FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

寛仁殿下ご逝去
2階の自分の部屋から茶の間に降りたら、茶の間にいた親父が言った・・・
「三笠宮がお亡くなりになったらしいぞ」
ガ~ン!
ショックである!
ガクッと腰が抜けるほどのショックである。

そうだよなぁ~殿下はもう96歳だから・・・・
お亡くなりになられても仕方がないよなぁ~
テレビを見ていたらニュースが流れたらしい。
拙者はテレビを見ていなかったので全然知らない。
と・・・・
「若かったんだな・・・三笠宮様・・・」と親父・・・
ん?
若い?
「いや、三笠宮殿下は96歳だけど・・・」
「いや、若かったな・・・」
「三笠宮崇仁(たかひと)殿下だよ、いつも俺が殿下って言ってるのは・・・」
「崇仁だったかなぁ~・・・・よくわからんが、髭を生やしている三笠宮様だぞ」
「じゃぁ、息子さんのほうだ!」

崇仁殿下ではなく、息子さんのほうの寛仁(ともひと)殿下がお亡くなりになられたのか!
こう言っては本当に申し訳ないが、ショックが幾分和らいだ・・・
が・・・いやぁ~参ったなぁ~
崇仁殿下のお気持ちを察すると・・・これは堪らん・・・・
子供に先に旅立たれたのでは・・・・

三笠宮崇仁殿下には息子さんが3人おられるが・・・・
三男の高円宮は平成14年に47歳で急死されている。
たしか、このご不幸から間もない時に、戦友会で殿下にお会いしたが・・・・
余計な気遣いを嫌う方なので、仰々しいお悔やみの言葉を述べるのもいかがなものかと迷ったものである。
ご心痛はいかばかりかと、こっちが泣きたい思いだったが、殿下は毅然とした、いつもと同じご様子・・・
なおさら、殿下のご心中を思うと、こっちが辛かった・・・

で・・・今度はご長男の寛仁殿下か・・・
96歳の殿下のショックは、いかばかりか・・・
いくらなんでも、こういう仕打ちってあるのだろうか?
不謹慎な言い方かもしれないが、神も仏もないのだろうか?
96歳の殿下を、そこまで苦しめることはないんじゃないか?
息子さん2人を先に奪うとは・・・・
いくらなんでも、そりゃねぇだろう!(怒)
神様というのが実際にいるのなら、ちょっと文句を言いたいものである!

殿下に最後にお会いした時に、殿下は寛仁殿下を非常に誉めておられた。
「父親の私が言うのも何ですが、寛仁は大した男だと思います」とおっしゃっていた。
それを思い出したら涙が出てきた・・・

寛仁殿下は、癌の手術など合計16回もされているという。
ツライと思うんだよなぁ~
これは何度も手術というのを経験したことがない人ではわからないかもしれない。
拙者も多少は経験しているからわかるんだが・・・精神的に参っちゃうんだよね・・・
が・・・・常に前向き、積極的・・・
その生き方にはお父様の崇仁殿下も脱帽だと・・・・
そうおっしゃられていたが・・・なんとも残念!

崇仁殿下のお体が心配だ・・・
百合子妃殿下も89歳になられるから、妃殿下も心配だ・・・
殿下、妃殿下、どうか倒れないで下さいと祈ることしか拙者には出来ない・・・

スポンサーサイト



日記 | 23:02:45 | Comments(2)