FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

運がいい?
実は、明日から拙者はガダルカナル島へ慰霊に行く予定だった・・・(大笑)
が・・・
事前の打ち合わせ段階でゴタゴタがあり、結局、拙者はガダルカナル島行きをキャンセルしたのである。
ある意味、グッドタイミング・・・・
運が良かったと言っていいかもしれない・・・(笑)

当初の予定では、拙者が高齢者の参加者を「引率」して行く予定だったからである。
親父の入院のおかげで、まさかのドタキャンでは参加者も動揺しただろうが・・・
それ以前に、拙者は参加しない、引率しないということを明らかにしたので、参加者は、それなりの覚悟を持って、自己責任でガダルカナル島へ行くということになったのである。
出発直前にみなさんにご迷惑をかけずに済んで良かった・・・(笑)

気になるのは乗り換えである・・・
現地に着いてしまえば、現地ガイドが何とかしてくれるから大丈夫だろうが・・・
成田からポートモレスビーに行き、ポートモレスビー空港で乗換をしてガダルカナル島のホニアラ空港へ向かわなければならない。
この乗り換えは、添乗員が同行しないツアーなので、自分達で何とかしなくてはならないのである。
誰も助けてはくれない・・・
日本語は勿論通じないから、誰かに尋ねるにしても英語を使わねばならない。
というわけで、拙者が引率する予定だったのだが・・・
さて、ご高齢者だけで乗換えが出来るだろうか?
一番の心配はこれなのだが・・・
いまさら心配してもしかたがないよな・・・これだけは・・・

それにしても、早めに不参加を決めておいて良かった・・・
運がいいよなぁ~
これは、もしかして、こういう運命だったということかもしれないなぁ~
「誰か」が、筋書きを書いているのかもしれない・・・という気がしないでもない・・・(笑)

スポンサーサイト



日記 | 17:33:30 | Comments(0)
高齢者の犯罪・・・
2011年の1年間に、一般刑法犯で摘発された70歳以上の高齢者は前年から1271人増えて3万2262人となり、過去最多の人数だと2012年度版の犯罪白書で公表されたという。
この人数には、自動車運転過失致死傷などは含まれていないという。
まぁ、車を運転して間違って轢いてしまったなどという過失は、「犯罪」とは呼ばないということだろう。
当然のことと思う。

が・・・・
問題は、この「一般刑法犯」の人数のほうである。
70歳以上を区別して統計を取り始めたのが1979年だそうだが・・・
昨年の犯罪者数は、この1979年の10.6倍になっているのだそうだ。(驚!)

罪名別データは65歳以上で統計が出ているが・・・・
暴行罪が1992年の49.5倍!
傷害罪が8.7倍!
65歳以上というと・・・団塊の世代が含まれているということになろうが・・・・
高齢者のくせに「暴行」だの「傷害」だのと、かなり「元気の良い」犯罪が増えているのはどういうわけなんだろう?(大笑)
「高齢者は弱者」というのは・・・・嘘だな・・・(大笑)

「高齢者」という区分けではなく、これは「世代」の問題かもしれない・・・・
これら“高齢犯罪者”の生まれた年で統計を取ってみるべきではなかろうか?
何年生まれの人が多いか・・・・
その年の出生数に対する犯罪者のパーセンテージはどうなのか・・・・
で・・・その世代が育った世相と教育内容とレベル、家庭環境等々を検証して・・・
もし、ドップリと日教組の教育に浸った世代だとしたら・・・これは改善をせねばなるまい!
これこそが「教育改革」であろう。
これが共稼ぎの親に育てられた世代というならば、親の共稼ぎについて再考すべきかもしれない・・・

ただ「高齢者」と言うだけでは、何の意味もないのではないか?
将来の犯罪者増加を防ぐ方策も出てこないのではないか?

