FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

マタハリ
マタハリ (中公文庫)マタハリ (中公文庫)
(1989/02)
秋本 典子、マッシモ グリッランディ 他

商品詳細を見る


 1 死を待つ獄舎

 2 束の間の仕合せ

 3 家族の崩壊

 4 マック・レオド大尉

 5 地獄の儀式

 6 パリへ向かう

 7 霧のなかの出会い

 8 サロメの踊り

 9 エスヴルの城

10 軽やかなギャロップ

11 見知らぬ賛美者

12 スパイという因果な稼業

13 悪夢

14 運命の電報

15 恐るべき告発

16 むなしい弁護

17 軍法会議

18 暁の処刑

訳者あとがき



「マタハリ」と聞くと、即、「美人女スパイ」と頭に浮かぶ・・・・
そのくらい有名な「世紀の女スパイ」・・・・
しかし、具体的にどこまで知られているかと言うと・・・怪しいものである。
「美人スパイ」としか思い浮かばない。
その伝記が本書である。
第一次世界大戦において、ドイツのスパイとして活動した罪でフランスで処刑された。
が・・・彼女はフランス人ではなく、オランダ人である。
そもそもはダンサーである。
舞踏家といってもいいかもしれないが・・・
その彼女のダンスが“妖艶”だということで大人気・・・・
翻訳本なので、どうもそのあたりがハッキリしないのだが、私の受け取った感覚では“ストリッパー”とほとんど同じだったのではあるまいか・・・という印象を受ける。
当時としては、かなりの“露出度”で踊っていたようである。
その彼女が、何ゆえにドイツのスパイになったのか・・・
ここがまたよくわからない・・・
人気ダンサーが、だんだん落ち目になっていく・・・
歳を取り、“妖艶”にも翳りが出てくる・・・・
“色気”も・・・だろう。
“女の武器”にも錆が出始める・・・と言っていいかもしれない。
で・・・ドイツのスパイ?
どうもピンと来ない。
しかも、どれほどのことをしたのかと言っても、そうそう大したことはしていない感じなのである。
落ち目になったダンサーが注目を浴びたかっただけなのか?
誰かに縋りたい・・・の、その相手が、たまたまドイツだったのか?
彼女は夫に捨てられパリに行き、ダンサーとして注目を浴びる・・・
「マタハリ」の由来はインドネシアのジャワに行ったことがあるので、その名を考えたようで・・・
ジャワの踊り子?インド舞踊の新人?・・・・
いずれにせよ、経歴詐称か、ハッタリ・・・である。
が・・・ダンスは本当に観客を魅了する素晴らしいダンスだったらしい。
実力はあったんだろうが・・・
どこで歯車が違ったのか、ボタンを掛け違ったのか・・・・
最期が銃殺刑とは・・・・
読後感は・・・ため息・・・・
哀れさしか感じられない・・・・
なんと不幸な人生か・・・と言うのは簡単だが、単純に“不幸”とも言い難い。
ある種の“強欲”が、招いた結果ともいえるし・・・
最大の不幸は、彼女がダンサーとして後世に名が残ったのではなく、“女スパイ”として名が残ってしまったことではなかろうか・・・・
本人は不本意だろうなぁ~


今年の読書:45冊目



スポンサーサイト



読書 | 20:18:04 | Comments(0)
旅行社と打ち合わせ
ホテルをチェックアウトして新橋駅へ・・・・
当初の予定より早い時間に新橋駅前でガダルカナル島の遺族“ハタナカさん”と待ち合わせ。
当初より前泊を予定していて正解だった。

新橋駅前のビルの喫茶店で、11月のガダルカナル島の巡拝旅行の打ち合わせをする。

“ハタナカさん”は福岡の人だが、所用で上京していた。
で・・・帰宅の前に、直接会って打ち合わせをしようと言うことになり、今回の会合となったのである。
若いときには東京で働いていたそうで、その時からの馴染みの蕎麦屋があるというので、そこで昼食をご馳走になる。
感謝である!(笑)

