FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

親父がダウン・・・
朝起きて階下に下りていったら、親父が起きてない・・・
寝坊とは珍しいこともあるものだと思ったら・・・
「う~・・・う~・・・」と、うめきながら「お~い・・・起きられない!」と呼ばれた。
何事かと親父の部屋に入ったら、「起きられないんだ・・」と言う。
話を聞くと、昨晩、トイレに行こうと蒲団から出た途端にバランスを崩して引っくり返ったらしい。
で・・・腰をしたたかに打ってしまい、その痛みで起きる事が出来ないと言う。
寝返りもうてないと言う。

これは骨折でもしたかと一瞬焦ったが・・・
腰を見ても腫れている様子はない・・・
触ってみても痛くないと言う・・・
それじゃ、骨には異常なしだな。(笑)
骨にヒビが入るか折れているかしたら、かなり腫れるだろうし、触れただけで飛び上がるほど痛がるはずである。
腰を痛めてから6時間ぐらいは経っているだろうから、それで腫れていないというのであれば骨には異常はあるまい。
こりゃ、筋を痛めたんじゃなかろうか?
が・・・親父は腰が痛くてどうしようもないと泣き言を言う。
この「筋を痛める」というのは厄介なもので・・・
第三者じゃどの程度痛いのか、どう動かすと痛いのかがわからない。

我が家は昔から健康家族である。
そのため常備薬などほとんどない。(大笑)
ましてや湿布薬などあるわけがない。
というわけで・・・ドラッグストアーに行き、湿布薬と「尿器」(尿瓶)を購入してくる。
前回の“騒ぎ”の時に、一番値段の高い尿瓶を購入したが、使い終わったら、いつのまにか親父は捨ててしまったようなのである。
ちょっと目を放すと、余計なことをしてくれる・・・

親父の腰に湿布を貼ってやる。
貼る前に「今から貼るぞ~いいか?さぁ、貼るぞぉ~」と声をかけてから貼ってやる。
事前に心構えをもってもらわないと・・・
ところが、貼った瞬間、「冷てぇよぉ~冷てぇよぉ~」と泣き言を言うのである。(大笑)
「痛てぇよ~、冷てぇよぉ~」と、うるさくて仕方がない。(大笑)
何を泣き言を言っておるのか・・・予科練出身者が・・・
終戦がもう少し遅れれば、特攻隊員として、お国のために命を散らしたかも知れないというのに・・・
痛いだの、冷たいだの・・・何と情けないことを言っておるのかねぇ~
“老い”とは、こういうものなのだろうか?
拙者も親父の血を引いているから・・・年寄りになったら、こんなふうになってしまうのだろうか?(大笑)

普段から親父は愚痴ばかりこぼしているから、こうなると益々泣き言が多くなる。
筋を痛めただけだって!死にはしないって!

動けないと言いながら、大便の時にはさすがにトイレに行ったようである。
ふと様子を見に行ったら、腰をかがめてトイレに入っていったところだった。
ほら、やれば出来るジャン!

問題は食事・・・・
「何も食べたくない」と言う。
一日中、寝てばかりなので、かなり汗をかいているはずである。
脱水症状を起こしかねないので、スポーツドリンクを買ってきたが、飲まない・・・
食欲がないというので、ゼリー状の栄養補助食品も買ってきたが、食べない・・・
おい、おい、衰弱しちゃうだろ?
もう、本人は重症患者になりきってしまっている。(唖然)
腰の筋を痛めたぐらいで衰弱死したらみっともないだろうに・・・(大笑)

「騒ぎが大きい」のと「他人の同情を買いたがる」のは親父の専売特許の様な物で・・・
昔から騒ぎが大きい・・・
以前も、風邪を引いたかして体調が悪い時に、一緒に茶の間で夕食を食べたのに、妹家族が来る直前に蒲団にもぐりこみ、蒲団の脇に尿瓶をおいて、「う~う~」と唸って大騒ぎになったことがある。
「お兄ちゃん!お父さんが大変なことになってるじゃない!」と妹に怒鳴られたが・・・(大笑)
「さっきまで、一緒に夕食を食べてたんだけど・・・」
同情を買ってもらいたくて重病人になってしまうのである。(大笑)
こういう“前科”があると、今回の件の判断が難しい・・・
本当に痛いのか?
それとも大げさに騒いでいるだけなのか?
困った親父である。

明らかに異状があれば、救急車を呼んで病院へ連れて行くのだが・・・・
筋を痛めたぐらいじゃ入院にはならないだろう。
いっそ、入院してくれるとこちらも助かるのだが・・・・
いざとなったら点滴も打ってもらえるだろうし・・・
拙者は明後日、フィリピン行きの前泊のため成田に向かわねばならない。
基本的に、今回の旅行をキャンセルしようという気はない。(大笑)
入院してくれると逆に助かるような気がするが・・・(大笑)
それはそれで大変かな?

