FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

風力発電に壁!
年間を通じて強い風が吹き、風力発電に適した土地が多い東北地方で、農地規制が壁となり、計画が中断に追い込まれているケースが相次いでいるという。

問題は・・・農業振興地域整備法(農振法)である。
これは優良農地を保護するための法律で、農業以外の用途への転用を禁じているが、「抜け道」として、農家の収入増に繋がる場合などは例外的に転用を認めていた法律である。
ところが、この「抜け道」が、大型ショッピングセンターや風車など農業以外の施設建設の増加を引き起こした。
これでは農地の減少に歯止めがかからないという懸念から、農林水産省は2009年に施行規則を追加して、この「抜け道」を塞いだのである。

ここまでは、なるほど・・・それは良いことだ・・・となるのだが・・・
この運用変更のため、今度は自然エネルギーの拡大に歯止めがかかってしまったのである。
山形県荘内町では、10年以上も耕作されていない遊休農地に風力発電設備の建設を計画したが、施行規則の変更により転用は不可能との判断で計画が暗礁に乗り上げた・・・
秋田県でも農地問題で計画が中止・・・・
青森県でも農水相から「誤った運用」を指摘され、規制対象外の場所への用地変更のため計画が延期・・・

自然エネルギー拡大に大きな壁が立ちふさがっている・・・・
これは「国家戦略」が杜撰だからではないだろうか?
「電力買い取り制度」だけでは普及はしないだろう・・・
電力を作る場所を規制したのでは・・・
法律に「自然エネルギー施設(事業)のみに転用可能」の一文を付け加えるだけで解決すると思うんだけど・・・
これなら大型スーパーマーケットなどへの転用は排除できるのではないか?
これをやるのは・・・政治家?それとも官僚?
しっかりしてもらいたいものである。
「原発に頼らず・・・」も結構ですが、じゃぁ、どうするかという部分がお粗末である。
農水省は農地減少を懸念して、これらへの転用に慎重なようだが・・・
どうせ遊休地なんでしょ?
「何年以上の遊休地」と限ればいいんじゃないの?
いくら優良農地って言っても遊休地では意味がないのではなかろうか?
日本は国土が狭いのであるから、有効活用を考えるべきだろう。
だいたい、「減反政策」をしておきながら何を言っているのかという気がしないでもない。

自然エネルギーへの条件付転用を認める改正法案は簡単に国会を通過するような気がするんだけどなぁ~

スポンサーサイト



エッセイ | 17:53:57 | Comments(0)
恒例の食事会!
今日も東京!
親父の見舞い・・・
いやぁ~さすがに飽きるな・・・・これ・・・(笑)

ついでに何か楽しいことはないとなぁ~(大笑)

で・・・気が付いた・・・
もし、親父が退院したら、今度はなかなか東京に出かけるというわけにはいかなくなるだろう。
となると・・・“カジさん”に会うのは難しくなるなぁ~(笑)
ということで、急遽、思い立ち・・・
今晩、恒例のトンカツ屋さんでの食事とコーヒーショップでのおしゃべりにお付き合い願うことにした。

午後、いつものように病室を見舞い・・・・
様子を見ながら、話しかけてやるが、話をしているうちに親父は眠ってしまうので、親父の脇で本を読み・・・
で・・・退屈したら外へ出てタバコを吸う・・・・(笑)
毎度、このパターンである。

夕方になりホテルに向かい・・・チェックイン・・・
いつもの待ち合わせ場所で“カジさん”と会い、トンカツ屋、コーヒーショップへと移動する。

夕方6時・・・大きな地震・・・
我が家では、いつものことと慣れているが・・・東京で、こんなに揺れるのは珍しいのではなかろうかという気がする・・・・
震源地が茨城沖だったら、東京でこの揺れだとすると、わが町はかなり大きな揺れとなる・・・
ヤバイ・・・
で・・とっさに頭に浮かんだのは・・・留守宅の我が家・・・
我が家は大丈夫だろうか?
なぜか、入院中の親父のことは全く頭に浮かばなかった・・・(大笑)
しばらくしてから、そういえば・・・親父は大丈夫かな?・・・・である。(大笑)

久しぶりの“おしゃべり会”・・・
この間のフィリピン旅行と親父の話などの報告・・・・
“カジさん”は12月に奥さんと二人でイタリア旅行に行くという・・・
いやぁ~懐かしいなぁ~イタリア!
亡くなる前に母と一緒に行ったイタリア!(笑)

旅から帰ったら、是非ともお話を伺いたい・・・・
となると・・・親父が邪魔だ・・・(大笑)
なんとか、親父を自立させるか何かして、拙者が東京に出て来れるようにせねば!(大笑)
「カエルの子はカエル」である。
自己中心の親父の息子が自己中心なのは当然である。(大笑)
が・・・我が家の場合は・・・「小さなアオガエルの子は立派なトノサマガエルでした!」なのである。(大笑)
さて・・・何か手を考えねば・・・

日記 | 14:04:41 | Comments(0)