FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『ボーン・レガシー』を観る
img088_convert_20121115232412.jpg img089_convert_20121115232558.jpg

『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』という「ボーンシリーズ」3部作の最新作が、この『ボーン・レガシー』だそうである。

みんな「ボーン」から始まる題名なので、どれが1作目だったか、どれが3作目だったか、拙者にはさっぱりわからなくなってしまったが・・・
多分、テレビで3作品とも見ているような気がする。(笑)

マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンという人物が主役・・・
記憶喪失になったCIAの暗殺者という設定で、自分が誰なのかを知るために、何だかんだしているうち(笑)、CIAの秘密計画が暴かれていくという話の展開である。
ちなみに・・・・
アイデンティティー(identity)とは、主体性、自己同一性、身分証明、身元、正体という意味があるから、「自分探し」ということで、第1作目の題名は『ボーン・アイデンティティー』と付けたんだろうなぁ~
スプレマシー(supremacy)は、至高、最高位、優位、支配権、主権という意味がある。
アルティメイタム(ultimatum)は、最後通牒、最終提案、究極点という意味があるから、この3作目で、終わりということなのだろうが・・・
どうも、このシリーズ・・・人気があるようで・・・(笑)
終わりにならなかった・・・「最終~」って題名を付けちゃったのに・・・(大笑)

好評なので、シリーズが続くことになったらしい。
で・・・レガシーと名付けた・・・
レガシー(legacy)とは、遺産とか、受け継がれたもの、という意味がある。

今回の主役はジェレミー・レナー演じるアーロン・クロスという人物・・・
この人も「暗殺者」・・・・
ジェイソン・ボーンの死闘の裏側で同時に進行する極秘プログラムに立ち向かう・・・という設定だそうであるが・・・
いつになったら、マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンが出てくるのかと思ったら、全く出てこない。
どうやら前回までの3作で降板してしまったようである。
ジェイソン・ボーンが出てこないのに「ボーン」という冠が乗っかっている、この映画の題名に違和感を感じてしまうが・・・(笑)
まぁ、なんでもあり・・・ということで・・・(笑)

前3作のストーリーをよく覚えていないので・・・・話の展開がよくわからない・・・(笑)
いや、前3作とは全く違う話の展開なんだろうが、どうも頭が混乱する。
というわけで、話の筋はどうでもいい・・・・
アクションシーンを見て、ただ楽しむだけ・・・考えないようにしよう。(大笑)

主演のジェレミー・レナーは、最近良く見かけるようになった俳優さん・・・
アメリカのカリフォルニアの出身である。
ドイツ系アメリカ人とアイルランド系アメリカ人の両親の間に生まれたらしい・・・
ということは・・・本人は何系?(笑)
こういうのって、ちょっと羨ましいような・・・
拙者は・・・日本人だが、何系だかわからない・・・
ロシア系日本人とフランス系日本人の間に生まれましたって言ったら、すごく格好がいいような・・・(大笑)
彼は41歳だそうで、よく動けるねぇ~(笑)
拙者が41歳の時には、走れなかったぞ・・・足がもつれて・・・(笑)

準主役だと思うが・・・
研究所の博士、マルタ役を演じているのはレイチェル・ワイズという女優さん・・・
イギリスのロンドン出身、42歳の女優さんである。
この人も、何かの映画でよく見かけたような気がするが・・・
だいたい、拙者は女優さんは、どの人も同じに見えちゃうので良くわからない。(笑)
美人であるが、役によって雰囲気が変わるからなぁ~
化粧でどうにでもなるから女は怖い・・・(大笑)
父親はハンガリー人だそうで、母親はオーストラリア人らしい・・・
で・・・彼女はイギリス人・・・・
昨年、バツイチで、007のジェームスボンド役のダニエル・クレイグと再婚したらしい。
へぇ~である。
で・・・アメリカの市民権を取得したらしい・・・
ということは・・・アメリカ人?
ん?イギリス人?なに人?
あ~よくわからん・・・・(笑)
こういうゴチャゴチャしているのって、よくわからない・・・
拙者は父親も母親も茨城県人・・・(笑)
拙者も茨城県人・・・・
単純すぎて面白くない・・・(大笑)

ロケ地・・・・
フィリピンのマニラでのロケは圧巻である。
マニラ市内をバイクで飛ばすなどのシーンは、現地を知っているだけに手に汗を握ってしまう。
あんなところで、こんなロケが出来るのか?
あの秩序のない連中がゴチャゴチャいる中で?
「邪魔しないでくださ~い」って言っても言うことを聞くような連中ではないと思うんですけど・・・(笑)
スタッフは大変だったんじゃなかろうか?(笑)
まさかのアクシデントが起こるのではなかろうかと、別の意味での「手に汗」を握ってしまった。(笑)
まぁ、アクシデントが起こったら、その部分はカットされるから見ることはないと思うんだけど・・・(大笑)

この作品・・・・
結局、ボーンシリーズというより、別の新シリーズと受け止めたほうがいいようである。
サラ~ッとアクションシーンを楽しむ・・・・
それだけでいいような映画であると思う。(笑)

スポンサーサイト



日記 | 23:21:13 | Comments(0)