133_convert_20120728205226.jpg

食事後、東京九段にある旅行社へ二人で向かう。
今まで、拙者が仲介役として旅行社と打ち合わせをし、旅程の原案作りをしていたが、細かい質問等は旅行社の担当者と直接話をしたほうが良かろう・・・・
基本的には、できるだけ安く・・・というのが希望だが、これがなかなか難しい。
出来るだけ短期間で回りたい・・・というのも飛行機の便数の問題でなかなか難しい。
なにせ燃油サーチャージもいくらになるのか、まだハッキリしない状況なのである。
しかも、不思議なことに、大手旅行会社に丸投げするツアーと料金的に大して差がない・・・・
オーストラリアなどの余計な場所の滞在が2泊くらい含まれたり、余計な観光が含まれていて・・・なのだから、なぜ大して料金に差が出ないのかがわからない。
本来なら余計なところに立ち寄るほうが、かなり高くなっていいはずなのだが・・・
“ハタナカさん”が事前に準備してきた質問事項を旅行社に投げかけてもらい、それを参考に更に旅程を組みなおすことにして打ち合わせを終える。
実際にツアーの企画を考えると、なんだかんだと細かいことで頭が痛くなる。(笑)
参加者それぞれの“価値観”の違いもあるから、調整するのが大変である。

基本的には旅費を安くするためには添乗員を付けない方がいい。
そうなると・・・個人の責任で全て移動をしなくてはならない。
が・・・参加予定者のなかにトラブルメーカーとなり得る人達がいる・・・(笑)
持ち込んではいけないものを持ち込んでしまう人・・・(大笑)
空港で問題を起こしても、添乗員はいないから自分で対処してもらうしかない。
が・・・年配者なので、自分では対処できない。
となると・・・拙者が対応するしかないか?
ならば、拙者の言うことを聞いてくれないと困るのだが、「大丈夫ばい!」と言って受け付けない。
前回もそれで揉めたんだから・・・今回は・・・と思うのだが・・・多分、反省はしていないだろう。
そういう人が参加するとなると・・・
オーストラリアの経由は避けたい・・・・(笑)
食料品の持込が厳しいのである。
それを説明しても、多分、インスタントラーメンやら何やらと持ち込んじゃうんだろうなぁ~
ああいう人は・・・
で・・・空港職員に取上げられて大騒ぎ・・・
英語が話せないから・・・拙者が呼ばれて対応させられることになるだろう・・・・
あ~・・・いやだ・・・(大笑)

計画段階で・・・疲れる・・・(大笑)

「現地に行けば何とかなるばい!」という安易な考え方を持っている方がいる。
前回訪問したときに知り合った人を頼りに、現地でのことは、そこへ任せれば安くなるだろうという考え方・・・
拙者はこの考え方には反対なのである。
往復の航空券だけを旅行社で手配して、現地のホテルや車、ガイドは、前回会った人を頼りに直接手配すれば安いだろうというが・・・
上手くいかなかったときの責任は、全て自己責任となる。
そのせいで、現地で巡拝慰霊の目的が達せられなかったとしても、日本へ帰国する便に乗り遅れたとしても、全て自己責任である。
旅行社も誰も責める事は出来ない・・・・
が・・・多分、そういうことは思っていないだろう。
旅行社に責任を押し付けるか、現地のホテルに責任を押し付けるか・・・
最終的には拙者が責められることになるかな?(大笑)
とにかく、前回の旅行で、参加者の個性がわかっているだけに・・・・恐い・・・(大笑)
僅かな金銭をケチって、大失敗となったらバカである。(大笑)
何しに行ったのか、わからなくなる。

というわけで・・・現地で手配する件は全て却下!(笑)
旅行社でも、そのほうが良いと言う。
当然、旅行社を通して現地で手配するのがマナーだろう。
航空券、ホテル、現地での車とドライバー、ガイドの手配など、メインとなる部分は同じ旅行社を通しておいたほうがいい。
何かアクシデントがあっても、対応してもらえる。
これを個別にやると、いざとなった時には誰も対応してくれない可能性がある。

とにかく、自分勝手に動きかねない方々が参加予定者の中にいるので・・・(笑)
一番、神経を使うところである。
予測して計画をせねば・・・
予想外でした・・・は通用しない。(大笑)

とにかく無事に打ち合わせを終えて、“ハタナカさん”と別れる・・・・
たったこれだけの用事で上京とは・・・と言えなくもないが・・・(大笑)
この、顔を合わせて話をするというのが大事だと思うのである。
メールでの打ち合わせもしているが、やっぱり顔を合わせて話し合うというのは基本だと思うのである。
充実した一日だった・・・(喜)

日記 | 19:44:06 | Comments(0)