FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

仙台東照宮
070_convert_20120724095905.jpg

東照宮由緒

御祭神 徳川家康公
例祭 4月11日

仙台藩2代藩主伊達忠宗(だてただむね)公は、徳川幕府への尊崇・感謝の標として、慶安2年(1649)5月28日、3代将軍徳川家光公に東照大権現の仙台勧請(かんじょう)を願い出て許しを受け、同年8月17日普請始(ふしんはじめ)(着工式)を行った。
この地は玉手崎(たまてざき)とよばれ、天正19年(1591)10月、徳川家康公が葛西大崎一揆の視察を終へて江戸へ戻る途中、藩祖伊達政宗公と宿陣された所で、祭神縁(ゆか)りの場所として社地に選ばれたという。
尚、この地にあった天神社は東隣に移され、寛文7年榴岡に移された(現在の榴岡天満宮)。
社殿が完成したのは、着工以来5年後の承応3年(1654)である。
同年3月16、17日に造営落成御遷座(ごせんざ)の儀式が荘厳(そうごん)に行われた。
造営に当った人足58万3千675人、大工12万9千967人、材木2万4千730本、総工費小判2万2千496両を要した。
諸国に材を求め、一流の工匠が工事に携(たずさ)わる等、仙台藩総力をあげての大事業であり、伊達文化の粋を結集したものであった。
以後、伊達家の守護神として尊崇され、明暦元年(1655)より毎年9月17日を祭典日と定め、藩主在国の年には城下18ヶ町に命じ神輿渡御(みこしとぎょ)の先駆として山鉾を出さしめ、藩内最大の祭礼であった。
この祭を仙台祭と称し、江戸時代末期まで盛大に行われた。
昭和10年8月6日早朝、失火により弊拝殿(へいはいでん)が焼失し、貴重な文化財が烏有(うゆう)に帰したが、昭和39年11月17日、氏子崇敬者の協力により原形に復興された。
本殿・唐門(からもん)・透塀(すきべい)・随身門(ずいしんもん)・石燈籠(とうろう)・石鳥居(とりい)は国指定重要文化財に、手水舎(てみずや)は県指定有形文化財に、それぞれ指定されている。
昭和53年6月、唐門・透塀の大修理が竣工、昭和55年6月には本殿の修復工事が完了して、創建時の荘厳華麗(かれい)な姿に復元された。

境内社 古峰神社
境内地 9千700坪
鎮座地 仙台市東照宮1丁目6番地1号
東照宮社務所

(説明板より)

073_convert_20120724103516.jpg

重要文化財 唐門・透塀
昭和28年3月31日指定

唐門は一間一戸向唐門、銅瓦葺。
正面円柱、背面角柱、花崗岩の礎盤の上に立つ。
天井と垂木の間、蟇股、扉の綿板に金箔を押す。
蟇股に牡丹の花、扉の綿板には紗綾形模様を彫り出し、鳳凰、麒麟、唐獅子の浮彫を付ける。
鳳凰は動乱の世を鎮める名君の象徴で、牡丹は富貴善美を表わしている。
彫刻部分に生彩色を施し、破風板、木口等要所に飾金具を取り付けた、形態均衡をえた流麗な門である。
透塀は一周延長四十四間(79.4メートル)、銅瓦葺。
花崗岩の基壇上に土台を廻し、角柱を建て、腰長押、内法長押を付す。
襷文、連子窓は黒漆喰。
長押には飾金具を付ける。

弊拝殿
弊拝殿は御神前に弊帛や献上物を捧げ、祭祀を行う為の社殿である。
大きさは三間二間、背面に一間一間の弊殿を設け、屋根は入母屋造銅瓦葺。
軸部は頭貫・長押・板壁の和様で桟唐戸が付く。
創建当初の弊拝殿は昭和10年8月6日、失火で焼失し、現在の社殿は昭和39年11月に、氏子崇敬者の尽力により原形に復興された建物である。

(説明板より)

076_convert_20120724110300.jpg

県指定有形文化財
昭和39年9月4日指定
手水舎(てみずや) 附水盤

承応3年(1654)造。
木造、欅材、木地呂塗。
屋根切妻造銅瓦葺。
水盤は備前国大島産の花崗岩で出来ています。
手水舎は参拝の前に口と手を水で洗い、心身(しんしん)を清めるところです。

(説明板より)


