FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

講演会の後に見舞い
今日は、講演会を聞きに行くついでに親父の見舞い・・・(笑)
目的が完璧に逆である。(大笑)

いつもの、定期的に開催されている軍事評論家・佐藤守氏の『国防講座』である。
今回のテーマは『尖閣防空作戦』・・・・
今、何かと緊張している尖閣諸島の防空をどうするのかという話ではなく、過去に実際に起こった尖閣諸島の危機において、航空自衛隊が実際に行った「防空作戦」の話である。
なにせ、この佐藤氏はこの“作戦”に関わった当事者である。
航空自衛隊、元・南西航空混成団の司令で空将という高位な肩書きを持つ。
今頃、へぇ~、そんなことがあったの・・・では平和ボケと言われても返す言葉がない。
尖閣諸島を巡るいざこざは、今に始まったわけではないのである。
が・・・多分、1年もしないうちに、また国民は忘れてしまうのだろう。
やっぱり・・・九州あたりを中国に占領されないとダメかもしれない・・・(大笑)

講演会を聞き終えて、親父の見舞いに行く。

親父の病室は、前回見舞いに行った時に移動させられた。
心臓に取り付けてあるモニターの電波が受信しづらいので、ナースセンターの近くの部屋に移動すると看護婦は言っていたが、果たして本当かどうかはわからない。(笑)
今度の病室は、殆どボケて意識がない老人たちばかりがいる6人部屋である。
この間の部屋では、親父は窓際の日当たりの良い、外の景色が見られた「いい場所」だったが、今度の部屋では入り口の近く・・・廊下から丸見えの部屋である。
それが、どうも親父は気に入らないようだが・・・
まぁ、真ん中のベッドよりはいいんじゃないか?(笑)

親父の向かい側の3人は、殆ど意識を失っているのか、ボケているのか、全く動きがない・・・
看護士が来て声をかけても返事の声が聞こえないから、ボケてるのか意識がないのか・・・
親父の隣りも同様に意識がないようである。
一番向こうの窓際の患者さんは、痰が絡まって苦しいらしく、ゲホッ、ゲゲッ、ゴホッ・・・とやっている。
その声(音?)を聞いているだけで、気が滅入る・・・
これじゃ、まともな奴も病気になっちゃうよなぁ~
精神的に参りそうである。
よく我儘な親父が大人しくしていられるもんだと感心・・・
それだけ、弱っているということなのか?

夕方・・・
隣りのベッドの患者さんにお見舞いの来客・・・
ところが・・・である・・・
どうもキリスト教らしき宗教の関係者らしいのだが、いきなりお祈りらしきものが始まってしまったのである!(驚)
「主(しゅ)よ!ありがとうございます!主よ、いつも見守りいただきありがとうございます!・・・主よ!・・・主よ!・・・主よ!・・・」などと延々とお祈りらしきものが続く・・・
いやはや驚きである。
どこの宗教を信じようと、それは個人の自由だから構わないが・・・
ここは6人部屋である・・・・
個室でやるならまだしも、他に患者がいるというのに・・・
この非常識さには、さすがに呆れた・・・
宗教にドップリ漬かると、周囲のことは目に入らないらしい。
無神経である!(怒)
宗教団体へ勧誘するときのような語り口で、意識がない患者に滔々と話しかけている・・・
その独特の口調を聞いているだけで気分が悪くなる。
いやぁ~宗教とは恐ろしいものである。
で・・・最後に、面会者一同で「ア~メン!」
はぁ・・・・やっと終わったか・・・である。(笑)
まさか、死んだんじゃないよな?(大笑)
患者の声が聞こえないが・・・意識を失ったままなのだろう・・・・

世の中には色々な人がいるが・・・
いやはや参った・・・・
益々精神的に滅入るな・・・・この病室・・・

スポンサーサイト



日記 | 12:37:47 | Comments(2)
村八分を復活せよ!
今日は、月に一回の「再生資源ゴミ」の回収日である。
町内の“有志”が持ち回りの当番で立つ事になっている・・・
拙者は、今日、東京に行かねばならんが、早起きして(笑)資源ゴミを出してから上京予定・・・

