FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

何で答えないの?
病室の親父を見舞う・・・・
昨日は、食事を少し食べたというが、今日は昼食は食べなかったという。
口から栄養が摂れないと、退院は出来ないぞ・・・と言い聞かせているのだが・・・
胃の調子がおかしいとか何とか言っている。
検査をしても、胃に異常は見当たらないのだが・・・・
どうも精神的なもののようである。
まぁ、同室の患者の痰が絡まったゲボッ、ゲゲッという音を聴きながらでは、拙者も食欲は失せるけどね・・・(笑)
それにしても、親父は神経質すぎるのである。
どうやって頑張ろう・・・という考えではなく、頑張れない理由を探して、それに甘えるのである。
昔からそういう性格だからなぁ~
言い訳と愚痴ばかり・・・
困るんだよなぁ~食事をしてくれないと・・・衰弱しちゃうから・・・

隣りのベッドのご老人は、どうも意識を回復したらしいが・・・
ちょくちょくナースコールを押して、看護婦を呼び付け、「なんで俺はここにいるんだ!帰るぞ!今から帰る!」と大声で騒ぐ・・・
あらら・・・である。

そのうち、どうも息子さん夫婦らしき家族が見舞いにやって来た・・・・
女性のほうが優しい話し方でこのご老人に話しかけているから、この人はお嫁さんなのだろう・・・
で・・・ご本人・・・
「おい!なんで、俺は、ここにいるんだよ!え!どうしてここにいるんだ?」
「え?何が?」と息子・・・
「何がじゃなくて!どうして俺はここにいるんだって言ってるんだ!」
「え?何が?」
「俺は帰るぞ!」
「・・・・・」
「おい!答えろよ!どうして俺はここにいるんだ!」
「え?何が?」

大声で叫ぶからうるさいのなんのって・・・・
それに対して、この息子・・・「え?何が?」しか言わない・・・
どうして入院することになったのか話してやればいいものを・・・・
そうすりゃ、少しは大人しくなるのだろうに・・・
バカの一つ覚えのように「え?何が?」しか言わないのである。

この「え?何が?」はトボケる時の常套句である。
拙者の過去の経験から言うと、質問をされて、最初に「え?何が?」と口に出た場合は、トボケである。
以前、オーストラリアで某大手旅行社の添乗員に文句を言った時の彼女の第一声が「え?何がですか?」である。
で・・・「え?何がですか?」の連発・・・
トボケた上に客をバカにしている・・・・
その時と同じである・・・
よく聞こえない・・・とか、何を言われたのかわからない・・・ではなく、知ってるけど答えないというトボケである。
何でトボケるのかねぇ~
おかげで病室内はこの患者の怒号で騒然・・・
迷惑なんですけど・・・

昨日は「ア~メン!」、今日は怒鳴り声・・・・

と・・・やって来て10分も経たぬうちに、この夫婦・・・
さっさと病室を出て行ってしまったのである。
え?嘘・・・・
まさか、これでお見舞いは終了っていうわけじゃないよね?(笑)
まさか・・・帰っちゃったわけじゃないよね?(唖然)
あれれ・・・

政治の世界で、最近よく聞くのが「説明責任」という言葉であるが・・・
入院している自分の父親に対して、家族には「説明責任」というのがあるんじゃなかろうか?(笑)
自分たちは「説明責任」を果たさないくせに、政治家や役人などだけに「説明責任」を求めるのも、どうかと思いますけどねぇ~(笑)
世の中には唖然とさせられる人がいるものである・・・
へぇ~・・・勉強になる・・・・

スポンサーサイト



日記 | 21:18:15 | Comments(0)
コンサートの後に見舞い
今日も、昨日に引き続き、“別件”の後に、親父の見舞いである。(大笑)
ホテルをチェックアウトして、新橋駅近くの高級ホテルに向かう。
ここで、今日は、シャンソン歌手の藤原さんの「ランチ・コンサート」があるのである。(喜)
彼女のライブには、昨年の大地震の前からご無沙汰なので・・・・
多分、2年ぐらい顔を出していないと思う。
久しぶりに、ようやく時間が取れた!
まぁ、親父を、そっちのけでのあるが・・・(大笑)