拙者がいるから甘えているのか・・・
拙者がいなければ、なんとか自分でやるかも・・・
この判断が難しい・・・・

スポンサーサイト



日記 | 10:56:10 | Comments(0)
歴史街道2012年9月号
歴史街道 2012年 09月号 [雑誌]歴史街道 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/06)
不明

商品詳細を見る


総力特集
新選組 斎藤一
剣に生き、「士道」を貫く

総論
「誠」の志と会津への恩義を胸に、幕末明治を生きた剣士
(歴史作家・菊地 明)
  明らかになってきた斎藤一の謎
  無口な性格で、黙々と任務に臨む
  新選組隊長として「誠義(せいぎ)」を貫く

明石浪人か御家人か、剣の流派は・・・謎多き江戸の日々を読み解く
(歴史作家・相川 司)
  山口家の謎
  永倉新八との意外な繋がり
  若き日の足跡と新選組加入
  試衛館、近藤勇との関係

「大上段に振りかざして進め」凄腕の三番隊隊長、京洛を駆ける
(歴史研究家・伊東成郎)
  松平容保の前で見せた剣技
  知られざる池田屋事件での活躍
  なぜ、多くの創作が生まれたか

「彼奴(きゃつ)」の懐に入れ」剣の絆を信じ、密命を受けた男の孤独な闘い
(作家・稲生達朗)
  角屋(すみや)流連(いつづけ)の顛末
  露になる本性
  斎藤、逐電

酒席は一瞬で修羅場に・・・天満屋、暗闇の死闘で見せた剣の冴え
(作家・永岡慶之助)
  嵐の前景
  剣客開眼

戊辰戦争勃発!鳥羽・伏見、江戸、甲州、そして会津へ
(歴史作家・菊地 明)
  鳥羽・伏見の激闘
  江戸、そして甲州へ
  唯一の副長助勤として

「志を捨て去るは誠義にあらず」新選組隊長は会津とともに
(作家・秋月達郎)
  敗走につぐ敗走
  誠義(せいぎ)を貫く

斗南(となみ)、西南戦争、警察官・・・明治を生きた新選組が貫き通したもの
(作家・松田十刻)
  会津戦争で生き残る
  斗南で塗炭の暮らし
  西南戦争で被弾
  端座して士道を全うす

我らが徳川家を守る!
八王子千人同心と新選組
恩顧に応えんとする高い矜持と武芸熱
幕末に花開いた「千人同心」精神

特集
新渡戸稲造
真の「国際人」とは何か

日本人よ、自信を持て!今求められる国際協調の軸足とは
(童門冬二・作家)
  「ジュネーブの星」と謳われた日本人
  「国際人」の資質を培ったもの
  最後まで、信念のために

太平洋の架け橋に・・・日本人とは何かを『武士道』で語る
(高橋文彦・作家)
  高い志を抱き、西洋へ
  『武士道』に息づく盛岡藩士の教え
  排日感情を鎮めるために・・・

世界が愛した「国連の星」、最後まで日米の平和を求めて
(藤井 茂・新渡戸基事務局長)
  思いがけない国連事務次長就任
  輝かし功績と国内での苦難
  「自分にしかできない」覚悟の渡米

「ヒトラー日記」の幻
第4回 スクープに目が眩んだ男たち
(吉田一彦・神戸大学名誉教授)
  スクープのための「緑の地下室作戦」
  真贋は容易に確認できたはずだったが・・・
  騙された元情報部員

駐日米大使グルーの昭和史
~天皇を敬慕し、開戦回避に尽したアメリカ人~
第18回 運命の開戦
(太田尚樹・東海大学名誉教授)
  ハル・ノートの裏読みと天皇への親電
  開戦の朝のアメリカ大使館
  この桜が咲く頃には

公益を目指した「日本の私鉄王」
松本重太郎と南海鉄道
大商人になる!ひたすら働いた青年時代
「日本の私鉄王」が目指した国家、公の利益
資産をそっくり差し出して実業界を去る



今年の読書:81冊目



読書 | 02:04:01 | Comments(0)