FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『ゼロ・ダーク・サーティ』を観に行く
img102_convert_20130411122220.jpg img103_convert_20130411122313.jpg

『ゼロ・ダーク・サーティ』の「ゼロ・サーティ」とは、アメリカ同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディンを殺害した時刻・・・午前0時30分を意味するらしい。
この映画・・・
例の「9・11事件」から10年間も所在不明だったビンラディンの居所を掴んだCIAの女性分析官が主役で、ビンラディン殺害までの一連の動きが描かれている。
これを「真実」という人もいるようだが、どうだろうか?
テーマがテーマだけに・・・まぁ、そこそこ「近いところ」かなと思って観たほうが良さそうな気がする。

この映画を観ていても、どうしてもわからない点が・・・・
本当にビンラディンはテロの首謀者なのだろうか?
どうしてビンラディンを殺害しなくてはならなかったのだろうか?
生きたまま捕らえたなかったのは何故だろうか?
殺害チームが、どうして「ネービー・シールズ」だったのだろうか?
「デルタフォース」や「グリーン・ベレー」などではダメだったのだろうか?
どうしてビンラディンの遺体の映像は公開されなかったのだろうか?
果たして、本当にビンラディンは殺害されたのだろうか?

この映画を真実と捉えてしまうのは危険な気がする。
もしかしたら、ビンラディンは「悪」、米国は「正義」という白人至上主義、キリスト教至上主義の「プロパガンダ映画」かもしれない。(笑)

拷問シーンが話題を呼んだようだが・・・
意識的に、そちらに気が向くように仕向けたのかも・・・(笑)

いずれにせよ、単なるエンターテインメントとして観るのがいいだろうなぁ~・・・と思った。
ただボ~ッと観ている分にはいいかも・・・
私にとっては、「考えさせられる」というような映画ではなかった。

スポンサーサイト



日記 | 10:52:39 | Comments(2)
鉄アレイ?
今日は訪問看護師が来る日・・・
いつものように血圧、脈拍、聴診器での診察をする。
で・・・
すでに関係者の間で“有名”になっている、親父の「自主リハビリ」・・・・
なにせ、リハビリの“先生”の指導を無視して(大笑)、勝手に自分でリハビリのメニューを作っているのである!(大笑)
しかも、几帳面に記録までつけている。(笑)

では・・・自主リハビリの記録を点検・・・と看護師さん・・・
「あれっ?またメニューが増えているようですけど・・・」
「そうなんだよねぇ~。増えたんだよねぇ~」
「リハビリの先生が?」
「いや、俺が自分で増やしたんだけどさぁ・・・」
「はぁ?・・・・あれ?これは何ですか?何の運動?」

と・・・親父・・・部屋の隅を指さした。
「あれだよ・・・あれ!」
ふと部屋の隅を見たら・・・鉄アレイが・・・(驚)
拙者の知らぬうちに・・・いつの間に・・・(唖然!)

「あれを使ってなっ・・・こうやって!こんなふうに・・・」
うそ・・・・(大汗)
「いやぁ~それは、ちょっとやりすぎでしょ?」と看護師さん・・・
「なんで?このくらいのことをやらなくっちゃダメだろう?」
「・・・・・」(大笑)

早く元の状態に戻るためだと親父は言っているが・・・(大汗)
元の状態って・・・どんな状態?
ん?元の状態を突破しちゃっているんじゃないか?・・・もしかして・・・
あれれ・・・ボケちゃったのかな?(唖然)

まぁ~本人が「やりたい」って言うなら、拙者はやらせますけど・・・
しらねぇよ・・・あとはどうなっても・・・(大笑)

参ったなぁ~・・・・暴走してるぞ・・・親父・・・

日記 | 10:51:46 | Comments(0)