FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

やっと完成!
5日からフィリピンに行く・・・
今回の旅の目的は、昨年10月にクラーク博物館を訪問した時の約束を果たす旅である。(笑)

前回の訪問の時に、館長に日本軍の遺品の展示物に関して提言をさせてもらった。
説明プレートが全くなにもないまま、ただ置きっぱなしでは意味が無い。
この遺品を使っていた「英霊達」にも申し訳がない。
というわけで・・・説明プレートの設置を求めたのである。

で・・・結局、拙者が自分で作って設置するのなら構わないということになった。
拙者は「学芸員」ではないし、その資格も持っていないが・・・(大笑)
やっていい・・・というなら、やっちゃうよ。(笑)

調子よく話をまとめたのはいいが・・・
いざとなったら・・・面倒くさい・・・(大笑)
いつもの拙者の悪い癖が出始まった・・・

ズルズルと先延ばしにしていて、ついに“尻に火”がついた。
説明プレートを完成させねば、何をしにフィリピンに出かけるのか・・・意味がなくなってしまう。
それ、頑張らねば・・・

展示品の中で一番の貴重品は、九七式車載機銃・・・・
戦車に搭載されている機関銃だが、戦車が動かなくなった時には、乗員がこれを外に持ち出し、陸戦で使用できるようになっている機関銃である。
望遠照準器、弾倉、二脚まで付いている完全なものは珍しい・・・
これには是非、説明プレートを付けねば・・・

問題は・・・英文!(大笑)
拙者は英語が大の苦手である・・・
四苦八苦して、英文の説明文をパソコンで作成して、プリントし、発泡スチロールの板に貼り付けて、自作のプレートを作成する。
初めての経験だから、こんなものでいいだろう。(笑)
とりあえず、無いよりはあったほうがいい・・・
数年後に、どうしてもみっともないとなったら、その時に、改めて新しいものを作って交換すればいいや。(笑)

続いて、戦車などの車輛に搭載されていた油圧ジャッキ・・・・
これは、この博物館のあるストッチェンバーグ近くで掘り出されたものらしいが、これが何なのか誰もわからず展示していたらしい。
で・・・これの説明プレートも作成する。
これまた貴重な品物である。

九七式車載機銃は、戦車のもので間違いなさそうだが、部隊名は推測するしかない。
一番可能性があるのが、このクラーク地区で戦った独立戦車第8中隊(岩下部隊)の戦車だが、確たる証拠がないから、そこまで記載するのはやめる。
もう少し、調査を進めてから、改めて作成しなおせばいいかな・・・
車載油圧ジャッキは、戦車や大砲などを引くキャタピラで動く牽引車などに搭載されていたものである。
必ずしも戦車のものとは限らない。
ジャッキは掘り出したが、車体のほうはどうだったのか・・・その証言が得られないので、軽々しく「戦車の・・・」と書くわけには行かない。

そのほか、九七式手榴弾や、八九式擲弾筒の榴弾、防毒マスクなど・・・
いくつか、拙者がわかる範囲のものの名称を英文と日本文で、説明文は日本文も併記すると長くなり、プレート自体が大きくなってしまうので、英文だけで作成する。
この博物館に日本人観光客が来るようになったら、日本文のものも併設しようかと思う。

いずれにせよ、なんとかかんとか、それらしき格好のプレートが完成した!
拙者が面倒臭がり屋なのをよく知っている“ウメちゃん”から「一人で作れるのかぁ~?」とからかわれたが・・・ちゃんと出来たぞ!(大笑)

出発直前、ギリギリセーフで完成!
う~ん・・・よくやった・・・と自画自賛・・・(大笑)

夕方、“ウメちゃん”にプレートを見せて自慢する。(大笑)
どんなもんだい!
まるで子供である・・・(大笑)

スポンサーサイト



日記 | 16:01:31 | Comments(3)