FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

鋼鉄の最精鋭部隊
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊)鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊)
(2008/10)
菊池 俊吉、北川 誠司 他

商品詳細を見る


オリジナル・プリントで見る九七式中戦車
 千葉戦車学校の九七式中戦車
 九七式中戦車の初期生産型
 千葉戦車学校の戦車群
 機関を一斉始動する戦車中隊

戦中の対外宣伝誌『FRONT』と撮影者・菊池俊吉(北川誠司)
 昭和の写真の先駆者たち
 日本陸軍とソ連
 陸軍参謀本部の主導で
 一流の資材を揃えて
 少ない戦車の写真
 『FRONT』の効果

やっていることは、我々となにも変わらない
~不肖・宮嶋、菊池俊吉の写真を語る(宮嶋茂樹)
 『FRONT』とカメラマン
 菊池さんの写真とカメラ
 菊池さんの絵心
 戦車の事情も透けて見える
 カメラマンとして見て
 最後にひと言

PART1
千葉陸軍戦車学校
  昭和16年秋、東方社『FRONT』のための撮影

戦車の大集団による機動演習
中戦車小隊の降坂機動
小隊縦列と車長の肖像
冠水地における徒渉の状況

PART2
千葉陸軍戦車学校2
  昭和16年秋、歩戦協同訓練

雨中の歩戦共同訓練
試製一式砲戦車(ホイ)と一式自走砲原型の通過
九七式中戦車の突進

PART3
陸軍騎兵学校(習志野騎兵学校)
  昭和16年秋

軽戦車と自動二輪車の連携
泥濘地を通過する軽装甲車
機動九〇式野砲の牽引
九五式、九七式の超堤シーン

写真撮影地の背景について(北川誠司)
千葉陸軍戦車学校の歴史
 戦車学校以前~長かった初期の戦車研究
 戦車学校の成立と教育の概要
 千葉陸軍戦車学校として
 終戦まで
陸軍騎兵学校の歴史
 創設期~明治期
 機械化部隊の助走~大正期
 機械化部隊への脱皮~昭和初期
 大陸での戦いに
 戦車兵教育の更なる強化
 戦局に応じて

高荷義之×富岡吉勝流写真鑑賞術のススメ
 千葉戦車学校の“合成”写真
 防盾と砲架の隙間の微妙なカタチ
 車長用パノラマ潜望鏡の謎
 カラオケ軍歌の薦め(長い前フリ)
 ここで本題。砲と防盾の色は?
 ボルトを外すと浸水する?
 試作砲戦車が2両も写ってた
 『日本の戦車』の図面のこと
 黄色い分割線にギモンあり
 軍装品にも注目すべし
 九七式軽装甲車と九五式軽戦車
 裏話的なものも少々



昭和16年・・・
日米開戦を目の前にして外国向け宣伝を目的としたグラフ誌が創刊されたという。
その名は『FRONT』・・・・
このグラフ誌のために多くのスタッフが各地の軍施設を取材・撮影したという。
その中の一人に菊池俊吉という報道写真出身のカメラマンがいた。
この菊池カメラマンが千葉戦車学校と習志野騎兵学校で撮影した機甲部隊の写真・・・
戦災や戦後の混乱から免れて保管されていたこのオリジナル・ネガからプリントした写真をもとに、この「写真集」は構成されている。

貴重な写真である・・・・
それにしても、外国向けに、こういう戦車の写真を堂々と見せても良かったのだろうか?
「どうだ!すごいだろぉ~!」と言うわけか・・・(笑)

この『FRONT』のために撮影された写真・・・・
ただの記録写真というだけではなく、戦後の日本の写真表現やグラフィックデザインに多大な影響を与えたという。
ということは、戦車マニアだけではなく、写真撮影を趣味にする人にも参考になる写真ということか・・・


今年の読書:48冊目



スポンサーサイト



読書 | 02:57:23 | Comments(0)
闇権力の執行人
闇権力の執行人 (講談社プラスアルファ文庫)闇権力の執行人 (講談社プラスアルファ文庫)
(2007/09/20)
鈴木 宗男

商品詳細を見る


はじめに~「闇権力」に近づきすぎた自分との決別

序章 外務官僚の素顔
 「受けた恩は水に流し、かけた情けは倍付けに」
 対ロ外交責任者の「幼児プレー」
 外務官僚の「恭順のポーズ」
 不正蓄財組織「ルーブル委員会」
 原資はKGB資金
 ユーロを使う「うま味」
 外交官はなぜ家を4軒買えるのか
 外務官僚が書いた大河小説
 住居手当は290万円
 バカンスでも支払われる手当
 年間807万円の「在外勤務手当」
 X資金と「腐敗と欲望の王国」
 カンヌやニースで「健康管理休暇」
 飯倉公館に眠る8000本の高級ワイン
 在外公館派遣制度という究極の無駄
 権力の奥深くで

第1章 改革の敵
 地方票は小泉批判に
 小泉総理を首班指名したわけ
 「禊を済ませてから出てこい」
 候補者選定の裏側
 日本をダメにする小泉改革
 サラリーマン増税を行う前に
 役人が政治家をコントロールするシステム
 「鈴木宗男対応マニュアル」漏洩は外務公務員法違反
 外務省の亀裂
 外務官僚が怖れる「爆弾質問」
 共産党とつながる外務官僚
 法律に定められた「武器」
 プーチン大統領の依頼
 確信犯の暴走
 新党のフロンティア精神
 個人情報保護法から除外すべき人たち