当番は2名一組・・・
今月は、女性の方が2名立っていた・・・(拙者は毎回一人でやらされているが・・・笑)
そのうちの一人は、昨年で町内会を退会した“イトウさん”というオバチャンである。
この人・・・・
昨年、ご主人を亡くしたが、町内会から香典をもらっておきながら、町内会費を払わない・・・
町内会会長として、何度も家を訪問したが、居留守を使っているのか、応答がない・・・
で・・・手紙を投函・・・
拙者の携帯電話の番号も書いて「都合の良い時に会費をいただきに伺いますので、ご連絡下さい」と書いておいたのに1年間、何の連絡もないのである。
完全に無視・・・である。
葬式の時には世話になったくせに、よくもそういうことが出来るもんだと呆れたが・・・
この年は、とうとう門は閉まったまま・・・・
家の中の電気がついているので、在宅だろうと思って訪問しても、応答がないままである。
朝も昼も夜も・・・・
ついに拙者の会長としての任期が終わってしまったので、次の役員さんに徴収をお願いした。
と・・・自宅にいるという。
何度訪問しても会えなかったのに、別の人が行ったら、アッサリと会えたという。(唖然)
で・・・会費の話を持ち出したら「町内会をやめますから」とのこと。
とにかく昨年の会費は払うようにと無理やりもらって来たと新役員からの報告をもらった。
町内会を退会したら、毎日、門が開いている・・・
何それ・・・である。
それにしても常識がない・・・
ご主人の葬式では世話になったんだから、次の年ぐらいまでは“義理”で残っているのが当然だと思うんですけど・・・
香典をもらったらサッサと退会とはねぇ~

この人・・・団塊の世代のオバタリアンである。
拙者の大嫌いな典型的な団塊の世代の人間である!(怒)
このオバタリアンと口は達者だが自分では何もしない主体性のない「後期高齢者」のオバチャンとの2人が今月の当番・・・
案の定・・・・
出されている資源ゴミを見たら、アルミ缶もスチール缶もゴチャ混ぜである。
ちゃんと分別の袋があるんだから、分別して入れなくてはならない。
持ってきた人に分別させるか、どうせ暇なら手伝って分別をするのが当番の仕事である。
拙者はいつも、ゴミを出しに来る人とおしゃべりしながら、「どうせ暇ですからぁ~」と分別をしてあげるのだが・・・

「これ、分別しておかないとダメですよ」と注意したら・・・
「私、そういうことは知らないから・・・私は当番に立ったことがないの。ずっと主人がやっていたから・・・私はゴミを出すだけだったから!」と”イトウさん”が平然と言い放つ。
ゴミを出していたなら、なおさらわかっているはずである!(怒)
何を言いやがる!このババア!・・・と内心、ムッと来たが・・・我慢、我慢・・・
「ここにアルミ缶、スチール缶って書いてある袋があるでしょ?これに分けて入れるんですよ」
「へぇ~そうなんだぁ~」
「で・・・これが、アルミ缶、これは、スチール缶。缶のここに書いてあるでしょ?」
「へぇ~私にはわからないわぁ~そんなこと・・・」
だから教えてるんじゃねぇか!このやろう・・・・
面倒くさいと言わんばかりの態度である・・・・
一応、当番の役を受けないと、ゴミが出せないだろうから、当番を引き受けているだけで、ただ立ってればいいんでしょ?・・・という考え方のようである。

町内会費の一件があったから、尚更、拙者は頭にきた。
「その節はお世話になりました」でもなければ「何度も足を運んでもらったそうで、すみません」でもない・・・
ケロケロッ・・・としている。
「手伝ってあげるから、分別しちゃいましょ!」
「へぇ~私はわからないから・・・やってください」には呆れた・・・・

どういう神経をしてるのかねぇ~
女性は繊細で几帳面で真面目というイメージがあるが・・・
今は、世代に関係なく・・・女のほうが雑である。
口は年々達者になっていくのだが・・・やることは年々雑になって行くのである!(大笑)
無神経なんだよな・・・

どういう育ち方をすると、こういう人間になるんだろう?
だから団塊の世代は・・・嫌いなのである。(大笑)
あ~!朝からムカつく!(怒)

「村八分」の風習がなくなったのがいけないんだよな・・・
こういう人間は「村八分」にすべきなのである!(大笑)
自己中心な奴は「村八分」!
「村八分」を復活すべし!・・・・である!(大笑)

日記 | 10:32:15 | Comments(0)