高齢者は、就職が難しく、不安定な生活を送りがちなので再犯しがちだから、再犯防止対策が急務だ・・・ということを言っているようだが・・・
どうもピンとはずれのような気がする。
就職出来て、安定した生活を送れば暴行事件や傷害事件は起こさないというのだろうか?
いや、いや、そうではあるまい・・・
この世代の「人間性」の問題ではなかろうか?
つまり・・・
65歳以上の方々には大変失礼な言い方になりますが・・・この世代には「出来損ない」が多いということではなかろうかという気がするんですけど・・・(大笑)

エッセイ | 16:26:01 | Comments(0)
ゴーストライター出動!
“ウメちゃん”から原稿作成応援の依頼・・・(笑)
高校のPTA会報に載せる原稿が、なかなか上手く書けないと言う。
それっ!
“ゴースト・ライター”の出動だ!(大笑)

20日までに事務局に提出しなくてはならないそうだが・・・
以前から、騒いでいたわりには、いつものように進んでいないようである。
とにかく、おおよその原案は出来たそうで・・・(笑)
で・・・それを拙者が確認・・・・
で・・・「ダメ出し」!(大笑)

原稿は、460文字程度に制限されているそうで・・・
“ウメちゃん”は真面目にその文字数ピッタリにまとめているのであるが・・・
う~ん・・・何を言いたいのか・・・文章が読みづらい・・・(笑)
で・・・内容をあまり変えないようにして、何が言いたいのか口頭で言ってもらい、それを拙者が文章化する。
と・・・軽く100文字ほどオーバーした。

「ほら、560文字を軽く超えちゃったじゃない。460文字じゃないとダメなんだけど・・・」と“ウメちゃん”
「まて、まて、そう慌てない!ここから言葉を入れ替えて、文字数を削っていくんだから・・・」
「おお!そうか・・・」

ポイントは3つに絞る・・・・
今回初めて企画した生徒会役員とPTA役員の懇談会を開催したということ・・・
その席上で、生徒達からいろいろな要望を聞かせてもらったということ・・・
“ウメちゃん”は真面目にその要望全てを掲載しようとするから、文字数の関係で前後の経緯の説明を省かなくてはならなくなり、結局、言いたいことがわからなくなってしまうのだ。(大笑)
ここを大幅に修正して、生徒達の要望をまとめる。
で・・・PTAとしての今後の方向性を述べる・・・・
これでいいんじゃないか?
これを460文字に収めれば完成である。

「う~ん・・・面白くないから、ここにチラリと先生方に対する嫌味の一言でも入れておきますか?」
「おい、おい、やめろよぉ~」
「いや、だって、先生方はやる気がないんでしょ?改善しようなんて気はないんでしょ?」
「まぁ、そうだけど・・・」
「じゃぁ、PTAとしては嫌味の一言でも入れて、俺達はここまでやる気でいるけど、あんた達はどうなんだと・・・書いてもいいんじゃないか?」(大笑)
「まぁ~ねぇ~」
「おお!さすがは我がPTA会長だ!ズバッと斬り込んだ!・・・って他の父兄から褒められるかもよ?」
「そうかぁ~?」
「まぁ、先生方には嫌われるとは思うけど・・・」(大笑)
「いや、嫌味を書いても気がつかないかもね・・・」
「ああ、じゃぁ、なおさら書いてもいいジャン!」(笑)
というわけで・・・チクリと苦言を書き加え・・・(大笑)

「で・・・最後なんだよなぁ~最後の言葉・・・なんてすればいい?」と“ウメちゃん”
「それは常套句で・・・PTAの会員の皆様のご協力を宜しくお願いいたします・・・でいいんじゃないの?」
「おお、それでいいのか?」
「で・・・以上をもちまして、PTA会長の挨拶とさせていただきます・・・って・・・」
「あのね・・・ふざけなくていいから・・・」
「はい、はい・・・え~衆議院議員立候補予定者の挨拶に代えさせて頂きます・・・」(笑)
「やめろって・・・」

いつものように、ふざけながら、原稿が完成した!(大笑)
文字数もバッチリ!
これでOK!

ご褒美に夕食をご馳走になる。(大笑)
感謝、感謝・・・・

日記 | 16:22:51 | Comments(0)