より大きな地図で 仙台東照宮 を表示


スポンサーサイト



史跡 | 15:55:31 | Comments(0)
政岡廟
052_convert_20120723222421.jpg(三沢初子の墓)

仙台市指定史跡
三沢初子の墓など
昭和47年2月1日指定

三沢初子の墓
三沢初子は尼子氏の重臣三沢清長の娘で、後に3代藩主綱宗の側室となり、亀千代(4代綱村)を生む。
貞享3年48才で没す。
法名 浄眼院殿了岳日巖大姉
寛文事件(伊達騒動)の時には、12年にわたり幼君亀千代を守って辛労した。
歌舞伎「先代萩」の政岡は、三沢初子をモデルにしたものと言われている。
明治初期までは本殿、唐門、拝殿があったが伊達家の祭祀が神式に改められて撤去された。
徳川振姫の墓
徳川振姫は姫路城主池田輝政の娘で、2代将軍徳川秀忠の養女となり、後に2代藩主忠宗の正室となる。
万治2年53才で没す。
法名 孝勝院殿秀岸日訊大姉
稲葉氏仙姫の墓
稲葉氏仙姫は小田原城主稲葉正則の娘で、後に4代藩主綱村の正室となる。
宝永3年48才で没す。
法名 万寿寺殿宝蓮浄晃尼大姉

本山孝勝寺

(説明板より)


より大きな地図で 三沢初子の墓(政岡廟) を表示


史跡 | 14:37:57 | Comments(0)
歩兵第4連隊兵舎
024_convert_20120723231555.jpg

仙台市指定有形文化財
昭和53年6月16日指定
旧第四連隊兵舎

明治7年(1874)に造営された兵舎建築で、宮城県内に現存する洋風建築では最古のもの。
瓦葺寄棟(かわらぶきよせむね)造り木造2階建で、漆喰(しっくい)塗りの大壁、建物角隅にはコーナーストーン、ガラス入り上下窓、出入口のポーチには洋風円柱、雲形の彫刻を有する階段等の特徴を持つ。
これらは明治6年完成の名古屋第六連隊兵舎と似ていることから、当時の兵舎建築の基準に則ったものと考えられる。
終戦まで60年間にわたり旧陸軍の兵舎として使用された後、終戦から昭和31年までは米軍が駐留、その後、昭和50年まで東北管区警察学校等に使用された。
内部はその都度改造されているが、昭和53年文化財に指定された後、明治37年の状態に復元された。
なお、同様の兵舎が7棟残されていたが、これ以外の兵舎や本部等の建物は榴岡公園整備のため昭和52年2月に取り壊された。

(説明板より)

026_convert_20120723233135.jpg 028_convert_20120723233320.jpg



より大きな地図で 歩兵第4連隊兵舎 を表示


史跡 | 13:13:12 | Comments(0)
仙台へドライブ(2)
次に向かったのは・・・「仙台市歴史民俗資料館」
この建物は、旧日本陸軍歩兵第4連隊の兵舎だった建物である。
前回仙台に来た時に時間がなくて訪れることができなかった場所である。
いやぁ~申し訳ないねぇ~拙者の我儘を聞いていただいて・・・
早速、館内を見学する。

023_convert_20120723152211.jpg

042_convert_20120723152429.jpg

約30分ほどかけて見学・・・時刻は午後3時半を過ぎた。

次は、ここから徒歩で「政岡廟」へ行こうということになる。
「政岡廟」って何だ?(笑)
相変わらず歴史に疎い・・・・
「政岡の墓を見に行きましょう」と“シミズくん”
「政岡?どこかで聞いたことがあるような・・・」(笑)
「三沢初子ですよ。ほら・・・」
「あ~!三沢初子ね!」・・・と言っても、よくは知らない・・・(大笑)
たしか、昔、東京の目黒を“ぶらり旅”していたときに、どこかの寺に三沢初子の銅像があって、それを写真に撮ったことを覚えているだけである。
何をした人かは・・・さっぱり・・・知らん!(笑)
誰の娘で、誰と結婚して、誰の母だとかという難しい話はどうも苦手なのである。
その点、“シミズくん”は大したものである。
そういうことをよく覚えている。
どういう脳味噌なのか不思議で仕方がない。(大笑)
あの銅像の人のお墓がこんなところにあるのかぁ~という“感動”だけで同行・・・・(大笑)