ちょっと早めに到着したので、ロビーのコーヒーラウンジでコーヒーを飲みながら読書・・・
が・・・ここのコーヒー・・・・
1,700円もするのである!(驚)
嘘だろ・・・(大汗)
コーヒーが600円というのは経験があるが・・・1,700円とは・・・(唖然)
道理で他に客がいないわけだ・・・
館内には人が多いが、誰もコーヒーラウンジに座る人がいない・・・(大笑)
コーヒーのお替りは、いくらになるんだろうと思い、従業員同士で笑顔でおしゃべりに興じていながら、客に対しては無表情で愛想がないという“素晴らしい”スタッフを呼んで尋ねてみたら、お替りはタダだそうである。(笑)
それならそうと最初に持ってきたときに言えよ・・・・
2杯飲んでも・・・800円以上もするのか・・・
8杯ぐらい飲まないと割が合わないな・・・(大笑)

開場時間となったので、「ランチ・コンサート」の会場であるレストランへ・・・
お客さんが結構集まっていたが・・・拙者には知人はいない・・・
と・・・思ったら、あるご婦人から声をかけられた・・・(笑)
「たしか、茨城からいつも来る方ですよね?以前、ご一緒させていただいたんですけど・・・」と言われてビックリ・・・
いつも一人で参加するので、どうしても相席となるから、その時にお会いしているのだろうが・・・
さて・・・誰なのか覚えていない。(笑)
その時に何の話をしたのかも覚えていない。(笑)
というわけで・・・「そうですか・・・」で会話は終了・・・(大笑)
申し訳ないのだが、記憶に残っていないのだから話のしようがないのである。(涙)

001_convert_20121126172557.jpg

まずは、コンサート開始前に、食事会・・・・
6人テーブルの相席である。
一人で参加というのは間が持たない・・・(笑)
まぁ、目的は、久しぶりに藤原さんの歌声を聴くことだから・・・いいんんだけど・・・(笑)

002_convert_20121126173039.jpg

コンサートの中盤で休憩時間が入る・・・
この時に、同じテーブルの方の発案で、拙者の座るテーブルだけで名刺交換会となったが・・・
拙者には会社の名刺はない・・・(大笑)
「戦友会の事務局長をしています」と自己紹介したら、みなさん、ピンとこないらしい・・・(大笑)
拙者より一回り以上も上の方々なのだが・・・
「自衛隊ですか?」と言う・・・
自衛隊は戦ったことなんかないんだから“戦友”がいるわけはないと思うのだが・・・(大笑)
「太平洋戦争です」
「え?戦争に行ってたんですか?お若く見えますが・・・」
若いわい!あんた達よりズ~ッと若いわい!(笑)
「戦争には行ってませんけどね・・・」と戦友会の説明をするが、それでもピンと来ないらしい・・・
この世代が、太平洋戦争で戦死した方々の事を、もう少し頭に入れてくれないと困るんですけどねぇ~(笑)

一般の方は「戦友会」は戦争に行った人だけが集まる会だと思っている。
そういう会もあるが、そういう会ばかりではないのである。
うちの会のように、生還者もいれば遺族もいるし、戦没者の慰霊に賛同する賛助会員もいるという会もあるのである。

「うちの伯父も、どこか南の島で死んだようだ」・・・・では困るのである。(笑)
“どこかの島”では戦死した方が可哀想である。
彼らは「無駄死に」したのではない、現在の我々、つまり子孫が、彼らを忘れ去ることで彼らを「無駄死に」させてしまっていると拙者は思うのである。
誰が好き好んでフィリピンやニューギニアなど、南の島なんかに行くもんか・・・
命令に従って「仕方なく行き」、そして国のために「仕方なく死んだ」というのが大戦末期の実情ではあるまいか?
誰が好き好んで病死や餓死をするものか・・・

日本国民として慰霊をしてあげるのは当然だと思うのだが・・・
身内でさえ、この調子なんだから、「国のために死んだら損」「人の為に死んだら損」ということになる。
最近の日本がおかしいのは、もしかして、慰霊をしてくれない、戦死した自分たちを忘れ去っている日本国民に対して、英霊が仕返しをしているのではないかとすら思えてならない。(大笑)
罰が当たっているのである・・・・
その中で、結構、拙者が幸せに生きているのは、もしかして慰霊をしているせいなのかも・・・(大笑)
拙者だけは助けてくれているような・・・(大笑)

今の世・・・戦友会の説明は本当に難しい・・・(大笑)

コンサートを終えて、急いで親父の病院へ向かう・・・・

日記 | 16:34:18 | Comments(2)