第2章 疑惑の裏側
 メディア・バッシングのきっかけ
 外務省のすり替え
 外務省に取り込まれるNGO
 紛争地におけるNGOの条件
 邪悪なシナリオ
 「闇権力の秘密」が洩れるリスク
 漏洩した文書を作成したロシア課長
 司法による行政への介入
 外務省の守秘義務違反
 「ムネオハウス」の真実
 「醜い女はいない。ウオトカの量が少ないだけだ」
 ロシア支援委員会の闇
 ロシアに渡った情報スペシャリスト
 「殴打事件」の診断書はかすり傷
 疑惑はすぐに晴れるはずだった
 異端分子を見つける「踏み絵」
 民主党にレクチャーした人物
 「闇権力」が使う典型的な手口
 極秘文書を権力闘争の道具に
 国益を最大に毀損した愚行
 「名誉と尊厳」を知る外交とは
 イランへのODAが北朝鮮のミサイルに

第3章 高級官僚の夜の顔 
 農水相の横ヤリ
 アルマジロになった局長
 「クソと味噌のあわせ汁」
 一転してバッシングの中心に
 武装ゲリラとノンキャリア
 情報源のないキャリア官僚の群れ
 テレビに映るための人質出迎え
 人質を歩かせてキルギス入りした理由
 大使とアカエフ大統領「疑惑の会談」
 外交特権でポルノ本を持ち込んだために
 自分で作ったルールを変更して大使に
 「スクール」が隠すスキャンダル
 「闇権力」の手先
 官房機密費と外相狙い
 袴田教授の「怪文書」
 600万円を1億円に膨らませた手口

第4章 腐臭が流れ出す場所
 週刊誌のスキャンダル隠蔽のために
 東郷氏が口にした「取引」
 反日デモを招いた張本人
 外務省の情報統制
 「詫び状」がいつのまにか「圧力」に
 女性家庭教師と昼も夜も
 必ず1000ドル渡す理由
 便宜供与のいい加減ぶり
 大使館の「政治部長」
 警察幹部の耳打ち
 「アメリカンスクール」の中枢にある腐敗
 知りすぎてしまったよそ者は
 女性テレビ記者二人が鉢合わせ

第5章 派閥と政治家の汚れたカネ
 1億円を「憶えていない」という神経
 「迂回献金」=「指定献金」のカラクリ
 「闇権力」を生む制度
 検察捜査の不可思議な動き
 検察が描くシナリオ
 検察調書の恐るべき魔力
 国会議員を別件逮捕する検察
 「5億円はほかの先生が使ってしまいました」

第6章 恐怖の国策捜査
 最長の拘置生活、437日
 ホテルのスイートルームで
 動物園の檻
 独房の毎日
 調べることのない「取り調べ」
 「出たいと思ったら負けだ」
 娘から届いたメール
 死者を出した国策捜査
 週刊誌の記事をネタに尋問
 「別件逮捕ですね」
 利用された釧路事務所
 見込み捜査の誤謬
 「疑惑の綜合商社」
 アフリカ外交が重要な理由
 何もしない政治家が「いい政治家」
 現職検事も「無理筋」と指摘
 国策捜査の目的と生け贄のヒツジ
 検察の「隠されたもう一つの事情」
 検察の裏金疑惑隠し
 検察をたたくと鈴木宗男事件の情報は
 「世論に押されてやりました」
 検察と官邸の密接な関係
 アメリカに逆らった政治家は
 あらかじめ狙いを定めた「悪役」
 強大な権限と完全な身分保障
 「司法改革」を掲げる大臣は

第7章 騙されたメディア
 「闇権力」のリークの仕方
 外務省の共産党シンパの動き
 信用させたあとにニセ情報を
 民間人閣僚の危険
 文書流出でロシアは
 「国民の知る権利」を奪う「闇権力」
 検察担当記者の「闇」
 「朝日新聞」と「読売新聞」の代理戦争
 オフレコ懇談会で福田官房長官は
 国策捜査を阻止するために

終章 日ロ首脳会談の真実
 領土問題解決への画期的な合意
 「クリル(北方領土)の話をしよう」
 「八方塞がり」外交の原因
 外務省が犯した六つの過失
 小泉外交の悲劇
 プーチンはマンモスと一緒か
 外務官僚の基礎体力
 小泉総理の風邪の不思議
 前総理のタイムリーヒット
 国際版「鈴木宗男対応マニュアル」
 「闇権力の執行人」との直接対決

おわりに~「闇権力」を倒す国民の英知

解説 「私たちを罠に嵌めた人々」 佐藤優
  「特命交渉」の実態
  「国賊キャンペーン」を展開した輩
  総会屋の上を行く学者
  外務官僚が隠蔽している事実
  「幼児プレー」を暴露されたくらいでは
  大使の捨て台詞
  「上海総領事館自殺事件」の情報を洩らした人物
  庶民が打ちひしがれる本の中身
  外務官僚が使った禁じ手
  自己保身のためにリークした改竄文書
  拘置所独房で考えついた結論
  ロシアの選挙に近づく日本人の感覚
  日本の「闇権力」の裏と表を



今年の読書:47冊目



読書 | 02:09:07 | Comments(0)