048_convert_20120723221926.jpg

廟所は門が閉まっていて、中には入れない。
道の反対側に「案内所」というのがあったが不在・・・・
連絡先に電話をしてみたら、管理者のお寺の方が門を開けに来てくれるという!
いやぁ~とんでもない手間をおかけしてしまった!(笑)

まもなくお寺のお坊さんがやってきて門を開けてくれた。
しかも、解説までしてくださった。
いやぁ~申し訳ございません・・・・
拙者には良くわからないが・・・(笑)
“シミズくん”は話の内容が良くわかるので、かなり会話が弾む・・・

051_convert_20120723222246.jpg(廟所)

052_convert_20120723222421.jpg(三澤氏初子之墓)

10分ほど、お話をうかがいながら墓所を見学し、お参りさせていただく。
感謝、感謝である。

時刻は午後4時・・・・

「仙台市歴史民俗博物館」近くの駐車場に車を停めていたので、そこまで戻る。
博物館で購入した『仙台の戦争遺跡』という冊子によると、この近くに『歩兵第4連隊跡』の碑があるらしいので、これを探しながら戻ることにした。
この碑は、是非写真に収めたい!(笑)
今度は拙者の希望で・・・ということになる。
うまいことにお互いの希望が交互・・・となるので、こういう旅は楽しい!(喜)

公園内に『連隊碑』を見つけ!(大喜)

057_convert_20120723223209.jpg

歩兵第4連隊は明治8年に編制された歴史の古い部隊である。
だいたい、西南戦争に参加したんだから・・・古い・・・(笑)
その後、日清・日露戦争、満州事変、日中戦争、そして大東亜戦争に参加する。
日米開戦時にはジャワ島の攻略に向かっている。
その後、一部はガダルカナル島でも戦っている。
あ~・・・以前、拙者が訪れた、あのガダルカナル島でも戦っていたのかと感無量・・・・
その後はビルマ方面で戦い、連隊本部はサイゴンで終戦を迎え、軍旗を現地で奉焼している。

さて・・・今度は“シミズくん”の番である・・・(笑)

「東照宮」!(笑)
へぇ~・・・仙台にも東照宮ってあったの?(笑)
知らないというのは怖ろしいものである・・・な~んにも知らない・・・(笑)
だから楽しい・・・とも言える。

065_convert_20120723225718.jpg

まもなく午後5時・・・・
昼食が早目だったので腹が空いて堪らん!(大笑)
ホテルにチェックイン前に、途中のファミレスで軽く食事・・・
(と言っても・・・ハンバーグ定食!)(笑)

今日の史跡巡りは、ここまで・・・・
ファミレスでおしゃべりして、ゆっくり休んでからホテルに向かう。

チェックイン後、夕食に・・・・
先ほど食事をしたばかりだが・・・夕食は別である。(大笑)
当初は「牛タン定食」でも食べたいものだと思っていたが、市街地まで行って食事をするのが面倒になった。
雨が降り出したのである。(笑)
そこで・・・“シミズくん”持参のアイパッドで近くのレストランを見つけて出かける。

レストランは・・・ハンバーグが主体のお店だった。(大笑)
先ほどハンバーグは食べたばかりである。
またもやハンバーグでは芸がない。
ということで・・・贅沢にもステーキにした。(大笑)

さんざん見て回り、贅沢な夕食を食べ・・・幸せである。
しかも車の運転は“シミズくん”だし・・・拙者は楽チン!(笑)
誘ってくれた“シミズくん”に感謝である。

旅行 | 12:17:05 | Comments(0)
懸造跡
005_convert_20120722220709.jpg

003_convert_20120722220818.jpg(説明板より)

懸造跡(かけづくりあと)

懸造(かけづくり)建物は、仙台城本丸東辺の艮櫓(うしとらやぐら)と巽櫓(たつみやぐら)の間に位置している。
現在の土居晩翠歌碑の南東付近と推定される。
崖に突き出した数奇屋風(すきやふう)書院造りの建物で、『仙台城及び江戸上屋敷主要建物姿絵図』でそのようすを知ることができる。
構造は京都の清水寺(きよみずでら)本道の舞台に類似している。
初代藩主伊達政宗の頃より記録にある建物で、眺望を活かして賓客(ひんきゃく)の接待に使われた。
安永4年(1775年)の記録によれば、長さ9間半(約19m)、横3間(約6m)の規模であった。
懸造は伊達家の建物に特徴的で、戦国時代に伊達氏の居城があった米沢城の庭園にも「御かけつくり」と称する建物があったと伝えられている。


