知られたくないそうだ。
まぁ、それじゃ仕方があるまい・・・

“ゴチョウ君”も同様・・・・
彼は、高校を出たあと「ネズミ講」に嵌って、散々周囲に迷惑をかけた。
拙者も誘われたが、断ったらそれっきり音信普通となった・・・
生きているのか死んでいるのか・・・
彼も“訳あり”で逃げ回っているのかもしれない・・・・

“ワラガイ君”は、幼馴染だったが、父親が借金を残して自殺・・・
それまでは羽振りのいい金持ちの“お坊ちゃま”だったが・・・・
残された家族はどん底に落とされた・・・
一時、行方不明になったが、何故か10年に一度くらいバッタリと町で会うことが何度かあった・・・・
ある時は居酒屋の店長、ある時は遠くの町で偶然入ったレストランでバッタリ・・・店長をしていると言っていた。
職を転々としている様子・・・
しかも“人相”が会うたびに悪くなっていたのには驚いた・・・
あの“ボンボン”がねぇ~・・・・
彼も“訳あり”で逃げ回っている口なのだろう・・・・

拙者は、こういう風にはなりたくなかったから、今の態勢に持ち込んだのである。
借金を抱えて倒産したら、“訳あり”で逃げ回ることになる。
それを避けるために「廃業」に持ち込んだのである。

名前を見ても全く記憶がない連中は・・・多分、同級生になったことがない連中だ・・・

女生徒でも「住所不明者」が何人もいるが・・・
拙者は3年間、男子だけのクラスだったので女生徒のことはよく知らない・・・
が・・・・
当時、美人だの可愛いだのと言われ、チヤホヤされていた人の名は覚えている・・・
2人・・・その2人とも「住所不明」である。
高校を卒業後もチヤホヤされ過ぎて人生を踏み外したか?

人生などは、どこでどうなるかはわからない・・・・
まさかこんなに「住所不明者」がいるとはねぇ~・・・・
なんとも悲しい気分に陥る・・・

日記 | 14:31:34 | Comments(0)