FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

従軍慰安婦のモニュメント
米国のニュージャージー州バーゲン郡ハッケンサックというところで、「従軍慰安婦」のモニュメントが設置されたのだそうだ。
この郡内での慰安婦のモニュメントは2箇所目だそうだ。
で・・・・
これを設置したのは、地元の韓国系住民らしい。
彼らが働きかけて郡当局が設置を認めたそうである。

この郡の人口は約90万人で、そのうち韓国系住民は約6%いるという。
ということは・・・約5万4000人ということか・・・
たった5万人程度の働きかけで、いとも簡単にモニュメントの設置を認めてしまった郡当局もすごい。(笑)
よほど、韓国系に喰い込まれていたのか・・・
それともチンピラまがいの恐い韓国系住民だから、恐れをなして言いなりとなったのか・・・(大笑)
どうして認めてしまったのかは知らないが・・・

日本軍に「性的奴隷を強制された」と記すプレートを取り付けたモニュメントの設置を認めてしまうのだから呆れるほかはない。
「慰安所」というところは有料である。(笑)
カネを取ってエッチをするわけで、タダではやらせてはくれない・・・(大笑)
その運営は軍ではなく、軍の意向を受けた民間業者がやっていたと生還者から聞いている。
ということは・・・「商売」である。
「商売」でやっている以上、彼女たちは「慰安婦」という名の「売春婦」である。
売上金は、この施設を運営している民間業者の手に渡っているわけで、タダ働きをさせられたのなら、この業者を訴えるべきであろう?
「奴隷」という言い方はおかしいのではなかろうか?
日本兵たちは「奴隷」にカネを払ってエッチをしたのか?
韓国人慰安婦は「奴隷」の分際でカネを取ったのか?(笑)
「奴隷」にカネを払うとはねぇ~
「奴隷」ではないでしょ?
カネを取っちゃったら・・・
「奴隷」ならタダでやらせてくれるでしょ?(大笑)
ちょっと考えれば、おかしな話だとわかりそうなものだが・・・

この「怪しげな」モニュメントの設置に対して、在ニューヨーク日本領事館は、「特にコメントすることはない」としているそうだ・・・
これまた呆れる話である。
黙認しちゃったんだ・・・・
認めちゃったんだ・・・
黙っているということは、認めたことになるのではなかろうか?
それが国際社会の常識ではなかろうか?
「言いたい奴には言わせておけ」「やりたい奴にはやらせておけ」は、いかにも大物ぶっているように見えるが・・・
そういうのは国際社会では通用しないんじゃないかなぁ~
「黙っているということは、認めているんだ」と思われちゃうんじゃないのかね?
「事実だから何も言えないんだ」と思われちゃうんじゃないかなぁ~
こういうところが、何に対しても「ダメもと」でギャーギャー騒ぐ中国人や韓国人と日本人の違いである・・・悲しいかな・・・

「国益を損ねた」ということで、領事以下職員全員を日本に召還して入れ替えたほうがいいのではあるまいか?

スポンサーサイト



エッセイ | 22:19:02 | Comments(4)
不幸中の幸い?
昨晩は、フィリピン戦のご遺族である“カジさん”と久しぶりに再会して、いつものようにトンカツ屋さんでご馳走になり(笑)、コーヒーショップでコーヒーを飲みながら雑談!
今度、“カジさん”が一人でフィリピンに慰霊いに行くと言う・・・
叔父さんが戦死されたのは、拙者の祖父が戦っていた「サラクサク峠」・・・・
現地に行っても、どの山が何という山なのか、どこに陣地があったのかがわからないだろうと思い、現地の陣地配置図の資料をお渡しする。

昨晩はホテルに泊まって・・・・
今日は、別の講演会を聴きに行く。
せっかく上京したんだから・・・(笑)

講演を聴き終わり、帰宅しようと上野駅に到着したら・・・・
あらら・・・
常磐線の運行ダイヤが乱れているようで、特急の指定券が購入できない!
強風の影響か?

仕方がないので、アメ横まで行って喫茶店で一服・・・
上りの電車が来なけりゃ、下りの電車が出発するはずもない・・・
「いつになるかわかりません」では、タバコの吸えない駅構内にいてもムダである。(大笑)
ふと・・・なんとなく駅に戻るべきかな・・・と思い立ち・・・
駅に行って見たら・・・
ちょうど、特急が発車するところだった!
ラッキー!(喜)
急いで飛び乗り、ギリギリセーフ!(大笑)
なんとタイミングのいいことか・・・・

ギュウギュウ詰めの自由席のデッキに立ちっ放しで1時間半・・・・
さすがに疲れたが・・・無事に帰宅できた。(笑)

日記 | 20:21:32 | Comments(0)
昭和史発掘(5)
昭和史発掘

著者:松本清張
文春文庫
1978年9月 第1刷
1993年1月 第8刷

スパイ“M”の謀略

小林多喜二の死



『スパイ“M”の謀略』は共産党の話・・・・
この第5巻・・・2作とも、共産党だとかプロレタリアだとか、左翼の話なので、私にとっては全く面白くない話だった。


今年の読書:13冊目




読書 | 14:41:00 | Comments(0)