より大きな地図で 懸造跡 を表示


史跡 | 11:04:51 | Comments(0)
仙台へドライブ(1)
東京から帰宅早々、水戸藩士の“シミズくん”から電話・・・
「仙台へ行きませんか?」のお誘いである。
しかも・・・1泊2日・・・
いやぁ~なんたることでしょう!(笑)
済州島から帰って直ぐに東京へ行き、今度は仙台に1泊2日?
しかも、明後日は、東京でガダルカナル島の遺族とお会いする予定になっているので、明後日の夜には東京へ行って前泊の予定。(笑)
殆どホテルを泊まり歩くようである。
なんと、忙しいことか・・・
・・・というか・・・自分で忙しくしているのか・・・(大笑)

立て続けになろうとも・・・拙者が“お誘い”を断るわけがない!(笑)
ホテルの予約は拙者がネットで頼むはずだったが、モデムが故障していてネットが使えないので、“シミズくん”の会社へ行き、打ち合わせを兼ねて、彼のパソコンで予約を完了。
彼の運転する車で行くので、駐車場が広いホテルを予約する。
仙台のどこを見て回るのかは“シミズくん”次第・・・
拙者は、“ついで”に行きたいところへ行ければ・・・という調子である。
相変わらず、拙者は主体性がない・・・(大笑)

朝早く、“シミズくん”が迎えにきてくれた・・・・
が・・・彼が忘れ物をしたので、一旦、彼の自宅に戻ることになる。
何を忘れたのかと思ったら・・・デジカメ!(笑)
「あのね・・・君!デジカメを忘れてどうするの?」(大笑)
お決まりの「史跡巡り」である。
デジカメを忘れちゃダメでしょぉ~

途中、サービスエリアで早めの昼食をとり、仙台へ・・・・

最初に向かったのは、「仙台市博物館」・・・・
拙者が一人で仙台を“ぶらり旅”したのは、平成21年11月・・・3年ほど前のことである。
この時は、残念ながら休館だったため見学できなかった。
今回、仙台に来たのは、この博物館で開催されている企画展を見るためだそうだ・・・
で・・・ついでに史跡めぐりもしよう・・・ということだそうだ・・・(良くわかっていない?)(笑)

img077_convert_20120722210550.jpg

企画展は・・・
『仙台藩の御家騒動 寛文事件を追いかけろ!』・・・である・・・が・・・
「寛文事件って何?」
「伊達騒動・・・」
「伊達騒動って・・・何?」
拙者には、さっぱりわからない・・・(大笑)

これを見ようと、やって来たが・・・
駐車場は満車!(涙)
駐車場が狭いんだよなぁ~
仙台という大都市の割には、博物館の駐車場に停められる台数が、これだけ・・・って何よ。
が・・・それにしても、大したものである。
駐車場が満車になるほど見に来る人がいるんだから・・・(笑)
わが町の博物館なんて土日でも誰も行かないんじゃないか?(大笑)

車が停められないんじゃ仕方がない・・・
空くのを待つのは時間の無駄である。(笑)
ということで・・・仙台城跡へ行く事にした。

昨年の3・11の地震のせいで、あっちもこっちも被害が出たらしい。
大掛かりな修復中で通行止め・・・
大きく迂回して、仙台城跡に向かう。

仙台城天主台跡に明治35年に建てられた「昭忠碑」は、地震の被害を受けて、かなり崩れてしまっていた。
塔の頂上には青銅製の大きな鵄(とび)が載っていたが、地面に落下して大破していた。(涙)

001_convert_20120722213400.jpg

宮城県護国神社を参拝し・・・英霊顕彰館を見学・・・
時刻は12時・・・
お昼は早めにとったのでコーヒーでも飲もうかと思ったら、売店のコーヒー販売所(?)に店員がいない!(怒)
怠けておるのかね?
お昼だよ?・・・お客さんが集まるお昼だよ?・・・売り上げを上げる気がないのかね?

コーヒーを飲むのを諦めて、「仙台市博物館」に戻る。
「伊達騒動」・・・・
“シミズくん”からご説明を頂くが・・・やっぱり・・・わからん!(大笑)
興味がないというのは怖ろしい・・・(笑)
何を見ても、何を聞いても、さっぱり・・・わかりません!(大笑)

見学後、博物館の喫茶で、ようやくコーヒーを飲み一服する。

旅行 | 10:26:28 | Comments(0)